フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム 宝石・ジュエリー メンズ ティファニーネックレス

メンズ ティファニーネックレス

今、メンズがつける「Tiffany & Co(ティファニー)」がオシャレです。ドラマでオープンハートのピアスが着用され、一躍話題になるなど、女性に大人気の Tiffany & Co(ティファニー)。しかし、ここ最近は、じわじわとメンズにもティファニー着用者が増えて来ています。そんなティファニーからメンズにオススメのジュエリーをご紹介していきます。

アメリカ発世界五大ジュエラーの一角「TIFANNY&Co」のブランドの歩み

初日の売り上げはなんと$4.98。ニューヨークで文房具、装飾品店として創業。

今や世界5大ジュエラーと呼ばれる世界的ジュエリーブランドのTiffany&Co.(ティファニー)ですが、何と実はそのはじまりは文房具店としてのスタートでした。1837年、アメリカのニューヨークでの創業で、フランスであのHERMES(エルメス)が創業した同年に創業しています。当初は、ティファニー&ヤングという名前で創業者であるチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・バーネット・ヤングの2人の名前からとったブランド名でした。

創業当初はジュエリーではなく、文房具や装飾品の取り扱いからスタートしたのですが、値札をつけて値引き交渉に一切応じないという当時としては画期的なスタイルを貫いていました。そして驚くことに、創業初日の売り上げはたった4.98ドル、日本円で約500円程だったというのです。

今では、高級アクセサリー、ジュエリーのイメージしかないティファニーも創業はそのような今のイメージとはかけ離れたスタートだったのです。

首元に1つ添えるだけで様変わりするティファニーのネックレス

顔に一番近い首元を演出するかしないかで印象が随分変わります。ティファニーのネックレスを付ければたちまち最上級の演出ができます。インパクトあるハードウェアネックレスは存在感抜群!!シンプルなスタイルにオススメです。

重ね付けで差をつける

メンズのネックレス重ね付けは「オシャレ」と「いやらしい」の表裏一体。でもティファニーは重ね付けはオシャレ一択です。重ね付けしたい方にオススメなのが、トップがスクエアタイプのネックレス。重ねるネックレスによって違う表情を出してくれるので1歩上のオシャレを楽しめます。

愛されるには理由がある。ティファニーのネックレスはメンズも着けたい逸品揃い

世界中で愛され続ける王道ブランド『ティファニー』。なかでもジュエリーは大人にとって憧れそのもの。特にネックレスは、女性ばかりではなく男性にも頼もしい存在。

今こそメンズが注目すべき『ティファニー』のネックレス

『カルティエ』、『ブルガリ』、『ハリーウィンストン』、『ヴァンクリーフ&アーペル』と並び、世界五大ジュエラーの1つに数えられる『ティファニー』。これまで大統領夫人や王室の女性たちを華やかに彩り、数多くの名女優を虜にしてきた。それもあってか、女性を輝かせるモノとしての印象が強い。ただ、最近ではメンズのためのコレクションも登場し、世の男たちを魅了しています。なかでも呼び水となっているのはネックレス。ファッションシーンではジェンダーレスな服が浸透している今、世界的ジュエラーもそれに追随するかのごとく、男性にうれしいアイテムをラインアップしています。

どうしてこんなにも世界中で『ティファニー』は愛されているのか?

『ティファニー』の輝かしい歴史は、1837年から始まりました。奇遇にも、フランスでは『エルメス』が誕生した年です。創業者はチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・バーネット・ヤング。当初は両名の名からとり、ティファニー&ヤングという社名でスタートし、文房具や装飾品を取り扱っていた。そして、1848年にはヨーロッパの貴族より高価な宝石を買い入れることに成功。1850年代には現在の社名に変更し、ブランドの代名詞となるジュエリーの販売をスタートさせました。

以後、パリ万博では銀製品部門でグランプリを受賞。1800年代後半にはすでにトップクラスのジュエリーブランドとしての地位を確立する。その美しさに魅了された著名人やセレブリティは数知れず。有名どころでは、グレース・ケリーやオードリー・ヘップバーンだろう。特に後者は映画での共演がよく知られているが、その後も生涯を通じて有効な関係を築いたとか。総じていえるのは、世の女性たちが憧れるアイコン的存在から愛されたということ。それが、高貴にしてファッショナブルなブランド、『ティファニー』なのです。

まずは押さえておきたい『ティファニー』定番ネックレス

元大統領夫人のジャクリーン・ケネディ・オナシスや名女優エリザベス・テーラーなど、『ティファニー』を愛した人々を挙げれば枚挙に暇がない。その中には男性のハリウッドスターやプロスポーツ選手らも含まれる。そう、以前より男性からも熱い支持を受けているのだ。なかでも、新たな定番シリーズのネックレスは男たちの心をきっと動かすに違いありません。

 

■ティファニーT

2014年にお目見えした「ティファニーT」シリーズ。ブランドの長い道のりを考えればまだまだ歴史は浅いが、今やブランドを代表する定番となっていることは昨今の人気からもはや疑いようがない。特徴的なのは、ブランドのイニシャルを象ったモチーフ。素材1つとっても、18Kゴールドやシルバー、ステンレススチールなどバリエーションは豊富で、そのラインアップは思わず目移りするほど。

例えば、モチーフが向かい合うようにデザインされた「ティファニーTスクエア」、フォルムは似通っているもののモチーフが丸みを帯びている「ティファニーTワイヤー」、まるで笑っているかのように見える「ティファニーTスマイル」、2つのTのヘッド部分をくっつけた「ティファニーT TWO」がある。シンプルなその姿は男女を問わず着用できる素養を感じさせ、「ティファニーTスマイル」のようなさりげないウィット感が垣間見えます。

 

■ハードウェア

ブランドの新たなアイコンとして注目を集めているのが、「ティファニー ハードウェア」。インスピレーションのベースは『ティファニー』の本店もあるNY。洗練された街並みと都会で生き抜く女性の強さをイメージしながら、クラシカルな中にエッジを効かせたデザインで仕上げられている。理想の姿へと昇華させるべく参考にしたのが1971年のアーカイブ。そこで発表されたユニセックスなブレスレットを背景にした、従来の『ティファニー』とは異なるハードな姿が男性にもぴったりだ。

スタイリッシュな美しさのイメージが強い『ティファニー』だが、同シリーズではつなぎ合わせたチェーンとボリューム、そして重量感に力強さが覗く。その姿は、男性が着用するにふさわしい佇まいである。特にネックレスは、バックからフロントにかけてチェーンが徐々に大きくなっていく作り。そのため、デザインはシンプルながらも存在感があり、着こなしのワンポイントとして大いに実力を発揮してくれることだろう。

 

■1837メイカーズ

“メンズのためのコレクション”としてスタートしたのは3年ほど前。以降、ブランドの根幹であるクラフトマンシップや美学をより感じさせるシリーズとして多くの支持を獲得している。ジュエラーの枠にとどまらず、同社がNFLや野球の世界大会、WBCなどのトロフィー製作にも携わっていることはつとに知られているが、同シリーズではその伝統がイメージソースとなりました。

自社のホローウェア工房の職人によってハンドメイドにより仕上げられるコレクションは、どれもが男心をくすぐるものばかり。とりわけ、シンボリックなモチーフを携えたネックレスは、モダンでミニマル、それでいてダイナミックかつボリューミーな姿に、職人のスピリッツと誇りが覗く。とはいえ、モチーフのエッジを立たせない線からは『ティファニー』らしさも。強さと美しさをコーデに添える、非常に頼れる存在です。

 

■メンズ一番人気の「シルバー925」

Tシリーズやハードウェア等一番の人気はやはりこのシルバー製のアイテムです。シルバーアクセサリーとはいえそこはやはり一流ブランドであるティファニー、同じオールシルバー素材でも、他のシルバーアクセサリーブランドのアイテムとは全く異なる、非常にエレガントでラグジュアリーな雰囲気を放っています。

 

■ラグジュアリー感の「K18」

金額も一気に跳ね上がりますがK18製のアイテムも人気は高く、1点コーディネートに加えるだけで圧倒的なラグジュアリー感を加えてくれます。

 

■シルバーとゴールドの良いとこどり「コンビ」

ヴィンテージアイテムやメイカーズのブレスレット等一部のアイテムで見られる、シルバーとゴールドのコンビです。まさにシルバーとゴールドの良いとこどりのようなアイテムで、他の人と被りたくないという方にはまさに最適なアイテムです。

他にも見逃せないアイテムがズラリ『ティファニー』の傑作ネックレス

メンズシーンにおける『ティファニー』の存在感が日増しに高まっている昨今。上で挙げた注目シリーズはまだまだ氷山の一角にすぎず、他にも魅力的なアイテムが目白押しである。ここでは、ファッションとしてその存在感をいかんなく発揮してくれる、我々にうれしいモデルを厳選してご紹介します。

 

■ナットチャームペンダントトップ

『ティファニー』のこれまでの長い足跡の中で、代表的な3人のデザイナーがいます。その1人こそ1980年に初コレクションを発表したパロマ・ピカソ。NYのグラフィティアートを取り入れたデザインは革新的で、『ティファニー』の歴史のみならずデザイン界に革命を起こしたとまでいわれています。工業用パーツをベースに洗練を纏わせたこの一品からは、そんな彼女の意志とインダストリアルなイメージを匂わせるNYが透けて見えます。

 

■ダイヤモンドポイントスクエアタグペンダントネックレス

シンプルなスクエアプレートに施された精巧なカッティング。『ティファニー』のダイヤモンドポイントのパターンは、ダイヤモンドの底部に覗くキューレットの、幾何学的でクリーンなフォルムからインスパイアされている。グラフィカルで立体的なそのデザインをいざ纏ったとき、胸元からエレガンスさを醸し、エッジの効いたデザインが着こなしをよりモダンに演出するでしょう。

 

■ハードウェア リンクペンダント RG

成功を求め世界中から人々が集う世界有数の大都市、NY。誰をも平等に受け止める包容力があるが、等しく試練も与えます。その中で生き抜くには強い意志と覚悟が必要だ。それを胸にエレガントに立ち向かう女性の姿をカタチにした同シリーズ。斬新なゲージリンクと繊細なチェーンのコントラスト。ゴールドながら嫌味を感じさせないその姿に、女性のみならず我々メンズも魅了されます。

 

■1837インターロッキングペンダント

スターリングシルバーのリングがインターロッキングされたペンダントトップ。そのリングには、『ティファニー』のロゴだけでなく、記念すべき創業年がささやかに刻まれています。滑らかなカーブを描く美しいフォルムを一層引き立てるシンプルなその姿は、同ブランドの真骨頂。身につけたそばから美しさをさりげなく主張してくれるに違いない。

 

■メイカーズI.D.タグペンダント スターリングシルバー

いつの時代も男心をくすぐるミリタリーテイスト。ドッグタグはその1つに数えられます。しかも、そんな背景を匂わせる『ティファニー』のアイテムならなおさら興味を抱かずにはいられない。フラットな鏡面仕立ての逸品はスタイリッシュでありながら、『ティファニー』に携わる職人たちの技と誇りが随所に香っています。まさにブランドの伝統と卓越したクラフトマンシップを湛えた秀作です。

 

■エルサ・ペレッティ ビーン ペンダント ネックレス

1974年に『ティファニー』のデザイナーに就任し、類まれなデザインセンスと独創性溢れる発想によりシルバーやダイヤモンドジュエリーのイメージを覆したとされるエルサ・ペレッティ。彼女もまたブランドの歴史を語るうえでは欠かせない。彼女が生み出したデザインは、シンプルかつ先鋭的。ゆえに、時を超えて愛されるものが多いです。こちらもまた同様で、モデル名よろしく豆の形が愛らしく、男の胸元にも遊び心を運び込んでくれるだろう。

 

■バートップボールチェーンネックレス

デコラティブな装飾は華やかさを存分に演出してくれるが、ことメンズにおいてはこれみよがしとも受け取られかねない。そこはかとなく気品としゃれっ気を漂わせるならば、バートップのように単純なアプローチの方が伝わりやすい。『ティファニー』はその辺りをよく心得ている。4センチにも満たないコンパクトなバーの中に、ブランドロゴ、所縁のある街のイニシャル、そしてシルバーの割合を刻印。

 

■パロマ グルーブ バー ティファニー

1980年代のNYでシーンを席巻していたアートと文化の流れ。それを体現していたのがパロマ・ピカソだった。『ティファニー』のクリエイティブを担った数多くのデザイナーの中でも、彼女がもたらした貢献は計り知れない。そのパッションを、この簡略化されたバートップからも窺い知れることでしょう。波打たせた表面は精緻に富み、ユニークにしてスマート。その造形美はアートを身に纏う楽しさを教えてくれます。

専門知識を持ったバイヤーによる確かな真贋力

2つ目は専門知識を持ったバイヤーによる確かな真贋力です。ここで、安く買えるし2次流通ならどこで買っても良いという訳ではありません。Tシリーズやハードウェアを始めとしたティファニーのアイテムはその人気の高さ、高額な商品の値段により偽物、フェイク品が大量に流通しています。

また、偽物やフェイク品も日々進化しており、ぱっと見ただけでは違いのわからない完成度の高い偽物も存在しており、一般の素人の方が完全に見分けることが難しいのが正直なところです。

特にヤフオクやメルカリ等の個人売買や、総合リサイクルショップ等のファッションブランド品に特化していないお店はこれらの偽物が特に多く、そこでの購入は絶対におススメしません。

その点ファッションブランド品に特化した専門店では、商品の仕入れ、買取時に専門知識を持ったバイヤーが一つ一つその商品を細かく検品、真贋を行っている為、そこで扱われている商品は安心して購入することが可能なのです。

【番外編】是非、身につけて欲しいブレスレット

ティファニー好きならご存知のはず!!見るもの付けるものを魅了する「ボーンカフブレスレット」。ヴィンテージでさえ高値で販売されています。ドラマで着用されていたり女性にとって魅力的なアイテム。女性のイメージが強いですが、実はメンズが付けてもオシャレに演出可能です。男らしいブラックリングやカジュアルコーデとどんなアイテムと掛け合わせてもワンランク上を演出してくれるのがこのボーンカフブレスレットです。シルバーは店頭に並んでいることはレアです。あればマストバイなアイテム。シルバーの輝きが全然違います。

そして、重ね付けにオススメなハードウェア!遊び心がありつつもどこか品を感じるTiffany HardWear(ティファニー ハードウェア)のブレスレット。重ね付けしても嫌味な感じが出ないです。国内では入手困難なレアアイテム。シルバーの重厚感とティファニーの高級感を味わえるアイテム。さりげないオシャレができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ティファニーのメンズにお勧めのアイテムについてご紹介させて頂きました。この記事の内容をまとめます。

 

ティファニーというブランドの歩みとしては

・初日の売り上げはなんと$4.98!ニューヨークで文房具、装飾品店として創業
・オーダー用カタログを発行し、ティファニーブルーというブランドを象徴するカラーへ

 

TIFFANYが今メンズから支持を集める3つの理由は

・多数の芸能人やアーティストも愛用するファッション性
・ブランドがメンズラインに力を入れている
・職人によるハンドクラフトに拘った高品質なアイテム

 

メンズにお勧めの厳選3つの人気コレクションは

・ブランドの頭文字Tから着想を得た「ティファニーT」
・ハイファッションとストリートスタイルを掛け合わせたコレクション「ハードウェア」
・モノづくりの美学を再確認させてくれる、メンズのためのコレクション「1837メイカーズ」

 

ティファニーのアイテムの魅力を最大限に引き出す素材使いとしては

・最も一般的な「シルバー925」
・ラグジュアリー感満載の「18K」
・シルバーとゴールドの良いとこどり「コンビ」
・よりハイエンドアイテムへと押し上げる「ダイヤモンド」

 

ティファニーを購入するなら2次流通のブランド専門店がおススメで、その3つの理由は

・定価は超高額!2次流通だからこその圧倒的なコストパフォーマンス
・専門知識を持ったバイヤーによる確かな真贋力
・限定アイテムや廃盤アイテムまで幅広く揃う商品ラインナップ

 

メンズの人気もこれからもますます高まっていくと思われるティファニーですが、この記事をきっかけに更に興味を持っていただけたら嬉しいです。

宝石・ジュエリーに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目