フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属・プラチナのコラム記事一覧 ダイヤモンドと金どちらが資産価値があるのか?

ダイヤモンドと金どちらが資産価値があるのか?

ダイヤモンドと金、どちらも甲乙つけがたい高価な貴金属ですが、実際のところ資産価値で考えるとどちらのほうが価値があるのだろうか?ダイヤモンドの場合には、売値と買値はだいぶ変わってきます。何百万円ものダイヤモンドの指輪をプレゼントされて、質屋に持っていったら、半額以下に叩かれたという話はいくらでもあります。というのも日本にはダイヤモンドの換金市場もなく、価格には流通コストを上乗せしているのが一般的だからです。従って、本来の価格よりも買うときのほうが高価な値段がついてしまうのです。世界でも希少価値のあるダイヤモンドとなれば話は別ですが、一般庶民の手に入る程度のものには期待しない方がいいと言えます。逆に金の場合には、市場の動きによって価値が日々変化します。言ってみれば株と同じで、相場によって大儲けが可能です。金は元々通貨として用いられていたため、換金性がよく、世界市場で公正な価格が形成されるのが特徴です。また、金はいつの時代においても、世界に通用する安定した価値を持つ唯一の実物資産と言われています。資産価値からいえば、金のほうに軍配があがることは間違いないでしょう。ちなみに、株と同じように大損の可能性もあるので要注意です!

「資産防衛」としてのダイヤモンドとは?

今、婚約指輪や装飾品としてのダイヤモンドの販売が世界的に低迷しているそうです。1981年から1996年の間に生まれたミレニアル世代と呼ばれる人達は、固定概念を取り払い、新たなビジネスモデルを展開していくユニークな世代と言われますが、車もオフィスも持たず、着る服やバッグも流行にとらわれない自由なスタイルを好む傾向にあります。そのため、ミレニアル世代が積極的に婚約指輪にお金をかけて天然のダイヤモンドを購入しようとしない、また、安価な人工合成ダイヤモンドを使い天然のダイヤモンドにひけを取らない美しい装飾品が登場しているなかで、わざわざ、高額な天然ダイヤモンドを購入する必要はない、と考えるのは理解できる話です。一方で、今、日本においても、そして諸外国においても、「資産防衛としてのダイヤモンド」が、根強い需要の中で、大きな売上を上げているのをご存じでしょうか?一方、装飾品としてのダイヤモンドは、安定した世の中で、美しく着飾るために所有するダイヤモンドのことを指します。また、「資産防衛としてのダイヤモンド」と「装飾品としてのダイヤモンド」には、他にも大きな違いがあります。非常に単純な話でありますが、価格と種類が異なるのです。「装飾品としてのダイヤモンド」は、見た目が綺麗であれば問題ありません。実際には数多くのブランドショップや百貨店が、「装飾品としてのダイヤモンド」を販売しています。デザイン作成料や加工費が上乗せされ、かつ大きな利幅を乗せているので、価格は当然高額になります。一方「資産防衛としてのダイヤモンド」は、装飾品として成り立たせるための費用が発生せず、かつ適正な価格で入手することができるため、安定資産となる可能性が高いものです。安定資産は購入した後、換金できるものでなくてはなりません。購入価格が換金価格の何倍も高ければ資産としての価値が低いということになります。「装飾品としてのダイヤモンド」を換金した時の問題点は、その資産性の低さにあります。デザイン作成料や加工費の上乗せ分は評価されず、買った価格の5分の1とか、10分の1とかになってしまったのでは、資産防衛という観点からは使い物になりません。やはり購入した金額に対して、換金した時にそこそこの価値が残らない限り、資産性があるとは言えません。あまり知られていないかもしれませんが、ダイヤモンドには金と同じように相場があります。1967年にユダヤ人のラパポート氏がニューヨークで、ダイヤモンドをその品質ごとにカテゴリー分け、定期的に業者間取引価格を公表するようになり、今や、世界のダイヤモンド取引業者は、この「ラパポート・ダイヤモンド・レポート」が毎週発表する価格を元にダイヤモンドの取引を行っています。

金とダイヤモンドの産地の違い

金は第11族元素に属する金属元素です。科学的に非常に安定した金属で、耐蝕性にすぐれており酸やアルカリにも強いため、ほぼ永久的にその輝きを保つことができます。金の鉱山は世界各地に点在していますが、かつての世界一の金産出国であった南アフリカの金産出量は年々減少し、2007年以降は中国にその座を譲りました。増産を続け、年間450tほど産出していた中国も、環境規制強化などの影響により昨今は減少傾向にあるようです。ダイヤモンドは元素鉱物に分類される炭素の同素体のひとつで、天然で最も硬い物質と言われています。分類上、ダイヤモンドはマントル起源の「火成岩」です。主にロシア・ボツワナ・コンゴなどの「安定陸塊」と呼ばれる地域から産出されています。ダイヤモンド生産量上位6か国で世界総生産量の80%以上を占めていることからも、狭い範囲に集中して埋蔵されていることは明らかです。

買取価格の違い

店頭に並んでいるダイヤモンドの価格は、どのようにして決められているのでしょうか?金やプラチナの価格は毎日変動がありますよね。これは需要と供給の関係や、為替相場の影響を受けるからです。しかし、毎日の価格がきちんと表示されているので、一般の誰もがその価格を知ることができます。ところが、ダイヤモンドをはじめとする宝石は、価格の相場がわかりにくいのです。金のように重さだけで評価できないからです。宝石は同じ重さでも、透明度やカラー、カットなどいくつもの要素が絡んできます。そのため、価格は石によって異なります。ただ、あまり知られていませんが、実はダイヤモンドには価格の指標となる数値が存在します。この指標を決めているのが、ダイヤモンドの販売で有名なデビアス社です。デビアス社が毎月発行している「ラパポート・ダイヤモンド・レポート(RAPAPORT DIAMOND REPORT)」には、ダイヤモンドのグレードに応じた価格を一覧表にして発表しています。この指標が現在、市場に出ているダイヤモンドの価格の基準になっています。デビアス社は1888年に南アフリカで創設した宝石会社ですが、その後、アメリカに拠点を移しました。以来ずっと世界各地へのダイヤモンドの供給を支配してきました。今でこそデビアス社を通さずに売買されるダイヤモンドもありますが、多くはデビアス社を通して世界中に流通しています。それはダイヤの需要に応じて生産量を調整する目的があるからです。供給過剰になると価格の低下を招いてしまいます。それを避けるためにデビアス社がコントロールをしてきたのです。金は、価格の変動が激しい市場の1つです。端的に言ってしまえば「金を買いたい」という人が多ければ価格が上昇し、「金を売りたい」という人が多いと価格は下がります。金の取引市場は世界中に及ぶもの。ゆえに、金相場について知るためには世界の経済について目を向ける必要があります。世界の各地に金の取引市場はありますが、中でも金の相場決定に大きく影響するのがロンドン市場とニューヨーク市場です。特にロンドン市場における金相場の価格は、その影響力の大きさから日本を含め世界中で行われる金取引の指標となります。

まとめ

今回は、金とダイヤモンドの違いをご紹介させていただきました。
産地の違いや買取価格の違いなど様々な違いがあるのでとても面白いですよ。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目