お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 取り扱いブランド一覧 非公開: ディオール ディオールの記事一覧 世界を魅了するクリスチャンディオールの軌跡を紹介!

世界を魅了するクリスチャンディオールの軌跡を紹介!

1669_ディオール デザイナー

ディオールはクリスチャン・ディオールというデザイナーが創設しました。創設1946年、クリスチャン・ディオールが死去したのが1957年なので、わずか12年の間に功績・印象を残しこの世を去っていったことになるのです。クリスチャン・ディオールの死後、イヴ・サンローランやジョン・ガリアーノといった数々のデザイナーによって支えられて今に至っています。そんなディオールの歴史についてクリスチャン・ディオールの生い立ちから創業時代、そして現在に向けてどんな変遷を辿ったのか迫ってみます。

ディオールの生い立ち

ディオールは1905年にイギリス・ノルマンディの裕福な家庭に生まれました。5人兄弟の2番目で、小さい頃からおとなしい性格だったそうですが、幼き頃から華やかな物、装飾品、デザインものなどに惹きつけられていましたが、その頃は自分が将来、デザインの仕事に携わるなんて想像もしていなかったそうです。建築物に興味も元々あり、特に装飾芸術に強い関心があったディオールは建築家になることを志します。しかし、両親は息子が外交官になることを望んでいたため、パリ政治学院に進学することになったといわれています。そんな中でも進学後は、新進気鋭のアーティストである友人に囲まれながら、古美術商と提携し、小さなギャラリーをオープンさせるなど、芸術界と密接に関わりながら過ごしていたといわれています。彼の装飾芸術の知識をもとにした感性やデッサン力は、当時の偉大なクチュリエ(裁断師)であるロベール・ピゲやリュシアン・ルロンに認められ、アシスタントとして働くことになりました。

著名なデザイナーであり、後にブランドを立ち上げたバルマンやジバンシィも上記のクチュリエから指導を受けており、互いに刺激を受けながら、ディオール本人の才能も開花していったといわれています。その後、独立しブランド”クリスチャン・ディオール”を立ち上げることになります。独立後、1947年に彼が提案した、なで肩で細く締まったウエスト・フレア型のスカートを用いた女性らしい優美化を表現したスタイルは、遠く離れたアメリカでも好評を博し、ニュールックという表現によって、クリスチャン・ディオールの世界観が広く認知されていきます。

ディオールの革新的デザイン

DIOR(ディオール)の創業は1946年です。ファッションデザイナーのクリスチャン・ディオールがパリにクチュールメゾンを開き、翌年にはファッションショーを開催し、ふたつのライン「コロール(花冠)」と「ユイット(8)」を発表します。「コロール」は肩になだらかな丸みをもたせ、ウエストを細く絞って、ロングスカートを組み合わせたスタイル。新しい時代を象徴するフェミニンなデザインが一躍脚光を浴びました。さらに、ニューヨークの女性ファッション誌・ハーパーズ・バザーの編集長、カーメル・スノウが「コロール」を“ニュールック”と呼んだことから、世界にその名が広まります。その後も「パーティカルライン」「オーバル」「チューリップ」「Aライン」などなど、モード界に大きな影響を与えるデザインを精力的に発表します。彼によって生み出されたファッションは時代を超えて愛され、今なお輝きを放っています。

『ディオール』はフレグランスやコスメティック部門にも力を注ぎ、1948年には香水部門を立ち上げます。1953年にはリップスティックを発売し、1956年にはかの有名なフレグランス「ディオリッシモ」が誕生します。創設以来、わずか10年の間にブランドは急成長を遂げてきましたが、ディオールは長年の不摂生が原因で、1957年に53歳という若さでこの世を去ります。しかし、その後も『ディオール』ブランドは、化粧パウダーやネイルエナメル、男性向けフレグランス「オーソバージュ」など、魅力あふれるアイテムを次々に発表します。新ブランド『ベビーディオール』の創設や、リストウォッチ事業への参入など、意欲的に事業を拡大していきます。

社会現象になるほどのヒット商品

『ディオール』は、他にも数多くのヒット商品を生み出してきました。1986年、スキンケア製品「カプチュール」を発売、1995年にはスリミングコスメのボディマッサージジェル「スヴェルト」が大ヒット、日本で発売されるやいなや百貨店前に商品を求める人たちが列を成し、社会現象になるほどの人気ぶりでした。バッグも、エレガントで機能性に優れていると評判です。なかでも故・ダイアナ妃が愛用したレザーバッグ「レディディオール」が有名ですね。

まとめ

生前、クリスチャン・ディオールは自らを“幸せの商人”と称したそうです。ブランド設立からわずか10年で他界した彼ですが、その志はファッション業界のトップアスリートたちに脈々と受け継がれ、進化を遂げながら、今もなお多くの人たちに幸せを与え続けています。

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ