お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属の記事一覧 アクセサリーの定番10金と18金は何が違う?2つの金製品の特徴や違いを徹底解説!

アクセサリーの定番10金と18金は何が違う?2つの金製品の特徴や違いを徹底解説!

126_10-金-18-金_2

金製品には「10金」や「18金」がありますが、意味を理解されている方は少数派のようです。そこで、今回は10金や18金について特徴や違いについて解説していきます。

10金と18金は何が違う?

10金と18金はどちらも金製品を表す言葉です。では、いったい何が違うの?と疑問に思う方も多いでしょう。この2つの違いは金の含有量です。純粋な金(純金)はかなり柔らかく、展延性に富み、薄く延ばしたり広げることができます。一方、細かい加工がしにくいことや形が崩れたり傷がつきやすいことから、アクセサリーには不向きと言えます。しかし、その美しさや普遍的価値から宝飾品としての需要が高いため、強度を出すために他の硬い金属(割金)を混ぜて金合金としてアクセサリーに加工されるのが一般的です。

つまり、10金と18金はその金合金中に含まれる金の含有量によって呼び名が変わります。10金であれば全体の42%が純金、18金であれば全体の75%が純金で構成されている金属というとこになるのです。

10金の特徴や魅力

リーズナブルな価格で購入できる

やはり一番の魅力は価格と言えるでしょう。10金のアクセサリーは上述したように金が42%しか含まれていません。そのため純金のアクセサリーに比べてかなりリーズナブルに金アクセサリーを楽しむことができます。

カラーゴールドの豊富さ

カラーゴールドは金に割金を混ぜることにより、その色合いをつくります。10金のアクセサリーは割金の割合が多いため自由度が高く、同じ種類のカラーゴールドであっても比率によって微妙に色合いを変えることができ、様々な色合いのカラーゴールドを楽しむことができます。そのため、色違いのペアリングなどにもオススメです。

硬度があるので普段使いでも安心

純金は硬度が低く、人間の爪でも傷がついてしまうほど柔らかい金属です。しかし、10金のアクセサリーは割金を多く含んでいるため、硬度が確保できます。そのため、細いリングでも変形する危険が少なく、日常生活のアクシデントによってどこかにぶつけてしまっても傷ついたり、へこんだりする危険性が少なく、普段使いのアクセサリーとして最適といえます。

細かな装飾や豊富なデザイン

10金のアクセサリーは上述したように様々な色合いや細かな装飾をしても変形しない強度があるため、幅広いデザインに対応しています。そのため、金の品位が高いアクセサリーではできなかった大胆かつ繊細なデザインのアクセサリーをつくる事が可能で品位の高い金アクセサリーにはない魅力となっています。

サイズ直しが難しい

メリットの所で10金は硬度があるといいましたが、この硬度は通常使いには大変魅力的なものになるのですが、サイズ直しやリフォームを行う際にはこの硬さ故、本体が割れてしまう可能性も高く、修理を断られてしまうケースがあったり、通常よりも高い工賃が発生する場合もあります。

金属アレルギー

金属アレルギーは汗などが原因で金属から金属イオンが溶け出し、皮膚のタンパク質と結合することにより、身体が拒否反応起こすことで引き起こされます。そのため、汗をかきやすい夏場は金属アレルギーによる皮膚トラブルがおこりやすい時期となります。アレルギー反応が出た場合は、速やかに医師の診断を受けましょう。また、心配な方は金属アレルギーのパッチテストを受けるなどし、自身のアレルギーについて知っておきましょう。

そんな金属アレルギーですが、金のアクセサリーは金属アレルギーにならないといわれています。たしかに、純金は金属の性質上、大変安定しているため、金属アレルギーになることがありません。しかし、割金に使われる銅やニッケルはイオン化傾向が高く、金属アレルギーを引き起こしやすい金属です。そのため、K10のアクセサリーでは金属アレルギーを引き起こす可能性が高く、注意が必要です。

錆びや変色

金属の錆びや変色は、金属が酸化や硫化することによって起こります。純金はイオン化傾向が金属中でもっとも低い金属といわれており、通常の方法で酸化や硫化することがない金属といえます。そのため純金は錆びたり変色することがありません。しかし、K10のアクセサリーには銀や銅、ニッケルなど他の金属が半分以上を占めています。そのため、その割金が酸化や硫化することにより、錆や変色することがあります。

18金の特徴や魅力

変色や色褪せがしにくい

金属によく起こる変色や錆、色褪せは金属が酸化することで起こります。その点、純金は安定性が非常に高く、酸や塩基にもほとんど反応しません。金を溶かすためには、王水とよばれる濃塩酸と濃硝酸を3:1の割合で混ぜた特殊な混合液が必要になり、日常的に存在する物質では絶対に溶けることはないと言えます。18金は金の含有率が高いため、全く起きないというわけではありませんが、変色や色褪せが起きにくい金属といえます。

金属アレルギーを起こしにくい

金属アレルギーは装着時に付着する汗や皮脂によって金属イオンが溶け出し、皮膚に触れることによって起こるアレルギー反応です。上述した通り、金は安定性が高く、金属イオンが溶け出すことがほぼ起きません。18金は金の含有率が高い金合金のため、アレルギー反応が起きにくい金属といえます。

金特有の輝き

金合金は品位や割金の素材、比率によってその色合いが大きく異なります。ロジウムメッキを行うホワイトゴールド以外のカラーゴールドは金の品位が上がればその分、金特有の黄金色の輝きが強まります。18金は品位の高い金合金になるため、金特有の優雅な輝きと上品ながらも美しい輝きを見ることができます。やはり18金のアクセサリーが好まれる理由としてこれは外せない魅力であるといえます。

資産でありながら普段から使用できる

最近の金相場の上昇を受けて、18金の価値も上がっています。投資資産として純金でできたインゴットも人気がありますが、18金でできたアクセサリーも資産としても考えることができます。たしかにインゴットの場合、品質の保証などの観点からアクセサリーなどの純金地金よりも高く買取相場が設定されていますが、その差は微々たるものです。18金のアクセサリーも金の含有量分の地金としての商品価値が純金と変わらずにあり、普段から使用することができるのは大きなメリットといえるのではないでしょうか。使用することのできる金資産として品位の高い18金のアクセサリーはかなり魅力的だといえます。

まとめ

今回は10金と18金の違いや特徴についてご紹介しました。金製品にはそれぞれの良さがあり、金の品位で優劣をつける事は難しく、それぞれのアクセサリーを楽しむのが一番だといえますね。「買取大吉」では金・貴金属の買取を強化しており、経験豊富な鑑定士が品位のわからない金製品であっても問題なく査定することができます。ご相談は無料で行っておりますので、お近くの「買取大吉」まで是非ご来店ください。

【最新の金買取相場はコチラ】

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ