お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属・プラチナのコラム記事一覧 金といっても一つではない!様々な金について

金といっても一つではない!様々な金について

1702_金地 金 読み方_縦

金は安定資産と呼ばれ、昔から投資先として非常に人気が高いです。昨今では、コロナや様々な国際問題等でドルや国債への投資よりも金への投資人気が高まりました。しかし、金投資といってもやり方は様々ですよね。おなじ金でも、金(きん)、地金(じがね)、インゴッドと色々な呼び方をしたりします。最近、金高騰とよく耳にしますよね。いまさら聞けない、金の基礎知識についてまとめました。

地金とは

”地金”の一般的にじがねと読みます。「ちきん」ではありません。ただ、ちきんではありませんが「じきん」と呼ぶ場合もあるようです。なので“金地金”と書かれた場合は「きんじがね」と読みます。プラチナなら「ぷらちなじがね」、銀なら「ぎんじがね」です。地金とは、金属の塊のことで、インゴットとは、地金の中でも投資商品に適した形状のものです。
地金(じがね)とは、金属を保存しやすいように塊にしたものです。銀やプラチナ、その他の金属の塊も地金と呼ばれていますが、金は「金地金」、銀は「銀地金」というように、金属によって呼び方を変えることがあります。日本では、投資対象として金や銀、プラチナといった貴金属の地金が取引されています。

インゴッドとは

インゴットとは地金の一種で、精錬した金属に加工を施し、主に資産としての保有を目的として鋳造された金属の塊のことです。地金とインゴットの違いは、地金は必ずしも形が整っていなくても塊であればよく、アクセサリー等の加工用にも使われることです。

これに対して、インゴットは、偽物でないことを証明するための刻印がなされるなど、投資商品として売買するのに適した形に整えられています。インゴットは「バー」「ゴールドバー」などとも呼ばれることがあります。金のインゴットは重量によって種類分けされ、以下の10種類があります。

 

【1g、2g、5g、10g、20g、50g、100g、500g、1kg、12.5kg】

 

このうち、1gや2gのものはペンダントやカードなど装飾品や記念品として使われることが多いようです。また、最大の12.5kgのものはラージバーと呼ばれ、金の市場の中でも、とりわけ価格決定に関して影響力が大きいロンドン金市場では、このサイズで取引されています。一般の投資家が売買するインゴットとしては、500gまたは1kgのものが一般的です。

インゴッドの刻印について

投資用として流通しているインゴットには、以下のような刻印が刻まれています。金地金を購入したり、相続してインゴットを入手したりされた場合は、最初にこの刻印をチェックして、ブランドやシリアルナンバーを把握しておきましよう。

 

1.製造番号
金地金のシリアルナンバーになります。同一の番号は存在しないため、インゴットを買い取る際は製造番号が必ずチェックされます。

 

2.商標
インゴットの販売元のブランドを表示しています。相続したインゴットを引き取ってもらいたい場合は、このブランドを手掛かりに販売元を探すと良いでしょう。

 

3.重量表示
インゴットの重さを表示しています。

 

4.精錬分析者
LBMA(ロンドン貴金属市場協会)公認の溶解・検定業者であることを表すマークがあります。

 

5.品質表示
数字が100に近いほど金の純度が高いことを表します。日本で流通しているインゴットはほとんどの場合、99.99%以上の純金です。

 

※刻印がない場合・わかりにくい場合
相続などで手に入れた古いインゴットの場合、刻印が汚れてしまって見えにくいことがありますが、汚れていても偽物とは限りません。また、刻印がない場合でも、本物の金である可能性があります。ただし、刻印がない場合は、買取りに出す際に価値が下がってしまうケースがあります。そのため、新規にインゴットを購入する際は、必ず刻印の有無を調べ、信頼できるブランドのものであることを確認しましょう。

インゴッドの購入について

インゴットは、証券会社や、貴金属販売会社の直営店、銀行や百貨店などでも購入することができます。実際に金を手に取って確認したい場合は、店頭で直節購入されるのがおすすめです。また、遠方にお住まいの方や、コロナ禍を意識されている方には、電話でやり取りして代金を振り込み、品物を届けてもらう方法もあります。高額商品の購入ですので、店舗で直接購入されるケースでも、事前に電話が必要な場合もあります。あらかじめホームページで確認されると良いでしょう。

また、インゴットはインターネットの通販サイトでも販売していることがありますが、信頼できる企業の公式サイト以外の商品は、偽物である可能性があります。特に、ネット通信販売の場合は、信頼できる取引先かどうかをチェックし、怪しいと感じたら避けることをお勧めします。

金投資のデメリット

■売却時に税金がかかる場合がある
金あるいは投資信託やETFを売却して利益が発生すると、譲渡所得になります。他の譲渡所得と併せて50万円以上の場合、所得税が発生します。特定口座(源泉徴収あり)を選択しておくか、確定申告が必要です。買取店でのご売却においても、200万円を超える場合には支払調書の提出義務があり、所得扱いとなってしまうため税金が発生します。

 

■値下がりリスク
投資商品には値下がりリスクがありますが、金の値動きには注意が必要です。1980年には1グラム当たり6,000円、2000年には1,000円、そして、2020年には7,000円というように大きく動いています。わずか20年で何倍にもなったり、何分の一にもなったりしているのです。特に今は高値なので、購入には十分注意してください。

まとめ

金の基礎知識についてまとめてみました。少しでも参考になれば幸いです。昔から、有事の金と呼ばれ安定資産として好まれてきた金。金高騰に合わせて、興味が増えてきた方も非常に多いように感じています。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ