お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 ブランド品 ブランド品のコラム記事一覧 コーチの新定番アイテム「スワッガー」

コーチの新定番アイテム「スワッガー」

1254_コーチ スワッガー

コーチの新定番アイテムとも言える「スワッガー」について解説します。

コーチの歴史

コーチは1941年、ニューヨーク・マンハッタンのソーホー地区にある倉庫スペースで、「ゲイル」という社名で創業したのが始まりです。立ち上げたのは、マイルズ・カーン、リリアン・カーン夫妻と6名の職人たちです。紳士向けの皮革製品を下請生産する小さな工房でしたが、卓越した技術を持つ腕利きの職人たちによる手仕事が人々の目に留まり、徐々にその名を確立していくことになります。

コーチを代表する革素材として「グラブタンレザー」がありますが、これは1961年のある日、カーンがアメリカの伝統的なスポーツである野球を見ているときに感じたある閃きから誕生しました。野球にはボールを受けるためにグローブを使いますが、グローブというのは革本来がもつ深みのある質感と使い込むほどに柔らかく、味わいが増すという特性に新しい可能性を感じたのです。

そして研究に研究を重ねた結果、耐久性に優れ、使い込むほどに柔らかくしなやかになるグラブタンレザーの開発に成功したのです。1960年代には、グラブタンレザーと職人技を駆使して作り上げた12個のバッグを「コーチ」のブランド名を冠して発表すると、耐久性の高さと丁寧な手仕事による品質の良さからコーチのバッグが大人気となります。時を同じくして、社名もゲイルからコーチ(COACH)に変更します。どこにでもあるような小さな皮革工房が快進撃を成し得た背景には、徹底したクラフトマンシップがありました。

1962年、コーチはデザイナーに「ボニー・カシン」を迎えます。ボニー・カシンには「女性のためのバッグ」という明確なビジョンがあり、ビジョンを実現するためにハンドバッグに革命を起こしました。その革命アイテムこそが「カシン キャリー」です。買い物袋からインスピレーションを受けたカシン・キャリーは、丈夫なハンドル部分と外側にポケットをつけたこれまでにない斬新なバッグでした。

1973年には、グラブタンレザーの性質を存分にいかした「ダッフルサック」を発表し、発表後すぐに人気商品となりました。当時は若者を中心に、カジュアルファッションが流行しつつある時代で、若者向けの雑誌にコーチのダッフルサックが掲載され、一気に注目を集めるようになります。カシン・キャリーがデザイナーに就任し、人気バッグを次々に打ち出してきたコーチですが、その人気は”地方ブランドとしての人気”だったのです。

コーチのバッグはアメリカ北東のデパートの一角でしか販売されておらず、売り上げもまだまだ多くありませんでした。そこでコーチは、元ニューヨーク市長であったビジネスマン「ルー・フランクフォート」を雇います。

ルー・フランクフォートは、バッグの販路拡大に向けカタログ作りや直営店の展開など、様々な施策を実行しました。そうした施策によって、売り上げの上がらなかったコーチをアメリカ全土に知れ渡るブランドに導いたのです。

ルー・フランクフォートの登場により、クラシックなモノづくりを得意とするブランドとして頭角を表してきたコーチ、しかし、その勢いは時代の流行変化から低迷期を迎えることになりました。それまで、モードでクラシカルなスタイルが定番とされてきましたが、徐々に軽みのある素材やラフに着られるカジュアルファッションが主流となりました。

クラシカルなデザインが売りのコーチのバッグとカジュアルファッションの相性は悪く、顧客のニーズに合わなくなってしまっていたのです。そんな状況を打破するべく、コーチはトップデザイナーに「リード・クラコッフ」を迎え入れます。リード・クラコッフはそれまでのクラシカルなデザインを一新し、ナイロン素材を使ったラフな「ネオ・コレクション」を発表しました。ネオ・コレクションをきっかけに、コーチのデザインは「クラシカルなデザイン」から「ラフに使えるカジュアルライクなデザイン」へと転換していったのです。

2001年には、コーチの歴史的発見ともいえる「シグネチャー・コレクション」が発表されました。COACHのイニシャル「C」をモノグラムで表現したデザインは、今やコーチのアイコンとも言えるほどの人気ぶりです。その後のコーチの人気は言うまでもなく、世界的トップブランドの地位を確立しました。地位を確立した今でも、コラボ作品や新作アイテムを発表し、常にブランドの進化を追求し続けています。

コーチの新定番アイテム「スワッガー」

そんなコーチの人気バッグであるスワッガーをご紹介します。

クリエイティブディレクターのスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)が発表した「スワッガー」は、コーチのアイコニックなターンロックが特徴のバッグで、価格は6万8,000円〜10万5,000円です。スワッガーは2015年に発表されると、コーチの次世代バッグとして瞬く間に人気を得ました。歴史あるブランドながら常に進化し続けるコーチは、クラシカルなデザインから斬新なデザインまで様々なバッグを創り続ける、コーチの新しいアイコンバッグとして地位を確立しました。

スワッガーは「粋な」、「スマートな」という意味です。コーチのバッグはCCロゴマークのシグネチャーラインが有名ですが、元は1960年代初頭に、使い込むほど味が出る「野球グローブ」をヒントに誕生し、革製品に定評がありました。スワッガーはコーチの持つ革加工技術を用い、トート型のクラシカルなフォルムながら、洗練されスタイリッシュな感覚も持ち合わせています。コーチの革加工は数多くありますが、中でも特に人気のあるぺプルドレザーをスワッガーでは使用しています。

ぺプルドレザーとは皮の表面に凹凸を付けることによって、固い牛皮を柔らかくすることができ、馴染みやすく、傷や汚れを目立たなくさせるメリットがあります。ここでもファッション性と機能性を同時に取り入れたコーチのこだわりが見られます。スワッガーはコーチの中で特に人気の高いバッグで、デザイン性と機能性の両方を兼ね備えています。2wayなので、ハンドバッグやショルダーバッグとしても使用できます。名前の通り、自分らしく使えるのが魅力です。またスワッガーの特徴のひとつが末広がりのフォルムです。この形が小ぶりなサイズでも収納力を高める秘密になっています。

スワッガーはデザインも豊富に揃っていて、コラボの限定品も人気です。だからこそ実際に購入する時、迷うことがあります。バッグは日常的に使用するものなので、デザインだけで選ぶわけにはいきません。ご自身が一番使いやすいサイズであるか、考慮する必要があります。その点、スワッガーには数多くのサイズが用意されているため、好みのバッグが簡単に見つかります。また、どのサイズにも共通して、長さを調節できるストラップが付いています。これを取り外すとハンドバッグとして使用できます。

スワッガー20は縦幅が15センチ、横幅が20センチです。奥行きは10センチなので全体的にコンパクトです。一番小さいですが、長財布やポーチなども収納できるので使いやすいです。スワッガー27はもう少し大きく、縦幅が20センチで横は27センチです。奥行きは14センチなので、B5サイズのノートなども収納できます。もちろん長財布なども入るため、通勤やフォーマルな場所にもぴったりのサイズです。収納力抜群のスワッガー37は縦幅が27センチで横幅が37センチ、奥行きは18センチになっています。A4の書類まで入る便利なバッグです。

スワッガーのさらに素晴らしいところは、カラーバリエーションが豊富に展開されている点です。定番のカラーはもちろん、遊び心のあるマルチカラーまで揃っています。カラーによって使用されている素材も変わってきますが、一番人気があるのはやはり場所や用途を選ばない黒です。カーフが使用されており、汚れが目立たない仕様になっています。光沢感が強いと傷がついた時に目立ちますが、カーフの黒は気になりません。

また、耐久性が優れているため、少し乱暴に扱っただけでは傷がつくこともありません。通勤だけではなく、フォーマルな場所にも適しています。次に人気があるのはチョークで、色合いが柔らかいため女性らしさを感じさせます。どんなコーディネートとも合うアースカラーのチョークならデートやお出かけにもぴったりです。

こうした定番のカラーだけではなく、レインボーも人気を集めています。部分ごとに色や素材が異なるため、個性的なデザインに仕上がっています。スワッガーならではの上品さや高級感は維持されており、バッグが主役のお洒落をしたい時に活躍します。

ブランド品に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ