フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる2つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム 金・貴金属・プラチナ 物凄い価値が付いているかも知れない。記念コインとは

物凄い価値が付いているかも知れない。記念コインとは

NEW

記念貨幣とは、国家的行事・出来事を記念し、日本の場合、閣議の決定を経たうえで発行される特別な貨幣というものになります。記念貨幣というと貨幣も紙幣も含みますが、硬貨だけを表す場合だったり記念コインや記念硬貨と呼んで区別する場合があります。実は日本においては、これまでに発行されたものはすべて記念コインであり、紙幣では発行されたことがないため、記念コインが発行されているという言い方が実際には正しいといえます。
記念貨幣は世界各国にて発行されており、風景や人物、建造物、動物など図案は様々であります。一枚一枚図柄や形、色、歴史的や経緯、つくられた背景などを知ることで収集すればするほど、どんどん楽しくなると思えます。

日本で最初に発行された記念コイン

日本で初めて発行された記念貨幣というのは、昭和39(1964)年の東京オリンピックを記念して発行されました『東京オリンピック記念1,000円銀貨、100円銀貨』になります。1,000円銀貨は1,500万枚、100円銀貨は8,000万枚発行されました。もしかすると既に保有されている方もいらっしゃると思います。

これだけの枚数が発行された経緯には、オリンピック大会の運営費をまかなう側面があったといえます。それ以降の各国で開催されたオリンピックでは大会においても、大会の運営費をまかなう目的も含めて記念貨幣が発行されています。

1,000円銀貨は日本の象徴である富士山と国花の桜をあしらうデザインになっています。一方、100円銀貨は五輪と聖火があしらわれています。現在、コインショップなどでは、未使用のもので1,000円銀貨は3,000円~5,000円前後、100円銀貨は300円~500円前後で販売されているケースが多いです。

日本においては、記念硬貨はまだ50年ほどの歴史しかないため、集めやすいといえます。東京オリンピック記念コインに始まり、現在では1万円金貨や10万円金貨といった高価な記念コインや手ごろに入手できる500円記念コイン、記念貨貨幣セット、収集用を目的にしたプルーフなど種類も増えてきています。色々探して見ると本当に面白いと思います。全ては紹介とは言いませんが5つ紹介したいと思います。

FIFAワールドカップ記念硬貨

時代:2002年

価値:C

相場:500~60,000円

素材:ニッケル黄銅貨・銀貨・金貨

画像出典:造幣局「記念貨幣一覧」

 

2002年に開催された、日韓ワールドカップを記念したコインです。発行された種類としては3つあります。

 

・500円銅貨

・1000円銀貨

・10000円金貨

 

この3つになりますが、実は500円銅貨には3種類の図柄が用意されています。ただ、買取相場としては大きく変わりません。ユーラシア・アフリカ、アジア・オセアニア、南北アメリカの3つの図柄がありますが、どれも買取相場は額面と同じ程度になります。それぞれ発行枚数が1000万枚もあるので、プレミア的な価値もないでしょう。

ただ、未使用の美品なら数百円の上乗せがあるようです。1000円銀貨は定価が6000円で販売されました。ただ、買取相場としては2000円前後になります。額面よりも大きな額ですが、定価から考えれば損をする形です。最もプレミアがついているのが、10000円金貨でしょう。純金が使われていることもあり、60000円程度で取引されています。

国際科学技術博覧会記念硬貨

時代:1985年

価値:C

相場:500~1,000円

素材:銅・ニッケル

画像出典:造幣局「記念貨幣一覧」

1985年に発行された日本の記念コインです。大阪万博、沖縄海洋博に続いて、国内では3回目になるつくば博を記念したものになります。発行枚数は7000万枚と、国内の記念コインの中ではトップクラスです。そのためプレミア価格はついていません。ただ、通常の500円硬貨よりも、大きいサイズなのが特徴になります。自動販売機などでは使えません。

また、心理的に使うのをためらう人も多いので、所持したままというケースが目立ちます。換金をするとしても、額面以上はつきにくいのが現状です。未使用美品であるのなら、100円は買取相場に上乗せが期待できます。ただし、硬貨のセットであるミントセットは1500円程度の価格がついていますので、狙い目かもしれません。

天皇陛下御即位記念硬貨

時代:1990~1991年

価値:C

相場:150,000円前後

素材:白銅貨・金貨

画像出典:造幣局「記念貨幣一覧」

天皇陛下御即位記念硬貨は、平成天皇が即位をした時の記念コインです。日本では一般的な記念コインでしょう。種類は額面が500円と10万円の2つがあります。この内でプレミアがついているのは10万円の方です。額面が500円の方は白銅貨になります。

表面には馬車、裏面には菊のご紋がデザインされたものです。発行枚数が3000万枚と、非常に多いのが特徴でしょう。そのためプレミアはほぼついていません。額面通りの買取額になるでしょう。額面が10万円のは金貨です。表面は鳳凰と瑞雲、裏面は菊のご紋というように、デザインとしても秀逸でしょう。こちらの方は発行枚数が200万枚でした。そのためプレミアがついています。額面よりも3万円程度は高く買ってもらえるはずです。

札幌オリンピック記念硬貨

時代:1972年

価値:C

相場:200~500円

素材:銅・ニッケル

画像出典:造幣局「記念貨幣一覧」

正式には札幌冬季オリンピック記念100円白銅貨と言い、1972年に開催された札幌東京オリンピックを記念して発行されました。当時の札幌オリンピックはアジアでは初となる冬季オリンピックで、その意味でも貴重なコインとなります。コインの表面には聖火台が、裏面には五輪のマークが描かれています。額面は100円のみで、今でも比較的入手しやすいことから希少価値は高いと言えません。買取相場もそれを反映していて、200円から500円というところです。

買取相場は低いものの、入手しやすいので複数枚をまとめて買取に出せる場合もあるでしょう。1枚だけを売るよりもまとめて売って買取金額もある程度の額までもっていくというのが重要でしょうか。

東京オリンピック記念硬貨

時代:1964年

価値:C

相場:1,000~10,000円

素材:銀・銅

画像出典:造幣局「記念貨幣一覧」

1964年に東京オリンピックの開催を記念して発行されたコインで、1,000円と100円の2種類の額面が存在します。日本でコイン収集のブームを作ったコインとも呼ばれていて、1,000円硬貨は20,000円の買取価格が付くこともありました。

現在では相場も落ち着いていて、1,000円硬貨なら2,000円から3,000円ほど、100円硬貨は100円から300円ほどの買取相場になっています。どちらも決して高いとは言えませんが、額面を超える価格で取引されています。

特に1,000円硬貨の方は買取相場も少し高めになっているので狙い目でしょう。実際にいくらで買い取ってもらえるかは鑑定に出してみないとわからないので、お持ちならまずは買取店に持っていって詳しく見てもらいましょう。

まとめ

上記5つのコインを紹介させて頂きました。もっと色んな種類のコインがありますのでどのくらいの価値が付いている物なのか調べてみても面白いと思います。記念コインの歴史は本当に深いです。買取大吉では店舗査定や出張査定、お見積りなど全て無料でご利用頂けますので、ぜひお問い合わせお待ちしております。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目