お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 ダイヤモンド・宝石 ダイヤモンド ダイヤモンドの記事一覧 人工ダイヤモンド、天然ダイヤモンドその違い

人工ダイヤモンド、天然ダイヤモンドその違い

1620_人工 ダイヤモンド 価格

宝石の代名詞といっても過言ではないダイヤモンド。現在技術が向上し、天然ものと遜色ないほどに質の高い人口ダイヤモンドが生産できるようになりました。見た目は非常に似ていても、両者の価格にはおよそ倍近い開きがあることもあります。もちろん天然ダイヤモンドの価値は誰もが認めるものですが、人口ダイヤモンドと何が違うのでしょうか?人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いについて見ていきます。

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンド

何世紀にもわたってジュエリーに使用されてきた天然ダイヤモンドは、地球上で最も貴重な贈り物の1つです。また、人口ダイヤモンドの品質が向上している今、天然ダイヤモンドにこだわるダイヤ愛好家は、自分のダイヤモンドがラボで作られていない確信を得たいとも考えるようになっています。

天然ダイヤモンド業界はこの要請に応え、供給プロセスを管理できるようシステム化し、新しい検査機器を導入し、政府と協力して天然ダイヤモンドの信頼性を守っています。これはすべて、消費者を保護するとともに、ダイヤモンドジュエリー産業の信頼性を守るためです。ここでは、業界が天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドをどのように区別しているかを説明します。

人口ダイヤモンドとは?

人工ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドを作成する地質学的なプロセスではなく、技術的プロセスによって生み出されます。人工ダイヤモンドは、本質的には自然界にあるダイヤモンドと同じ化学組成、結晶構造、光学的および物理的特性を持っています。

ほとんどの人工ダイヤモンドは、HPHT法またはCVD法のいずれかによって製造されます。HPHT法によるダイヤモンドも、CVD法によるダイヤモンドも実質的に天然ダイヤモンドと同じであるため、その違いはラボによる分析によって初めて明らかになります。

合成ダイヤモンドは市場のごく一部にすぎませんが、ますます普及し、検出がますます困難になっています。GIA(米国宝石学会)やIGI(国際宝石学会)、GSI(国際宝石学会)などの宝石研究所は、人口ダイヤモンドにおいて最前線の研究を行っています。

 

●HPHT法

HPHTは(High Pression, High Température)の頭文字で、つまり高圧・高温を利用したダイヤモンド生成方法です。炭素と、触媒として機能する金属の混合物を作成し、これを非常に高い圧力(約58,000気圧)と非常に高い温度(約1400°C)の環境下に置きます。この技術では現在、窒素含有物やその他の不純物のために、カラーダイヤモンド(イエロー、オレンジ、ピンク、ブルーなど)しか生成されません。

 

●CVD法

CVDは(Chemical Vapor Deposition)の頭文字で、化学蒸着を利用したダイヤモンド生成方法です。この方法では、ます真空空間にダイヤモンドの「種」を配置します。次に、炭素を含むガスが注入され、マイクロ波を放電することでダイヤモンドの「種」の周りに層を生成していきます。この層を成長させることによってダイヤモンドを得るという方法です。この技術では、HPHT で得られるものよりも純粋なダイヤモンドを生成することができます。

ダイヤモンドのテスト

これらの研究所は、天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドを等級付けし、最新鋭の機材を使用して鑑定や識別を行います。 IGI 北米研究所の所長であるアヴィ・レヴィ氏は、「人口と天然のダイヤモンドは肉眼で見る分には非常に酷似しているため、機械で精査するのが最善です」と述べています。最高級のダイヤモンドは、サプライチェーンにおける過程の節々で何度も鑑定を受けます。それはカットや研磨の後、ジュエリーメーカーがダイヤモンドを入手するとき、小売業者がジュエリーの完成品を受け取るときなどのタイミングです。

先述のような研究機関のラボは、ダイヤモンド原石の鑑定から、小売業者のダイヤモンド製品の在庫全体の鑑定、そして細かいダイヤを敷き詰める「パヴェセッティング」のダイヤモンドジュエリーの細かい粒状のメレダイヤ一粒一粒まで、あらゆる鑑定を行っています。

これらのラボで鑑定された人口ダイヤモンドは、肉眼で視認できないレーザー刻印によって、人工ダイヤモンドであることが刻まれます。レーザー刻印は肉眼では見えないので、ダイヤモンドの外観には影響を与えませんが、10倍の倍率で見ることができます。したがって、ダイヤモンドはこの刻印のおかげで、簡単な拡大鏡によって天然か人工かを識別することができます。

天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドの違いは何?

天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドは見た目が似ていて化学的性質も同じですが、全く同じわけではありません。「育ち」が違うのです。天然のダイヤモンドは、10億年から30億年前に地球の奥深くで形成され、古代の地下火山の爆発によって地表に持ち上げられました。 一方、合成ダイヤモンドはわずか数週間で作成されます。このような生成プロセスの違いにより、ダイヤモンドには原子レベルでの違いが残り、専門的なノウハウを有する鑑定士と特殊な機器によって、先述のような研究所ではそれらを区別することができます。

まとめ

結局のところ、人工にも天然にも各々の良さがあります。人工ダイヤモンドは天然ダイヤモンドより圧倒的に安い価格でダイヤモンドの輝きを楽しむことができますし、安定した質・量を生産できるため工業においても重宝され研磨剤や刃物など様々な形で活躍しています。天然ダイヤモンドは地球が気の遠くなるような時間とともに作り上げた奇跡の結晶であり、一つ一つが異なる美しさをもった宝物です。

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ