フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム 宝石・ジュエリー 1月~12月までの誕生石が持つ石言葉や意味とは?

1月~12月までの誕生石が持つ石言葉や意味とは?

誕生石とは、1月から12月までの各月に割り振られた宝石のこと。それぞれに意味があり、身に着けると幸運をもたらすと言われています。ジュエリーや時計、文具など、誕生石をあしらったアイテムが続々登場中です。ここでは各月の誕生石の由来や種類、その意味を解説します。

誕生石のきほんのき

生まれ月ごとに決められた誕生石は、それぞれが意味を持ち、身に着けると幸運が訪れると言われています。まずは、誕生石の起源や歴史、石言葉について見ていきましょう。

誕生石の起源と歴史

誕生石の由来は諸説ありますが、約3,500年前の旧約聖書に登場する、ユダヤの高僧が身に着けていた12種類の宝石がルーツだと伝えられています。その後、約1,300年前のヨーロッパにて、12種類の石を月ごとに身に着けることが流行しました。これがいつしか「生まれ月の石を身に着けることで、幸せが訪れる」という文化に変化していったのです。現在、日本で一般的となっている誕生石の種類は、アメリカの宝石業界が1912年に取り決めたものをアレンジし、全国宝石商組合が1958年に定めたものです。

誕生石には石言葉がある

有名なものに花言葉がありますが、花それぞれが意味を持っているように、宝石もそれぞれ意味や祈りを込められた言葉を持っています。石言葉は願い事や、叶えたい夢のヒントをもたらしてくれるかもしれません。自分用のジュエリーを購入する時はもちろん、友人や大切な人に誕生石のアイテムをプレゼントしたい時は、石言葉を参考にするのも良いのではないでしょうか。

誕生石

それぞれの生まれ月の宝石には意味があり、これを身に着けていると幸せが訪れると信じられています。誕生石の由来は必ずしも明らかではありませんが、旧約聖書の「エジプト記」に出てくるイスラエルの祭司長の胸当てにはめ込まれた12種類の宝石、そして「ヨハネの黙示録」中に理想郷として描かれた聖都の12 の城門の土台を飾る宝石に由来するもので、これらはイスラエルの12の部族あるいは12の使徒の象徴とされています。

これらが現在の誕生石の基礎となったわけですが、その後、誕生石の種類は地域性や時代により他の宝石種に変わり、1912年にアメリカの宝石業界により定められた種類が、今日、日本でも広く知られており、一般に用いられています。

日本の誕生石

日本の誕生石が発表されたのは1958年です。アメリカのものを基準にしていますが、国内の事情を反映させて、若干の修正が加えられています。例えば、3月には桃の節句があることから桃色が美しいサンゴが追加されました。新緑が美しい5月には、古来から日本人に好まれている緑色のヒスイ(翡翠)が加わっています。日本の誕生石と、その象徴するものと意味づけを一覧表にまとめました。

 

1月:ガーネット(真実・友愛・忠実)

2月:アメシスト、クリソベリルキャッツアイ(誠実・心の平和)

3月:アクアマリン、サンゴ(沈着・勇敢・聡明)

4月:ダイヤモンド(清純無垢)

5月:エメラルド、ジェイダイト(幸運・幸福)

6月:真珠(健康・富・長寿)

7月:ルビー(熱情・仁愛・威厳)

8月:ぺリドット、サードオニックス、スピネル(夫婦の幸福・和合)

9月:サファイア(慈愛・誠実・徳望)

10月:オパール、トルマリン(歓喜・安楽・忍耐)

11月:トパーズ、シトリン(友情・希望・潔白)

12月:トルコ石、ラピスラズリ、タンザナイト、ジルコン(成功)

複数の誕生石の選定

誕生石に関する質問で最も多いのが、複数の宝石が定められている月の場合、どれが正しいのかという質問です。3月、5月、6月、8月、10月、11月、そして、12月で、複数の宝石が誕生石に選定されており、多くの方が疑問を感じていると思います。先に説明しましたが、誕生石の選定は宝石商が決めたものです。月が合っていれば、どの宝石でも構いません。全種類を揃えてもよいし、好きなものだけにしてもよいでしょう。個人の自由です。

誕生石を使用したジュエリーを調べてみると、選定が業者の都合であることがよく分かります。参考までに、2つの宝飾メーカーの選定を下表に掲載しました。ブラッドストーンとサードニクスは比較的安価な宝石です。よって、外されたのでしょう。日本固有のサンゴとヒスイが使用されていないのは残念です。欧米に対するコンプレックスでしょうか。11月と12月では、全く異なる宝石が誕生石に選定されています。大手メーカーの場合、大量に裸石を確保することが必要です。競争を避けているのかもしれません。

海外の誕生石

誕生石は国によって異なっています。各国の誕生石(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、フランス、日本)を下の表にまとめました。比較しながら、ご覧ください。誕生石の選定は、1912年8月にアメリカのカンサス・シティーで開催された米国宝石組合大会で決められました。12月の誕生石にタンザナイトが選ばれたのは最近です。各国の選定はアメリカのものを基準にしており、1月と2月は各国共通ですが、その他の月は異なっています。

水晶の愛好家が多いイギリスでは、4月にロック・クリスタル(無色透明の水晶)が、5月にクリソプレーズ(アップルグリーンの石英の塊)が、そして、7月にカーネリアン(オレンジ色の石英の塊)が追加されています。ラピスラズリは9月の誕生石となっています。オーストラリアは南半球にあるので、季節がアメリカとは逆になります。新緑の緑を意味するエメラルドは11月の誕生石になるはずです。しかし、北半球の国々と同じ5月になっています。オーストラリアはかつて英国領でした。そのためか、イギリスに似ています。

カナダの公用語は英語とフランス語です。法律で対等に使用するように決められています(例えば、カナダ国内の交通標識は両方で書かれています)。しかし、誕生石の選定は隣国のアメリカに似ています。フランスはかなりアメリカの基準と異なっています。アメリカに対抗する姿勢がここにも現れています。3月と9月、そして、10月は色彩すら他国と異なっています。真珠(パール)はフランスの国の宝石ですが、6月の誕生石に指定されていません。

日本の誕生石は1958年に発表されました。アメリカのものを基準にしてサンゴとヒスイ(翡翠)を追加したものが原型となっています。サンゴとヒスイは日本独自です

起源と歴史

誕生石を身につける習慣が初めて広まったのは18世紀のポーランドです。移住してきたユダヤ人の宝石商が仕掛け人と言われており、これが商用の誕生石の起源だと考えられています。しかし、12種類の宝石を選定して特別に取り扱う風習は、もっと古くから存在していました。

最大のベストセラーである聖書(旧約聖書と新約聖書)には、石に関する記述が200カ所以上も登場します。そのうち、誕生石の起源と考えられているものが2つ存在します。旧約聖書の出エジプト記28,15-30で、ユダヤ教の高僧が着用した胸飾りが紹介されています。胸飾りには、12種類の宝石が3個ずつの4段の列をなして、縫いつけられているそうです。新約聖書のヨハネの黙示録21,18-21で、聖都エルサレムの城壁の様子が紹介されています。城壁には12の門があり、それぞれ異なる12種類の宝石で飾られていました。これらの12種類の宝石が誕生石の基となったという説が一般的です。

更に歴史をさかのぼってみましょう。紀元前6世紀頃、メソポタミア地方では、バベルの塔で有名なバビロニア帝国が栄えていました。バビロニア人は数学や天文学に長けていました。12星座を選び、占星術の基礎を築きました。そして、宝石と12星座を関連づけたと言われています。初めは多数の宝石が選定されていましたが、次第に数が絞られて行き、月に数個程度になったそうです。誕生石の起源はバビロニア帝国にあると言えるかもしれません。実際、1世紀のユダヤの歴史学者ヨセフスは、著書の中で、ユダヤ教の高僧の胸飾りで使用した12種の宝石は12星座と関係があると説明しています。

占星術でも星座の宝石というものが選定されています。下の表に掲載しました。みずがめ座、うお座、おひつじ座、そして、いて座の宝石は、誕生石と部分的に期間が重なっています。アメリカの宝石組合は、星座の宝石を参考にして、誕生石を選定したのかもしれません。ダイヤモンドは星座の宝石に含まれていませんが、誕生石には含まれています。アメリカの宝石組合が4月の誕生石にダイヤモンドを選んだのは、ダイヤモンドを普及させるためだと言われています。

お気に入りだからこそ大切に!パワーストーンの浄化方法まとめ

毎日身に着けているパワーストーンブレスレットは、マイナスエネルギーを吸収してくれたり、エネルギーを与えてくれたりして、パワーがダウンすることがあるといわれています。パワーストーンにも休憩させてあげないと、力を発揮してくれません。そこで行っていただきたいのが浄化です。では、さっそく浄化方法を紹介しましょう。

 

■水晶クラスター/さざれ

クラスターは浄化の方法としては非常にすぐれているといわれています。クラスターが手に入らない場合や、場所をとらなくてお手軽に浄化したいという方には、さざれをおすすめします。水晶は、強力な浄化力を持っているので、浄化したいパワーストーンをクラスターやさざれの上に乗せておくだけでいいのです。

 

■流水

パワーストーンを流水でよく流し、クリーンな状態にしましょう。水道水でもいいですが、できれば天然水の方が、エネルギーが高いので効果的です。
浄化が終われば、水分をしっかり丁寧に拭き取ってください。

 

【水に弱く流水浄化に向かないパワーストーン】
アズライト、アンバー、インカローズ、カルサイト、クリソコラ、
スギライト、ターコイズ、パイライト、ヘマタイト、ラピスラズリ…etc.

※ロンデルなどの金属パーツの入ったパワーストーンブレスレットは、流水浄化によってロンデル部分が錆びてしまうおそれがありますので流水浄化以外をおすすめします。

 

■太陽光
太陽の光を直接あて、太陽の気を吸収させ浄化する方法です。午前中の太陽光が効果的だといわれています。ですが、パワーストーンを長時間強い光にあてると変色をしてしまう恐れがあるので、長時間置いたままにせず、短時間で浄化を行いましょう。

 

【紫外線に弱く太陽光浄化に向かないパワーストーン】
アクアマリン、アメジスト、アンバー、インカローズ、エメラルド、
トルマリン、翡翠、ラリマー、ルビー、ローズクォーツ…etc.

 

■月光浴
満月の日に浄化するのがおすすめです。満月の光は非常に強力なエネルギーを出しているので効果的です。

 

■セージ
ネイティブアメリカンが神聖な儀式の際の浄化に使用してきたとされるセージ。邪気払いや、マイナスエネルギーを取り払うのに非常にすぐれています。乾燥したセージの葉に火をつけ、煙でパワーストーンをいぶす方法です。パワーストーン全体に煙がかぶるようにするのがポイントです。

 

■塩
塩の上に石を乗せる方法です。天然塩がおすすめですが、粗塩でも構いません。塩浄化が終われば流水で洗い流し、水分をしっかり丁寧にふき取ってください。

※塩分に触れると変色や、クラックの原因になるパワーストーンがあるので注意が必要です。

 

【塩浄化に向かないパワーストーン】
アズライト、アンバー、カルサイト、クリソコラ、スギライト、
ターコイズ、チャロアイト、パイライト、ヘマタイト、ラピスラズリ…etc.

浄化方法に悩んだときは

このほかにも、音による浄化方法、土に埋める浄化方法、フラワーエッセンスによる浄化方法などもあります。パワーストーンの種類によって浄化方法に向き、不向きがあります。「どの方法がいいかわからない」、「浄化して変色などしたらどうしよう」と心配な方には水晶クラスターまたは、さざれの方法をおすすめします。

お気に入りの誕生石ジュエリーを見つけてお守りにするのも良いでしょう。心に秘めた願い事や叶えたいことを誕生石のパワーに託してみるのも良いかもしれません。肌身離さず身に着けたい時は、おしゃれアイテムでもある誕生石ジュエリーがぴったり。ぜひ、お気に入りの誕生石ジュエリーを見つけてお守りのように身に着けてみてくださいね。

宝石・ジュエリーに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目