お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 時計 ブランド時計のコラム記事一覧 ロレックス「スカイドゥエラー」が人気上昇!

ロレックス「スカイドゥエラー」が人気上昇!

576_ロレックス スカイ ドゥ エラー 人気

スカイドゥエラーは2012年にロレックスより発表され、「世界を旅する旅行者のために」というコンセプトのもと作られたモデルです。発表当初は、ロレックスの中でもコンプリケーション×スポーツロレックスなのにドレッシーと言うことで、ロレックス愛好家の間では何かと話題の的になっていました。
しかし、ロレックスの中でもケースの形状やベゼルから、スポーツモデルとドレスモデルの中間的立ち位置のため、デイトナやGMTマスターII、サブマリーナなどといった定番のモデルのような人気モデルにはなりませんでした。
ところが、近年スカイドゥエラーへの注目度が急上昇。これに比例して相場もジワジワと上がり、2020年9月に大人気仕様「オイスターフレックス」が登場し、2021年には「ジュビリーブレスレット」モデルがラインナップに加わったことによって、その人気に拍車がかかりました。近年人気や相場の勢いを増すスカイドゥエラーとは、どんな時計なのか、その魅力について解説いたします。

スカイドゥエラーの魅力とは!

2012年のバーゼルワールドにて衝撃的なデビューを飾ったロレックス渾身のコンプリケーションモデルがスカイドゥエラーです。世界中を旅する旅行者をターゲットに、第2時間帯の表示機構があることが特徴のモデルです。この機能はGMTマスターにも搭載されていますが、スカイドゥエラーは一味違っており、24時間表示ディスクにより第2時刻を示す革新的な機構を備えているのです。

さらに、スカイドゥエラーにはGMT機能の他にもカレンダー機能が搭載されています。この搭載されたカレンダーは非常にシンプルなアニュアルカレンダーとして高い評価を得ています。まず、アニュアルカレンダーとは年次カレンダーとも呼ばれる機構であり、「年に1度、2月の末日のみ手動でカレンダー調整を行えば、その他の月は手動調整不要」といったものなのです。

1年間を通して、月末は30日と31日があります。それぞれ小の月・大の月と言った呼ばれ方なのですが、通常の時計は30日の次は自動で31日に日付が変更されるため、小の月の翌日は手動で1日に変更しなくてはなりません。しかし、このアニュアルカレンダーは、機構そのものに一年間のカレンダーが記憶されているため、2月の末日だけ手動調整すれば、あとは小の月・大の月を勝手に判断して表示してくれる非常に優れた機構なのです。

ロレックスはその知名度やステータスによってよく話題にあがりますが、実際のロレックスとは実用時計の王者です。これは、どの時計業界人やメディア、愛好家も認めており、「日常で使える」「毎日着用するスーツにしっくりくる」といった、ビジネスマンの毎日を彩っているのです。

ロレックスが「画期的」と言われているのは、このアニュアルカレンダーを実用に近づけたからなのもあります。コンプリケーションはとかく実用が失われるものです。なぜかと言いますと、機構が複雑になるため、衝撃に弱かったり、操作性が悪かったりとしてしまいがちになるためです。しかしロレックスは、日常で使うことを前提としたコンプリケーション開発に尽力しました。

そうして誕生したのがこのスカイドゥエラー。ケースにはオイスターケースが搭載され、高い耐久性・堅牢性を誇り、かつ100m防水も健在です。さらに、ムーブメント自体にも高い実用性が付加されていることも肝要なポイントです。

搭載のムーブメントはロレックス史上最高のもの

スカイドゥエラーに搭載されているムーブメントは新型自社ムーブであるCal.9001です。

このCal.9001の凄いところは非常に視認性の高いGMT機構です。これまでのGMTはGMT針を使って第2時刻を表示するものが殆どのため、一目で視認することは難しいことでした。しかし、スカイドゥエラーでは24時間表示ディスクになり、一目で正確な第2時刻が分かるようになったのです。またCal.9001は、380個の部品から成るロレックス史上最も複雑なムーブメントの一つです。ロレックスが独自開発した自動巻き機械式ムーブメントであり、スカイドゥエラーのために開発されたものなのです。

このムーブメントも含めロレックス史上最高とも評される複雑機構の新たに取得した5つを含む14もの特許技術を使用し、ほかのブランドの追随を許さない、圧倒的な技術力によって生み出されたスカイドゥエラーは、コンプリケーションモデルでありながら、実用的でユーザビリティに優れた機能を実現したモデルであることが魅力です。

また、サロスシステムと名付けられた年次カレンダー機構は、デイトジャスト機構に4つの歯車を追加するだけで年次カレンダーを実現しており、ローターはクロノグラフ・ムーブメント以外では初となるボールベアリング式が採用されています。さらに、ベゼルとムーブメントを連動させる事により、複雑な機構を搭載しているのにも関わらず、操作性にも優れているのです。

そして、ヒゲゼンマイにはロレックスが独自開発した耐磁性に優れるブルーパラクロム・ヒゲゼンマイが採用されています。テンプだけではなくガンギ車の軸にもパラフレックス・ショックアブソーバーを搭載し、耐衝撃性も高められているのです。技術の結晶ともいえるCal.9001は、複雑機構を搭載しながらもシンプルな操作性により、ロレックスらしい実用性の高さを実現しているムーブメントです。

人気の理由とは?

なぜスカイドゥエラーの人気が上がっているかと言うと、スカイドゥエラーそのものが魅力的であるからであり、発売から日が経ち、スカイドゥエラーの認知度も十分なものになってきたから、と言うこともあります。また、スカイドゥエラーの一番人気はステンレススティール×ホワイトゴールドのモデルです。文字盤の色もブルーであり、その色がステンレスとホワイトゴールドで引き立ち、とてもクールです。

他にも、スカイドゥエラーはハイエンドラインだったため、当初は金無垢のみがランナップされましたが、2017年にはロレゾールモデルが登場したことで人気に火がつきました。さらに、スカイドゥエラーは、精度やムーブメント自体の耐久度も驚異的なものがあり、高い巻き上げ効率を持つパーペチュアルローターの搭載は、約72時間のロングパワーリザーブを持つなど、これらの魅力もあり、人気が上昇したのです。

2022年の相場動向

数年前から、ロレックスの中古相場が上昇しており、そのなかでも特にスポーツロレックスは特に上昇してきました。なかには、ここ3年ほどで約200万円値上がりしたモデルもありました。

中古相場が上昇した要因の一つに新型コロナウイルスの影響によるメーカー減産があります。これにより、品薄状態が続き、正規店にて定価購入が不可能なことはもちろん、時計専門店でも新品の確保が難しい現状に陥ってしまったのです。その一方でスカイドゥエラーは、そこまでの相場上昇は描いていませんでした。

しかし、近年の人気によりロレックスのなかでも新しいコレクションに分類されるスカイドゥエラーは、中古市場でもあまり出回っておらず、買取価格も高い傾向にあります。発表した当初は金無垢モデルのみの展開でしたが、コンビモデルが発売されたことにより、価格帯が広がって手に入れやすくなったこともあり、今後需要が高まる可能性があります。

まとめ

スカイドゥエラーは、旅行者に向けて作られたロレックスの革新的な時計です。高性能な複雑機構と実用性を持ち合わせたこれまでにない最新コレクションで、愛好家にはたまらない逸品です。ロレックスの中でも「人とは違う特別感のある時計が欲しい」という人には、スカイドゥエラーは特におすすめです。

ブランド時計に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ