お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

金製品の金の純度とは?

1667_金製品_縦

K24やk18などアクセサリーなどについている表記を見たことはありますか?こちらは金の純度を示しているものです。Kはkarat〔カラット〕という単位で、ダイヤモンドや他の石の重量を示すcarat〔カラット〕とは異なります。金の純度は24分率で示しており、良く見られる24金は100%純金に近い含有量です。今回はそんな金の純度についてご紹介していきます。

金の純度

純金は24分率で純度を表しており、K〇〇といった形で表されています。1k減るごとに金の含有量が約4%減っていき、アクセサリーに多いK18の場合、18/24が金の含有量となりますので、役75%金が含まれているということになります。日本で多い刻印だと、K24、K18、K14、K10などネックレスの留め具や指輪の裏側などに刻印があります。海外製だと、24分率ではなく数字表記だけの刻印もございます。

金の色カラーついて

アクセサリーや指輪に使われる金のカラーは一般的に3種類ございます。YGがイエローゴールド、PGはピンクゴールド、WGはホワイトゴールドです。
金に銀と銅を混ぜるとイエローゴールド、イエローゴールドにパラジウムを混ぜるとピンクゴールド、金にパラジウムや銀を混ぜるとホワイトゴールドになります。混ぜ方や作り方、比率を変えることで、色合いも微妙に変わります。こちらの3種類はカラーゴールドと言われるもので、主にジュエリー製品に多く使われます。

他の金属をなぜ混ぜるのか

K24のリングもございますが、純度が高すぎて柔らかくなるので傷がつきやすくなったり変形したりするので他の金属を混ぜて作られています。銀や銅などの混合物は金よりも強度が高く、混ぜて合金にする事で利用や加工がしやすくなります。金の品質を保ちながら、金のデメリットをカバーしています。用途に合わせて他の金属を混ぜて作られています。

宝石が付いている指輪やネックレス

金の指輪やネックレスにダイヤやルビーといった宝石が付いている場合、どのように買取価格が決定するのでしょうか。まずは重さを量って、金としての買取価格を決定します。そして、付いている宝石の価値や質に合わせてお値段がプラスできるものはプラスさせて頂きます。一つ一つの宝石が小さい場合、その宝石がよほど高価な石でない限り、重さでの買取価格になることがほとんどです。また、全体的にボリュームのあるデザインであれば、地金としてではなくジュエリー製品としてお買取ができる場合がございます。

金製品の買取について

金は稀少なだけではなく、他の金属と比べて柔らかいため加工しやすい、美しい光沢がある、科学的に安定しているため腐食しにくい、金属アレルギーを起こしにくい等、様々なメリットがあります。アクセサリーとしてはもちろん、工業用品、日用品など幅広いところで活躍している金属です。金がなければ人類の歴史は大きく変わっていたことでしょう。

「買取大吉」では金製品買取を強化中です。リングやピアスを始めとするアクセサリーはもちろん、フォークやスプーンといった食器類、やかん・急須・酒器等の日用品、香炉・灯明・花立て等の仏具、金杯等の記念品(競馬)など、一部でも金が使用されていれば何でも買取可能です。純度が分からなくても大丈夫。鑑定力の高い当店ならば刻印や鑑定書がなくても正確に査定できます。鑑定料はもちろん無料。査定だけでも大歓迎です。 金製品の売却をご検討の方は、買取実績豊富な当店へお持ち込みください。

まとめ

金の金属としての価値は延べ棒やインゴットに使われるK24です。グラム辺りの価格も高くなります。しかし身につけるアクセサリー、指輪などは傷つきにくい合金が多いと言われています。用途にあった金の価値を見極めたいものです。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ