お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 ブルガリ ブルガリの記事一覧 女性憧れのブルガリの婚約指輪!ブルガリの歴史や定番商品について徹底解説します!

女性憧れのブルガリの婚約指輪!ブルガリの歴史や定番商品について徹底解説します!

4_ブルガリ 結婚 指輪 コロナ

ブルガリは130年以上の歴史を持つイタリアを代表するブランドです。古代ローマ建築やギリシャ神話、創業者の故郷ギリシャの技法を受け継ぎ、芸術的で洗練されたデザインと徹底した品質管理で人々を魅了し続けています。近年ではイタリアの建築家をデザイナーに起用するなど、最新のテイストも取り入れながら進化を続けているブランドです。本記事では、ブルガリの歴史ならびに、人気の指輪と時計について紹介していきます。

ブルガリの創業から現在まで

創始者はギリシャの銀細工職人

ブルガリ(BVLGARI)の創始者ソティリオ・ブルガリは1857年、オスマン帝国支配下のギリシャ・イオニア海沿岸のエピルスという街で生まれました。エピルスは古代ローマの時代から銀細工が盛んな街で、ソティリオの実家も銀細工師の家系でした。

幼い頃から金銀細工に興味をもったソティリオは職人としての腕を磨きながら、近代化が進むヨーロッパへと目を向けます。そして1881年、小国に分裂していた状態から統一を果たしたイタリア王国のローマへと移住。ソティリオが作る銀細工製品はローマで評判を得ました。

1884年にローマのシスティナ通りに店を開き、1905年に2人の息子、コンスタンティノとジョルジョも事業に参画しコンドッティ通りに店舗を構えます。これが現在のブルガリ本店となります。

ブルガリが創業すると、ローマで注目を集め一躍有名店になりました。それは、故郷イピロスに伝わる伝統的な技術と、6世紀ごろの東ローマ帝国で興ったビザンティン建築、古代ギリシャ洋式を融合させたブルガリの芸術的なデザインが高い評価を得たからです。

その後、海外旅行者や富裕層をターゲットにし、リゾート地のソレントやスイスのサンモリッツに販路を広げ、上流階級まで名声を広げました。

ドルチェ・ヴィータと呼ばれる時代

1932年ソティリオの死後、すでに経営に加わっていた2人の息子、コンスタンティノとジョルジョが跡を継ぎました。父・ソティリオから受け継いだ細工技術に磨きをかけ、ハイジュエリーに特化することでブランドをさらに成長させました。当時流行していたフランス洋式とは一線を画し、創業時の独創的なスタイルを貫いてさらなる人気を獲得していきます。ブルガリの名声が世界中に広がったのが1950~1969年、ブルガリにとって「ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)」と呼ばれる時代のことです。

芸術性に富んだ作品を生み出すコンドッティ通りのブティックには著名人が集まり、オードリー・ヘップバーンやエリザベス・テイラーなど、大女優たちがスクリーンだけではなくプライベートでもブルガリのファンであることを公言しました。成功の波に乗ったブルガリは、ヨーロッパやアメリカに販路を拡げることになりました。

海外出店、時計、香水を手がけ、さらなる飛躍

その後、1970年代にアメリカ・ニューヨークに海外1号店を出店しました。次いで、スイス・ジュネーブ、フランス・パリに出店。1972年に時計「ブルガリ・ブルガリ」を発表。1990年代には香水・磁器素材のジュエリー・アイウェア・スカーフコレクション・レザーコレクション・ホームデザインを次々と発表しました。

1997年、ブルガリとサルヴァトーレ フェラガモによる、香水部門のジョイント・ベンチャー契約が成立しました。また初のスキンケア製品「イドラ・テ・ヴィタリザン」を日本にて先行発表しました。さらに1999年には「ビーゼロワン」を発売しました。

2022年、指揮者のロレンツォ・ヴィオッティが、ブルガリのグローバル ウォッチアンバサダーに就任しています。

ブルガリで人気のある指輪を紹介!

①グリフ(GRIFFE)

センターダイヤにラウンド・ブリリアントカットをセットしたシンプルかつ美しいソリティアの婚約指輪になります。シンプルなアームが手元に映えて、可憐かつエレガントな女性を演出してくれます。ダイヤモンドの大きさは0.3ctからあります。

②ビーゼロワン(B.ZERO1)

イタリア・ローマのコロッセオと現代の力強いラインを融合させたエタニティリングです。リングにメレダイヤを挟み込み、センターにブリリアントカットダイヤモンドをセットしています。ブルガリの中でも最も人気のあるジュエリーコレクションから生まれた指輪となっています。がっちりとしたフレームと散りばめられたメレダイヤが威厳と重厚感を感じさせるものとなります。ダイヤモンドの大きさは0.3ctからあります。

・エタニティリング‥リング全周にダイヤモンドが入った指輪の事です。ダイヤが途切れることなく並んでいる様子が永遠を連想させることから「永遠(Eternity)=エタニティリング」と呼ばれています。

③スピガ(SPIGA)

アームに麦の穂をイメージした紋様が入った独創的なデザインの指輪です。麦の穂は豊かさと実りの象徴であり、これから始まる新生活を送るカップルにはぴったりなモチーフとなっています。センターダイヤモンドはラウンド・ブリリアントカットで0.3ct~1.5ctまでの幅広い大きさがそろっています。

④コロナ(CORONA)

「コロナ」はイタリア語で花冠という意味です。頭に戴く王冠の役割を持つ花飾りからインスピレーションを受け製作されました。花冠は古くから永遠の幸せや祝福、栄光を象徴するシンボルとして用いられてきました。そのイメージ通りの重厚で品のある指輪となっています。ラウンド・ブリリアントカットダイヤモンドの輝きを引き立たせるシンプルなアームは、余計な装飾が削がれ洗練された雰囲気を纏っています。

⑤デディカータ・ア・ヴェネチア(DEDICATA A VENEZIA)

ラウンド・ブリリアントカットダイヤモンドの四方にメレダイヤを配置し、花のような、折り紙のようなユニークかつ可憐な様子はヴェネチア島をイメージしたものとなっています。商品名のデディカータ・ア・ヴェネチアは「ヴェネチアに捧ぐ」という意味で、ヴェネチアが世界で初めて婚約指輪を交換するようになった都市ということから名づけられたようです。アームは手に馴染むシンプルなデザインで、センターダイヤモンドの輝きをより際立たせています。

⑥インコントロ・ダモーレ

指先を彩る精密に散りばめられたメレダイヤが特徴的な指輪です。中央に向かってV字に広がるようにデザインされておりラウンド・ブリリアントカットダイヤモンドをより大きく輝かせています。4つの爪と石座は重厚感たっぷりかつゴージャスなフォルムとなっています。一方でショルダーはV字のラインに合わせて透かしになっており、全体的にすっきりとした印象を与えるものとなります。

ブルガリの代表的な時計を紹介!

①ブルガリ・ブルガリ

ブルガリ・ブルガリは1977年に発表されました。ブルガリのマニュファクチュールとしての道を切り開いた同社初の時計のコレクションとなります。ベゼルに古代ローマのコインに丸く刻まれた文字にインスパイアされたダブルロゴが刻印されており、登場時に「最もアイコニックな高級時計」と評されました。大胆に配された12時と6時のアラビア数字と長いバーインデックス、そして細くストレートなラグは「ブルガリ・ブルガリ」の存在を印象づけています。

②ジェラルド・ジェンタ

ジェラルド・ジェンタは、ブルガリ時計の歴史において不可欠な、今は亡き伝説的な時計師チャールス・ジェラルド・ジェンタの設計思想を引き継いだコレクションとなります。そのコレクションは複雑機構をブルガリの独特なケースに収めるもので、特にジェンタが得意としたレトログラードとジャンピングアワーはコレクションの代表的な機構です。現在、コンプリケーテッド・ウォッチにおいても名声を得るブルガリは、このコレクションを礎として成長しました。

③オクト

オクトは、今やブルガリのアイコンといっても過言ではないコレクションとなります。オクトは2012年に発表されました。2004年にジェラルド・ジェンタが考案した八角形フォルムを踏襲し、新たな解釈を加えて誕生し、名前のとおり八角形をベースフォルムとしたコレクションです。

なかでも2014年に発表されたオクト・フィニッシモコレクションは、そのデビューから薄さへの追求が命題となっていることがわかります。またオクトのオリジナル(現 オクト オリジナーレ)は、他に類を見ない110面という複雑多面体構造も評されています。

④ディアゴノ

洗練されたラウンドケースが美しいディアゴノは、オクト同様、薄型設計で作られたスポーツモデルとなっています。ディアゴノの名は、古代ギリシャ語で「最も優れた者を選ぶ戦い」を指すAgonが由来となっており、多少派手な印象を与えつつも洗練された上品さを放っています。また、豊富なバリエーションが存在することもディアゴノの特徴です。

オーソドックスなステンレスクロノグラフやマグネシウムやセラミックといった革新的な素材を用いたモデルがラインナップされています。どのモデルもスタイリッシュなプロポーションを意識したデザインとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。婚約指輪は送る方も送られる方も大切なものとなっています。どのブランドがいいのか、ダイヤの大きさ、デザインをこだわる方はたくさんいらっしゃると思います。またそのこだわりをご自身の予算内で判断する必要もありますので、慎重に検討する必要があります。本記事で少しでもお役に立てれば幸いです。

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ