お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属・プラチナのコラム記事一覧 大流行のきざし!?グリーンゴールドの魅力や人気の理由、特徴を紹介します

大流行のきざし!?グリーンゴールドの魅力や人気の理由、特徴を紹介します

1813_グリーンゴールド

金と言うと皆さんどんな色を思い浮かべますか?金色や黄色を想像する方が多いのではないでしょうか。金にはカラーゴールドと色んな色の金が存在します。皆それぞれ違った表情をしている金属です。今回はその中のグリーンゴールドとレッドゴールド、2つの特徴をご紹介します。爽やかなイメージで表情豊かな光沢を放つグリーンゴールド。数年前まではあまり知られていませんでしたが、このところは人気が急上昇中です。
今回の記事では、そんなグリーンゴールドならではの魅力や特徴についてお話ししたいと思います。日本ではピンクゴールドやホワイトゴールドの人気があり多く取り扱われていますが、グリーンゴールドはその落ち着いた色合いからジュエリーの本場ヨーロッパでは古くから使われています。本記事ではグリーンゴールドの基礎知識や特徴、魅力を見て行きましょう。

カラーゴールドとは?

「カラーゴールド」についての紹介です。金は混ぜる金属によって色味が違います。カラーゴールドは金と金以外の金属を混ぜた場合にできる合金です。またカラーゴールドの中にはホワイトゴールドをロジウムコーティングの様に金メッキした合金をカラーゴールドとしている場合もあります。

美しい!薄い緑色のグリーンゴールド

グリーンゴールドは爽やかさを感じる、薄い緑色の見た目が特徴です。見る人によっては少し青みがかって見えることもあります。とても清々しくナチュラルな印象を持っているカラーゴールドです。また光の強弱で変化する表情を楽しむことができます。ほかのカラーゴールドでも同様の変化はありますが、グリーンゴールドほどではありません。グリーンゴールドはその名の通り淡い緑色で、白にも近い明るい色調のカラーゴールドです。純金が本来もつオレンジの色調や綺羅びやかな印象がおさえられ、優しく清涼感のある印象をあたえてくれます。ジュエリー業界のあいだでは、英語の ”Green Gold” を略して”GG”と表記されることもあります。

まだ日本での知名度はあまり高くはありませんが、ゴールドジュエリーが盛んなヨーロッパでは、400年以上前から人々に愛されてきた伝統ある素材なんです。ナチュラルで中性的な印象の色調であることから、女性はもちろん男性にも支持されているカラーゴールドの一種です。また、植物をイメージさせる色合いから、草木の葉っぱやツルをモチーフにした金細工も多く見受けられます。

グリーンゴールドは金に銀を配合して作られています。その銀に赤みが抑えられ、グリーンゴールドは青みがかった色に見えるのです。配合の割合は金75%、銀25%ですが、配合の割合によってはさらに緑が強くでることもあります。グリーンゴールドは、ほかのカラーゴールドに比べるととても柔らかく傷がつきやすいため、取り扱う際は注意が必要です。しかしグリーンゴールドは長く使い続けるほど表情が変わり、経年変化を楽しめるでしょう。金とは思えない清涼感のある緑色は、アンティークジュエリーや懐中時計では植物を表現するために使用されました。

グリーンゴールドはどのように作られる?

ゴールドにシルバーを混ぜ合わせることによって、緑の輝きが生まれます。純粋な金はそのままだと柔らかすぎてアクセサリーには向かないので、割金(わりがね)と呼ばれる別の金属を混ぜることによって、硬さや色を整えるのが一般的。グリーンゴールドは、割金として主に銀を使うことによって、独特の青みを出しています。そのため「青割」や「青金」、それに「緑割」や「緑金」という別名もございます。わかりやすいように、K12のグリーンゴールドの指輪が目の前にあったとしましょう。すると、その指輪を構成する金属の内訳は…

金50%、銀50%となります。ただし、5%くらいは銅や亜鉛を混ぜている場合もあります。割金の配分、つまりゴールド以外にどのような金属を混ぜるかは、ブランドや工房によって様々。シルバーの他に銅を混ぜれば色味がイエローに近づきますし、プラチナやパラジウムなどの貴金属を入れると白っぽい輝きが増します。

「ミニコラム」赤く力強いレッドゴールド

レッドゴールドは一瞬では金だと判断がつかないほど珍しい色合いをしているカラーゴールドです。華やかな金とは違いその名の通り赤色が強くでているので、赤金と称されることもあります。なぜなら、レッドゴールドは金と銅を混ぜて作られているからです。金75%、銅25%の割合で配合されるため、赤い色が強調されています。情熱的な赤とレッドゴールドから出される風合いが、ほかのカラーゴールドとはまた違った雰囲気を放つのです。赤色が強調されているレッドゴールドは、その見た目からローズゴールドと言われることもあります。

女性から支持されているピンクゴールドと間違えやすいので、気をつけましょう。レッドゴールドはとても愛くるしく、温もりのあるカラーゴールドです。女性におすすめで、グリーンゴールド同様アンティークジュエリーなどにも適しています。

多種多様なカラーゴールド

金と銅、金と銀、金とパラジウムといった形で様々な金属と合金を組み合わせることで様々な色を出すことが可能となります。今回紹介したグリーンゴールドやレッドゴールドの他にも様々なカラーゴールドが存在するのです。本記事では紹介しきれませんが、それぞれのカラーゴールドにはそれぞれの魅力があります。基本的には、色味を元にその名がついているので、気になるカラーがあれば詳細を調べてみるのも良いでしょう。

まとめ

グリーンゴールドは銀と金との合金で、若草色のような爽やかな緑味を帯びたカラーゴールドです。今回はグリーンゴールドの基礎知識・特徴・魅力・どんな人にオススメなのかを解説しました。グリーンゴールドについて詳しく知ることで、身に着ける際は更に楽しくなることでしょう。奥深いカラーゴールドの世界、グリーンゴールド以外のカラーゴールドについても調べてみてはいかがでしょうか。代表的なカラーゴールドの一種であるグリーンゴールドとレッドゴールドは、ともに人を引きつける魅力的なカラーゴールドです。

またアンティークジュエリーとしても使用されることから価値のあるカラーゴールドだとわかります。女性への贈り物としてもおすすめで、きっと喜ばれるでしょう。金も素敵ですが、時には気分を変えて違ったカラーを身に付けて楽しむのもおすすめです。男女ともにお勧めできる魅力的な貴金属です。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ