お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム その他のコラム記事一覧 KAWS(カウズ)世界的人気の秘密

KAWS(カウズ)世界的人気の秘密

1873_カウズとは

KAWS(カウズ)というアーティストをご存じでしょうか?両目がXXになったキャラクターでコンパニオンで世界的に知られるアーティストKAWS(カウズ)は、本名、ブライアン・ドネリーといい、アメリカ出身の現代アーティストです。この記事ではそんなKAWS(カウズ)の世界的人気の秘密に迫っていきます。

KAWSの来歴

KAWSことブライアン・ドネリーは、1974年米国ニュージャージー州ジャージーシティ生まれのアメリカ人アーティスト、デザイナーです。ストリートアーティスト、画家、イラストレーター、彫刻家、エディターでもあるKAWSは、いまやポップアートの世界を取り巻くあらゆるものに影響を及ぼしています。

1996年にニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツでイラストレーションを学び卒業後、フリーランスとしてディズニーで働きました。現在はニューヨークのブルックリンを拠点に活動しています。

KAWSは1990年代にストリートアートをきっかけにキャリアをスタートさせました。ブルックリンのビルボード、バス停、電話ボックスなどに自身の作品を重ね合わせます。ミシュランマン、シンプソンズ、ミッキー、スヌーピー、スポンジ・ボブなど漫画やアニメの有名なキャラクターを再利用したりして、彼の世界に導入します。

このような手法は普遍性という着地点をともなった、世界とのコミュニケーションツールとなるのです。KAWSの最大の目的は、すべての人にとってアートを身近なものにすることなのです。彼は早い時期からすべての作品に、目の代わりに「× ×」を描くというシグネチャーを施しています。

広がるクリエーション

KAWSは、ポップアートの創始者たちからはいわずもがな、ゲルハルト・リヒター、クレス・オルデンブルグ、チャック・クローズなどのアーティストからも影響を受けています。

そして彼は徐々に彫刻やキャンバス上での表現など、芸術の幅を広げていきます。二次元から三次元への移行は、空間と現実をより深く理解するための探求とも言えます。彼の彫刻は、記念碑級のサイズのものまであります。

現在では国際的に認知され、NIKEやVANS、DCシューズ、ユニクロなどのファッションシーンのほか、音楽や映画業界でも、カニエ・ウェスト、バートン、ファレル・ウィリアムスなど多くの人とコラボレーションしています。

KAWSは、世界の有名なギャラリーや美術館で作品を展示しています。彼の作品は、フォートワース近代美術館、ブルックリン美術館、サンディエゴ現代美術館の3つの永久所蔵品に含まれています。

現実空間と仮想空間を行き来する展示

KAWSは、2022年の冬に「Kaws: New Fiction」展を開催しました。この展示はサーペンタイン・ギャラリーでポップなキャンバスやカラフルな彫刻を設置しましたが、同時に数億人のユーザーを持つ世界で最も人気のあるビデオゲームの一つ「フォートナイト」上の博物館でも展示を行いました。

ロンドン中心部のハイドパークの凍てつく芝生の上で、サーペンタインギャラリーの屋根にスマホを向ける見物人たち、これは建物を撮影しているわけではなく、携帯電話上では肉眼では見えない屋根の上に座る青い男の大きな彫刻が、拡張現実として現れるのです。

KAWSの彫刻に出迎えられ、「Kaws: New Fiction」展に一歩足を踏み入れると、そこには仮想と現実が混在しています。この展覧会は「3つの層」で構成されています。絵画や彫刻などの生身で体感する要素、拡張現実の要素、そして「フォートナイト」上のサーペンタイン・ギャラリーという要素です。このゲームの4億人のプレイヤーは、ゲーム内の美術館の完全なレプリカにアクセスし、アバターで歩き回り、作品を鑑賞することができるのです。

まったく異なる層を引き込むことができる

「フォートナイト」製作元Epic Gamesはすでに、国際的な歌手がゲーム内でコンサートを行うというコラボレーションを実施しています。「しかし、フォートナイトがビジュアルアートと、公共のギャラリーとコラボレーションしたのは今回が初めてです。ゲームの中で展覧会を見ることと、物理的に見ることは全く違いますが、これらの体験は「補完的」であるといえます。多くの来場者は、よく知らないビデオゲームの世界に興味を持ち、ゲーマーにとってはその逆も然りです。

「私たちにとって、これはまったく異なる観客にアプローチすることであり、『世代を超えた対話』を生み出すことだ」とこの展示のアーティスティックディレクターであるハンス・ウルリッヒ・オブリストはいいます。実際、ティーンエイジャーに大人気の「フォートナイトのプレイヤーの平均年齢」は、「美術館の平均来館者よりもずっと若い」とは強調し、「全く新しい世代がギャラリーに来てくれることを期待している」と述べています。

作品をより身近なものに

KAWSにとっても、自分の作品をより身近なものにすることに関心があるようです。画家であり彫刻家である彼は、「私の作品がロンドンの子供たちに作品をみてもらうと同時に、インドの子供たちにも見てもらえるということに興味があり、絵画や彫刻を思い立ったらすぐに手の中で見ることができるようになることが魅力的です」と語っています。

彼のアイコニックなキャラクター「コンパニオン」は、すでに巨大なインスタレーションやグッズで世界中を駆け巡っており、ポップで親しみやすくカラフルなそのキャラクターは、フォートナイトの若いユーザーに訴求するはずです。

フォートナイトとのコラボレーションが2回目となるKAWS氏は、最後の生き残りをかけて戦うというこのゲームの本質とはかけ離れた、特定のモード「クリエイティブハブ」で作品を展示すると説明しています。「展示会では銃撃戦はありませんよ」とアーティストはユーモアを添えます。

まとめ

今回は、KAWSという一人のアーティストについて紹介しました。KAWSの活動にはこれからも注目です。

その他に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ