お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

ダイヤモンドジュエリー売却のコツ

1572_ダイヤ アクセサリー

多くの人を魅了してやまない宝石の代表「ダイヤモンド」。石言葉は「純潔・清浄無垢・純愛・永遠の絆」。その美しさ・希少性から婚約などの人生の大きな節目等に男性から女性へ送られる宝石としてもしられております。また、ティファニーやカルティエ、ハリーウィンストンといった高級ブランドもダイヤモンドを使用したハイエンドジュエリーを取り扱っており、世の女性を常に魅了し続けています。
リング・ネックレス・ブレスレット・ピアス・イヤリング多種多様な形で、ダイヤモンドも輝きを放ち続けております。カラーストーンとは違い、癖がなくカジュアルにもフォーマルにも普段使いの宝石としても使いやすいという一面もあります。そんな親しみの深いダイヤモンドだからこそ、使わなくなったダイヤジュエリーを手放して、新たな製品の購入資金にしようと思う方も多いと思います。それでは、売却に失敗しない為のコツをご紹介します。

買取査定をするお店の選考基準

ダイヤモンドのご売却時に、まずは一番念頭に置くことは「有利な条件で買取査定を行なってくれる店」ということになるでしょう。買取店を選ぶ際に重要視すべき点は下記の通りになります。

 

・ダイヤモンドの4Cグレードを正確に判断できる。

・メレダイヤの価値も考慮してくれる。

・デザイン性の評価も含め査定してくれる。

・ブランドジュエリーの査定が得意。

・利便性の高い買取店。

 

それでは、なぜ上記内容が重要なのかを説明していきます。

 

【鑑定士の質は重要】

まず第一に、ダイヤモンドの価値を正確に見出すことが出来る、鑑定士が在籍していることが非常に重要です。ダイヤモンドには4つの評価項目があり、その項目を総合し価値が決まります。内容は、カラット(重さ)、カラー(色味)、カット(プロポーション)、クラリティ(内包物)の4点です。昨今では大型リユースショップでもダイヤモンドの買取を行っている所もございますが、こういったお店には鑑定士が在籍していない場合もございますので、注意が必要です。鑑定士が在籍しているお店では、価値を正確に見出すのはもちろん、知識も豊富で、再販ルートも豊富ですので、高価買取が期待出来ます。

 

【メレダイヤの価値】

ジュエリーの中には、細やかな煌びやかさを演出するために、粒の小さなダイヤを複数セッティングした製品もございます。しかし、メレダイヤには基本的に鑑定書は付属しておらず、正確な価値を導き出すことが難しいことから、査定価格に含まれないことも往々にして存在します。メレダイヤの価値をしっかりと査定するかしないかで、数千~数万円程度の差額が生まれる可能性がございます。

 

【デザイン性&ブランドの評価】

アクセサリーを再販するうえで、デザインやブランドバリューはとても大きなポイントになります。デザインが良く、且つブランドアクセサリーであれば、より高価で売れる可能性は高いからです。石の価値+地金の価値のみが評価されるお店であれば、こうした価値は考慮されません。こういったところでも買取価格に差が出てしまいますので、注意しましょう。

 

【利便性の良い店】

大切なお品物の査定ですから、ストレスなくスムーズに査定できるのがベストです。近くに、よく利用する買取店があれば気軽に相談してみましょう。またLINE査定などを実施してる店舗などに問い合わせてみるのも有効かもしれません。

査定提示額の詳細について

ダイヤジュエリーの査定を依頼する際に、もうひとつ注意するべき点があります。それは、査定額の提示の仕方です。お店によっては、「ダイヤモンドアクセサリー一式」というような、一見ではアクセサリ―の価値について曖昧になってしまいます。ダイヤのアクセサリーを、部位別に「ダイヤ×円」「プラチナ〇円」というように詳細を分けて提示するような買取店だと、その製品の価値が適正なものであるか判断しやすくなるでしょう。

買取価格が下がるケース

査定を依頼したときに、意外と査定額が低いと思った時はありませんか?そんな時は、次の項目に当てはまる場合は注意が必要です。

 

・名前やイニシャルなど、別途刻印が彫られている。

・ダイヤが外れている、欠けている

・デザインが古いもの

 

上記の中で最も注意が必要なのは、名前などの刻印が彫られているということです。特にアクセサリーは記念日などに送られることが多い為、想いを込めてイニシャルなどを刻印するわけですが、アクセサリーを再販するというてんで考えると、このような刻印は大きなマイナスポイントとなってしまうのです。また、ダイヤが外れていたり、欠けていたり、デザインが古かったりするとそのままの状態での再販が非常に難しくなってしまいます。そうなると一度貴金属部分を溶かし、再度新たなアクセサリーへと制作される可能性が高くなってしまう為、石と地金分の価値のみで査定されてしまうケースが多くなるからです。

まとめ

ここまで、ダイヤモンドジュエリー売却のコツをご紹介してきました。この中で、一番重要となるのが、やはり査定を依頼するお店選びでしょう。不安や疑問がある場合は、何店舗も査定して回ると自ずと、適正価格が理解出来てくると思います。今ダイヤをはじめとした、ジュエリーの買取価格は高騰しております。是非、皆様も一度査定だけでも利用して見てはいかがでしょうか?

宝石・ジュエリーに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ