フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

プラチナと金どっちが高い?

プラチナと金とを比べたときにどちらがより価値があると思われますか?
金だと思われる方、プラチナだと思われる方双方いらっしゃると思いますが、どちらがより価値があるか、どちらがより高く売却できるのか、本記事にて確認してまいりましょう。

プラチナとはどんな金属なの?

プラチナは白い色と輝きをもつ貴金属です。同じ白でも、シルバーと比べると重みのある、落ち着いた白い色が特徴です。プラチナは和名では「白金(はっきん)」と呼ばれ、そのまま英訳するとホワイトゴールドとなることから混乱が生じることがありますが、ホワイトゴールドとは異なる貴金属であり、ジュエリーでは「プラチナ」の呼び方で統一しています。

プラチナはレアメタルと呼ばれる希少金属のひとつです。金と比べても採掘量が年間20分の1程度で、希少性の高い貴金属です。採掘されたプラチナの約3割が自動車の排ガスを浄化する触媒に使用され、宝飾品も3割程度。投資用はわずか数パーセント程度とされ、大半のプラチナが自動車産業か宝飾品に使われています。

現在、プラチナは南アフリカ共和国、ロシア、ジンバブエ、北米のほぼ4か所で採掘されています。
プラチナは原鉱石1トンに対しておよそ3グラム程度しか採れず、また原鉱石からプラチナ地金になるまでの精錬時間が長く加工も難しいことから、必然的に高価になります。

希少で高価なプラチナですが、
実は日本は世界最大規模のプラチナ消費国です。一人当たりのプラチナ・ジュエリー消費量は世界一で、婚約指輪は92%、結婚指輪では82%をプラチナが占めています。これほどプラチナ・ジュエリーが好まれている国は他にありません。

 

金とはどんな金属なの?

金(ゴールド)とは元素記号Au、原子番号79の金属です。Auはラテン語の「光るもの」aurumに、英名のゴールド(Gold)はサンスクリット語の「輝く」にちなんだと言われています。
金の特性はなんといってもその輝き。
リングやネックレス、イヤリングなどジュエリーの地金に多く使用されますが、シーンや年代問わずゴージャスさを演出してくれます。この輝きの秘密は金が光の中の青だけを吸収し、その他の色は反射する、といった特性に由来します。さらに、金の展延性も他の金属にはない特性でしょう。金は最も薄く伸ばせる金属で、1グラムで約3000メートルもの長さの金糸や、さらに極薄にした金箔を加工することも可能です。このこともリングやネックレスなど多彩なデザインを形成するのに大変適していると言われています。
耐酸化性が高いため他の金属に比べ錆びづらく経年による退色・腐食が極めて少ないため、「不変の輝き」を持つこともまた大きな特性であり魅力です。
また、金そのものは非常にやわらかく傷ついたり変形しやすいため、金の融解性を活かし金パラジウムや銀、銅などの割り金(わりがね)を配合して合金にします。そうすることで普段使いに適した硬さに調整することが可能なのです。ちなみにこの割り金の種類によって本来の金色とは異なる色相を持たせることもできます。
ホワイトゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールドなどが有名ですね。
この三つのカラーが三連となったリングで有名なのがカルティエのトリニティや、ブルガリのトゥボガスシリーズなどですが、金そのものの輝きとはまた一味違った美しさを備えます。なお、金の用途はリングやネックレス、イヤリングなどのジュエリーに留まらず、貨幣やインゴット(バー、延べ棒)など資産として、また、導電・熱性を活かした半導体ワイヤーなど工業用として、と幅広いケースで使用されています。これらは金の持つ不変性と融解性ゆえ、熱で溶かせば全てがまた別の金となる、つまり半永久的にリサイクルが可能です。

 

金とプラチナの需要

以上のことから、より需要があるのは、金だと言えます。投資用として用いられる金のほうが需要は自然と高くなるでしょう。また、プラチナは金よりも自然界の総量が少なく、金が総量24万トンと言われているのに対しプラチナは総量1万6千トンしかありません。総量のより少ないプラチナは金よりも高いニーズを得るためには、明確な強みがプラチナは必要になります。そのため、今後もしばらくは金がよりニーズがあるという状況は続くでしょう。

 

金とプラチナの買取

プラチナと金ではより価値があるのはどちらでしょうか?
「プラチナ」と答えた方は、以前のイメージに振り回されているかもしれません。一時期、プラチナは金の2倍ほどの価格で取り扱われていました。そのため、プラチナの価値は金よりも高いと思われている方が今でも多くいらっしゃるかと思います。しかし、2019年11月には 金の価格は5,606円、プラチナの価格は3,492円(1グラム当たり)と金の価値はプラチナよりも高くなっています。

世界の自動車販売の回復が続けばプラチナの価値見直しも大いにあると思われます。

ゴールドとプラチナの価格逆転は、なぜ起こったのでしょう? 代替通貨としてゴールドの需要拡大が続いているのに対し、プラチナはディーゼル車の排ガス浄化装置触媒としての需要が伸び悩んだため、価格逆転が起こりました。それでは、元のように、プラチナがゴールドより高くなることはあるでしょうか? プラチナを代替通貨として買い上げる動きが出ない限り、あり得ないと思います。それは当面、期待できません。ただし、このまま、いつまでもプラチナが安値であり続けるとも考えられません。世界の中央銀行が、通貨の価値を低下させる量的緩和を続ける限り、どこかで安過ぎるプラチナの見直しが起こると思います。

世界の自動車販売が底打ちに転じつつある今、産業用途(ディーゼル車排ガス処理装置)に使用されるプラチナへの投資を検討して良いタイミングと考えます。

 

【まとめ】

ここまで、金とプラチナの相場や価値・価格、それぞれの利用用途や需要の違いと、今度の価格の変動予測について解説しました。

金に比べて産出量が少なく希少性の高いプラチナは、様々な理由から需要が減少しているため、価格が下落しています。日本では宝飾品として人気の高いプラチナは、世界的に見ると工業製品としての需要が高く、特に自動車産業の景気に相場が左右されます。

今後、世界的な景気の動向や次世代の自動車の方式などによっては、再度プラチナが金の価格を上回る可能性もありますが、それまでにはまだ少し時間がかかると予想されています。金やプラチナの買取を検討している方は、ぜひ当記事を参考にして、満足できる取引をしてください。本記事では、どちらにより価値があるのかをご説明してまいりました。
それぞれに特徴やメリット・デメリット・用途の違いなどがあり、本来は優劣をつけられるものではありません。

ただ、グラムあたりの単価でいうと明確に優劣はついてしまいます。昔はプラチナにより価値がありましたが現在では金の方がより価値があります。ご自身が身に着けられるアクセサリーを決められる際には、デザインの良し悪しとは別にこういった要素も気にかけられるのも一つ選択肢として考えられるのではないでしょうか?

 

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目