お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属の記事一覧 ハワイアンジュエリーの定番K14について

ハワイアンジュエリーの定番K14について

169_14k とは

金は非常に柔らかい性質を持っています。そのため、硬度を上げるため様々な金属を混ぜて利用する事がほとんどです。今回はそんな金の品位のうち「K14」についてご紹介します。

日本ではあまり見かけない品位「K14」とは

日本では、金のアクセサリーといえばK18という固定概念があるため、K14は馴染みのない金の品位かもしれません。しかし、海外ではK14は人気があります。

K14の金の含有量は?

金は輝きや耐腐食性など、様々な面で優れた特性を持つ金属ですが、硬度がなく柔らかいといった特性ももっています。そのため、そのままジュエリーなどに用いると破損や変形の原因となるため、他の金属を混ぜ合わせることによって硬度を保っています。その金合金に含まれる金の含有量によって品位が決まり、24分率で表されます。K14 の金の含有率は約58.3%となります。

K14の価格は?

金の中では比較的安価といわれているK14ですが、金相場が過去に類を見ないほどの急騰を続けている現在、その価値は決して低くありません。K14 の価格は使われている割金によっても変動しますが、2023年4月現在だと1gあたり5,380円程度で売買されています。

海外では定番の金品位

世界中に愛好家がいるハワイアンジュエリー

メイドインハワイかつハワイ伝統の技術によって1点1点手彫りされたハワイアンジュエリーは世界中に愛好家がいる人気ジュエリーです。このハワイアンジュエリーの金品位としてよく用いられるのがK14となります。

ハワイアンジュエリーの条件

世界的な人気をもつハワイアンジュエリーですが、その人気ゆえに偽物や粗悪品なども数多くあります。ここではハワイアンジュエリーと呼ばれるための条件を紹介します。

メイドインハワイであること

伝統的なハワイアンジュエリーの第一条件として重要なのはやはり「メイドインハワイ」であることと言えます。たとえハワイで売られていたとしても、実際は中国や東南アジアなどのハワイ以外で作られているものも少なくありません。そのため、ハワイの工房でハワイの職人が生産しているという事が重要になります。しかし、最近では伝統的な技術をもったハワイの職人が、ハワイ以外の国で作ったものに関してもハワイアンジュエリーと呼ばれる場合もあるようです。

手作り(手彫り)であること

伝統的なハワイアンジュエリーは、高い技術を持った職人の手によって1つ1つ手彫りされたこの世に一つの一点物です。独特の手彫りの美しさがハワイアンジュエリーの特徴といわれています。しかし、近年ではステンレス製のアクセサリーのように、金属の型に流し込んで作る、安価な大量生産品も出回るようになりました。ステンレスは金属として硬く、手彫りで作ることができません。そのため、そのような商品は、ハワイアンジュエリー特有の彫りが潰れている粗悪品となってしまい、ハワイアンジュエリーとは呼べません。

ハワイの伝統的なモチーフが彫られている

ハワイアンジュエリーには、ハワイならではの動植物など自然のモチーフが施されています。例えばウミガメ(ホヌ)やハイビスカス、イルカなどが定番のモチーフとして人気あり、この他にもヒトデ(スターフィッシュ)やクジラの尾をモチーフにしたものや、珍しいものですと釣り針をイメージしたものもあります。

このようなデザインなのはハワイでは、自然のものには神様が宿っていると考えられており、自然への感謝の念を込めるという意味合いでモチーフを手彫りし、身に着ける習慣があります。つまり自然をモチーフにデザインされているハワイアンジュエリーは、単なるファッショアイテムではなく、伝統的に受け継がれてきたハワイの文化や想いを象徴したアクセサリーであると言って良いでしょう。

東南アジアでも人気だが、注意が必要な面も

K14のアクセサリーは東南アジアでも人気があり、様々な店舗や露店でも売られています。しかし、これらの商品には注意も必要で特にKの表記が後につく通称アトKには、14Kといって買ったのに実際の品位はそれに満たないK12やK10相当だったといった事案もあるため、お土産などで購入する際にはそのあたりにも注意が必要です。

日本でも注目され始めている

近年の金相場の高騰によって最近では各ジュエリーブランドがこぞって素材にK14 を用いた商品をデザインしており、日本でもK18以外の選択肢としてK14 製のジュエリーに注目され始めています。それ以外にも合金ゆえの硬度と金特有の輝きや優れた耐腐食性から、万年筆のペン先や飾り、フルートをはじめとした管楽器に使われるなど様々な面で活用されています。

まとめ

今回はハワイアンジュエリーの素材としても人気のK14についてご紹介しました。「買取大吉」では現在、金・貴金属の買取を強化しています。特にハワイアンジュエリーはデザイン性に優れているものが多く、人気の高い商品となるため、中古品市場でも人気です。「買取大吉」では金の価値の他にそのデザイン性に応じた付加価値をしっかりとつける事により、他店よりも高額な買取が可能です。査定・ご相談は無料で行ておりますので、お土産で買ってしまいこんでいるものなどがあれば、是非「買取大吉」各店にご相談ください。

【最新の金買取相場はコチラ】

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ