お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

クンツァイトとは?価値はあるの?

1755_クンツァイト 価値

クンツァイトは、『スポデューメン』(鉱物名)の一種とされ、特にピンク色のものをいいます。スポデューメンの語源は、ギリシャ語で『燃えて灰になる』という意味に由来します。これは、この鉱物は加熱すると著しく熱発光するため、そのように呼ばれているのです。クンツァイトの清楚なライラックピンク。『無限の愛・純粋さ』を象徴するとされるクンツァイトは、慈愛にあふれた気品と風格を漂わせています。今回はそんなクンツァイトについてご紹介していきます。

クンツァイトとのそもそもの名前の由来

クンツァイトは、1902年にアメリカのカリフォルニア州で発見されました。この宝石を最初に鑑別し、シリア輝石の特徴的な変種であることを突き止めたのが、鉱物学者でティファニーの主席鑑定士でもある、ジョージ フレデリック クンツ(George Frederick Kunz)です。この功績をたたえ、発見翌年の1903年に、当時ノースカロライナ大学の化学教授であったチャールズ バスカヴィル(Charles Baskerville)が、クンツの名前を由来として“クンツァイト”と命名しました。

別名“カリフォルニア アイリス”と呼ばれることもありますが、これは、アイリス(和名・アヤメ)の花の色合いに似ていることから、発見地を冠して呼ばれるようになった名称です。

クンツァイトの浄化・お手入れ

硬度は6.5~7.5と高めですが、一方向に割れるへき開性のため、縦に割れやすい性質をもっています。そのため、衝撃に弱く、宝石加工や洗浄には注意が必要です。衝撃に弱いので、強い力を与えないでください。宝石としての価値が高いため、流水による浄化は避けたほうが良いでしょう。月光や水晶クラスターで浄化してください。

クンツァイトの精神的意味

クンツァイトの淡いパステル調は、心を落ち着かせる能力を体現し、その無邪気さと純粋さを象徴しています。その女性的な魅力と外観は、若い母親と子供への親和性を明らかにしています。この宝石は、新しい母親が正しいことをしていることを安心させ、活発な子供たちを落ち着かせます。

その和らぐ強さは、人々の間の信頼を回復し、問題のある関係を再接続できます。同情、許し、思いやりを促し、リラックスして満足の生活を可能にすることができます。クンツァイトはまた非常に心強い宝石なので、鬱病、双極性障害、自信、摂食障害はクンツァイトにより治療することができます。

クンツァイトとチャクラ

チャクラは、気またはプラナとも呼ばれる体内のエネルギーの中心です。体全体に7つのチャクラがあり、それぞれが特定の身体的、感情的、または精神的な状態に影響を与えます。

クンツァイトは、さまざまなリシア輝石、ケイ酸塩鉱物であり、ペグマタイトの岩層に形成されます。これは、地殻の下から地表に向かって溶けた岩やマグマが発生した結果です。このマグマが冷えると、マグマが重なり合う部分や異なる時間で冷える場所で、気泡、亀裂、亀裂が形成され始めます。泡の中のガスは逃げて、ペグマタイト岩に見られる他の割れ目だけでなく、液体が染み込む隙間を残します。

数百万年以上にわたって液体は乾燥し、シリコン結晶が残り、それが成長してこれらの隙間を埋めます。元の液体には、クンツァイトなどのさまざまな宝石の作成に役立つ鉱物不純物が含まれていました。クンツァイトの場合、基本的なシリカ材料はリチウム、ナトリウム、アルミニウムと混合して結晶とマンガンを作り、宝石にピンクからライラック色を与えています。

癒し効果あり?

クンツァイトは、スポジュメン(スポデューメン)という鉱物の一種です。ピンク色のものをクンツァイト、緑色~黄緑色の石をヒデナイト、黄色の石をトリフェーンと、カラーによってそれぞれ異なる宝石名を持っています。クンツァイトにはその石言葉からもわかるように、癒しを基盤とした慈悲深い愛情をもたらしてくれる効果があります。純粋なエネルギーを持っていて、ハートチャクラ(第四の心のチャクラ)に良い影響を与えて整えます。

具体的には、まずは自分を信じて愛する手助けをしてくれて、なおかつその状態で、他人を愛して人のために何かできるようになれるよう導いてくれます。まずは自分自身を幸福な状態にしてくれるという効果が、さまざまなストレスを抱えて自分自身を肯定できなくなるような壁に苦しむ現代人に寄り添ってくれます。

心理学的に愛とは、利己的な愛と利他的な愛を経験したのちに相互愛へ発展することで幸福に実現されると言われています。クンツァイトはまさにこうした愛を実現するために必要な土台を築いてくれる力を持つ天然石です。人間関係に疲れたり傷ついたりした時にきっと力になってくれます。またその効果から、老若男女問わずお守りのパワーストーンとしての贈り物にしても相応しいの天然石なのではないでしょうか。

今回スポットを当てるのはピンクや紫がかった美しいカラーが人気のクンツァイトです。実はあまり知られていないこちらの天然石、今後もっと知られることになるかもしれません。その宝石としての価値を紹介してまいります。クンツァイトは特に太陽光などに含まれる紫外線に弱く、紫外線を長時間当ててしまうと褪色してしまいます。ですので太陽光での浄化は行わず、普段の生活の中でも紫外線に注意しましょう。先述した特質の「燐光性」を試してみようとすると影響があるのでこれも気をつけましょう。

また、クンツァイトは完全な劈開性を持つ天然石としても有名で、縦に割れやすい性質があります。大きな衝撃を与えないように注意しつつ、加工の際にも丁寧に取り扱うことをおすすめします。最も美しく輝くカットをテーブル面にほどこすと先述しましたが、このデリケートな性質から、研磨作業中にわずかな衝撃で割れたり欠けたりすることもあり、「カッター(研磨職人)泣かせの宝石」とも言われています。

クンツァイトに推奨される浄化方法は月光浴、セージ、水晶です。自分自身を肯定できて、人に愛情を捧げることができたと実感した時にはお礼の意味も込めて浄化してあげましょう。パワーチャージがされたら、昨日よりもっと前向きで愛にあふれた日々になる手助けをしてくれます。

クンツァイトの主な産地

クンツァイトの主要産地はアフガニスタンとアフリカのナイジェリアです。アフガニスタン産は透明度が非常に高く、それでいて鮮やかな紫ピンクのカラーがしっかりと発光してきらきらと輝きます。この透明感の高い結晶は昔から宝石としてとても人気があり、この美しさに魅せられた芸術家パブロ・ピカソもこの宝石をあしらった作品を創り出しています。

ナイジェリア産のものは、いわゆるミルキークンツァイトと呼ばれるもので、その名の通り、パープルピンクにホワイトカラーを混ぜ合わせたような優しいミルキーな色合いです。透明感はあまりなく、そのぶん優しげなラベンダーピンクカラーが濃いめにきらめきます。中にはキャッツアイ効果が見られるものもあり、愛好家にはたまらない魅力ですね。

カラーの濃淡と輝きの種類、それぞれ異なる素晴らしいチャームポイントがあるので、お好みに合わせてそばに置いてみるのも楽しいです。どちらのバリエーションも持っているという方もよく聞きます。また、比較的大型の結晶が見つかるため、世界の博物館には何百カラットもあるものが展示されたりもしています。ちなみに、これまで発見された結晶の中で最も大きかったもので、約14mのものもありました。

クンツァイトの価値

人気上昇中の清楚なライラックピンクのクンツァイトは1902年にカリフォルニア州で発見された比較的新しい宝石です。カラーバリエーションは薄ピンク~赤紫色、多色性が強く角度を変えると薄いピンク色と濃いピンク色の2色を示し、劈開性が高く、カットや研磨が非常に難しいと言われている事から美しくカットされたものは価値が高いものの、大きな石が多く見られるため、10ct以上であればお値段の反映ができますが、以下の場合は少し控えめとなります。

大きければ価値がある、という事ではありません。色と明るさの品質がよく、更にサイズが大きいと価値が高くなります。高品質で大粒20カラット以上になると、1粒10万円以上で取引されることもあります。クンツァイトはピンク色が優雅な印象を与える美しい宝石ですが、リシア輝石の3つの宝石の中では一番産出量の多い石でもあるため、放射線放射により緑色に変えて販売されることがあります。

この場合、より価値の高い希少石である、ヒデナイトとして流通することが多いのですが、放射線放射を行っても、ピンクの発色要因であるマンガンイオンが、クロムイオンに置き換わることはありません。リシア輝石が緑色になる要因としては、鉄分が関わる場合などもありますが、“ヒデナイトはクロムイオンが発色要因である”とする説が主流なため、クロムイオン以外の要因で緑色を発色しているリシア輝石は、ヒデナイトと認められない場合があります。価格的価値を優先する場合には、発色要因がクロムイオンによるものかどうかを確かめてから購入されることを、おすすめします。

当時の宝石商たちは、どんなに美しくても、胃の病気の薬のような発音をする宝石の指輪を誰も買おうとは思わないと考えました。ピンクの宝石は、ティファニーのジョージクンツの宝石学者であり副大統領にちなんでクンツァイトと呼ばれ、緑色の宝石は鉱物学者のウィルヒドゥンにちなんでヒデナイトと呼ばれました。クンツァイトは淡いピンクから紫色の鉱物のスポジュメンです。色はほとんどの場合非常に繊細であるが、より鮮やかで活気のある宝石も見つけることができます。すべての色の宝石と同じように、実際に価格を決定するのは色であり、より濃い色調のほうがより高い価格で評価されています。

クンツァイトの場合、活き活きとしたピンクと紫の色合いを引き起こすのは、結晶の形に微量のマンガン鉱物が存在することです。日光に長時間さらされると色が薄くなると言われているため、クンツァイトは夜間のみ着用してください。

クンツァイト(またはスポジュメン)に対する日光の影響について多くの逸話と報告があり、これが特別で珍しい宝石であることを証明しました。地面から発掘された後、粗い素材は緑色になることがあり、日中の太陽の下で放置さると、クンツァイトは夜にピンクに輝くことがあります。処理されたクンツァイトだけが色あせると言う人もいるが、一方、クンツァイトは時間が経つにつれて色あせることができると言う人もいます。

クンツァイトの宝石を手で回すと、ピンクから紫、または濃いピンクから無色までいくつかのサンプルでこの変色の現象が表示されます。この異常な現象は多色性と呼ばれ、少数の宝石でのみ発生します。

黄色のクンツァイトと青色のクンツァイトは、クンツァイトの名前をより人気にするために、色付きスポジュメンに使用される名前です。クンツァイトはピンクまたは紫のみであることを忘れないでください。いくつかの青い標本はあるが、どのような処理が行われたのかはわかりません。色は非常に不安定であるように見えます。多くの場合、この色は非常に急速に薄茶色または無色に色があせて落ちる可能性があります。

クンツァイトの品種

クンツァイトは、ピンク色のリチウムアルミニウムケイ酸塩である鉱物スポジュメンの商品名です(この色は、結晶構造にマンガンが存在するためである)

スポジュメンは一般的な材料であり、主にリチウム含有量で採掘されてバッテリーを作ります。緑の宝石品質のスポジュメンはヒデナイトと呼ばれ、無色または淡黄色のスポジュメンはトリファンと呼ばれ、ピンク色のスポジュメンはクンツァイトと呼ばれます。

宝石商は、よく知られているクンツァイトの名前を使用して売り上げを増やし、淡い黄色のスポジュメンは黄色いクンツァイトと呼ぶことがあります。また、宝石商は、アクアブルーのスポジュメンをブルークンツァイトとして販売しています。ブルークンツァイトは非常に不安定で、色がすぐに消えることが報告されているため、慎重に扱う必要があります。

最後に

今回は、クンツァイトについてご紹介しました。今回の記事でクンツァイトに少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

宝石・ジュエリーに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ