お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属・プラチナのコラム記事一覧 海外金相場の現状は?金・プラチナ相場は?今後の動向

海外金相場の現状は?金・プラチナ相場は?今後の動向

767_海外金相場

2022年大きな変動を見せているのは金相場だけではなく、原油・為替・株価など様々な相場がここ2年ほど大きな動きを見せています。しかし、今年の金相場に限れば、これを大きく動かす要素は、【ウクライナ情勢】・【コロナショック】の2つの要素があげられます。コロナショックについては、人・物の流通がマヒすることで経済が悪化し、またマヒするのではないかという不安を呼んでいます。間違いなく「金相場が高値で維持されている原因」となっており、コロナが収束し不安が解消するまでは金相場が下がる…ということはなさそうです。

また、ウクライナ情勢については間違いなく、金相場を上昇させる要因となっています。今月(2022年2月)の動きを見ても金相場が大きく上昇したのは2月7日からの10日間で、「今にもロシアがウクライナに侵攻する」という情報が流れ続けた時期と重なっています。私自身の考えとしては、「侵攻したら金相場が上がるかどうか」ということではなく「どうなるか分からない」という状況こそが金相場をずるずると引き上げてきた事に繋がります。ロシアがウクライナに侵攻して、どのくらい犠牲が出るか分からない。それに応じて西側諸国が、どの程度の規模で経済制裁するか分からない。よってどのような影響が経済に出るか分からないこの「わからない」「わからない」という一寸先は闇のような動きの速さ・不確定要素こそが「今は金を買っておこう」という動きにつながり、短期的なNYでの金相場上昇につながっています。

海外金相場の現状は?

2022年3月の金相場は、ウクライナ情勢の影響を受けながら変動しました。月初、1,900ドル付近でスタートすると4日にはロシア軍がウクライナ南部の原子力発電所を制圧したとの報でリスク回避姿勢が高まり金は1,965ドル付近まで買われました。

8日には米国のロシアからの石油や天然ガスの輸入禁止の決定でエネルギー価格高騰を見通した買いが入り、一時3月の最高値となる2,080ドル付近まで急伸しました。9日には米原油先物相場の下落でインフレ懸念が和らいだことで米国株が上昇し金は1,990ドル付近まで下落。14日にはウクライナとロシアの停戦交渉への期待感や米長期金利の上昇で金は売られ、16日には1,910ドル付近まで弱含みました。24日にはウクライナ情勢の不透明感の高まりや世界的な物価高騰の見通しの広がりから金は1,960ドル付近まで値を戻しましたが、29日にはウクライナとロシアの停戦交渉の進展見込みから一時3月の最安値となる1,890ドル付近まで値を下げました。31日にはウクライナ情勢が再び不透明となったことで金は買い戻され1,955ドル付近で3月の取引終了。月内レンジは1,890-2,080ドルとなっています。

金・プラチナ相場は?

金もプラチナも2004年頃から上昇スピードを速め、2008年前半にはプラチナは一時2,000ドルを超えました。その後リーマンショックで暴落。そして2009年以降再び上昇トレンドが続きます。2011年後半以降はプラチナの価格を金価格が上回り、金は1,600~1,800ドル、プラチナは1,400~1,700ドルの範囲でレンジ相場が続きます。金、プラチナともに2011年の1,800ドルがいったんピークに。プラチナはその後1,400~1,600ドル台でのレンジ相場へ。金は1,600~1,700台のレンジを経て2013年に入ると下落傾向が強まり、7月には1,300ドルを下回ります。2014年前半は金が1,300ドル前後、プラチナは1400ドル台での推移、後半にはプラチナの急落に伴い、金もプラチナも1200ドル前後へ。2015年には金は1000ドル台まで、プラチナは800ドル台まで急落。

今後の動向

今までに発掘された金のトン数は約18万トンで、未発掘の金の総トン数は約5万トンと言われています。それ以外の金のほとんどは、海底やマグマの近くなど発掘困難な地域に眠っていると予測されており、大きな技術革新が起らない限り、あと数年で掘りつくされてしまうのではといわれています。すなわち、金の価値が今後さらに高まっていくのではないかと予想されます。また、金の取引は世界中でおこなわれてるので、米ドルによって取引価格が上下することをご存知でしょうか?輸入品と同じように円安になれば金の価格は高騰する。しかし、金の価格は急激に上昇することは少なく、為替取引みたいに一瞬で価値がなくなってしまうといった心配はないでしょう。

まとめ

金には、24金〜9金までの純度が存在し、純度が高い程価値が高くなります。インゴッドやコインなどは純度99.99%の24金を使われています。ジュエリーは、加工がしやすく耐久性のある純度75%の18金を使用していることが多いです。過去10年間の価格をまとめると2009年は平均2,951円で2018年では平均4,543円と上昇しており、その差は1,592円です。金を高く売るコツとしては、付属品や保証書を付ける、円安のタイミングで売る、見積もりは複数業者に頼む、ブランド買取業者も視野に入れるといったことを念頭に置いておきましょう。金の価格は10年以上前から上昇傾向にあるので、世界情勢なども視野にいれながら金の売却時期を検討されるのも良いでしょう。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ