お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 ブランド品 ブランド品のコラム記事一覧 カルティエ人気モデルCドウの評価は?

カルティエ人気モデルCドウの評価は?

395_c ドゥ カルティエ バッグ 評判

カルティエは、フランス生まれの高級ジュエリーブランドとして有名で、世界5大ジュエラーの1つでもあります。世界中の王族が愛用する格式高いブランドであり、1904年には、すでにイギリス国王のエドワード7世が「王の宝石商、宝石商の王」と評価するほどの地位を確立していました。こうした特別な価値を持つため、日本では結婚指輪や婚約指輪の定番にもなっています。ジュエリーのイメージが強いカルティエですが、実はバックにも様々なモデルがあり人気の一つでもあります。中でも「Cドゥ」は女性に人気のバックになります。
ではCドゥとはどんなバックなんでしょうか?ここで紐解いてご紹介いたします。

カルティエとはどんなブランド?

そもそもカルティエとはどんなブランドなんでしょうか。カルティエ(Cartier)はフランスのパリに本社を置く、名門の宝飾高級時計ブランドです。創業者のルイフランソワによって、1847年に設立された工房がルーツにあたります。社名は創業者の名字に由来するもので、代々受け継がれて現代にも続いています。

このブランドは、かつてのフランス国王エドワード7世に、「王の宝石商そして宝石商の王」と称えられたほどです。1872年には、息子のアルフレッドが共同経営者に招き入れられ、1898年にはアルフレッドの息子ルイと一緒に共同経営者となります。社名はこの時アルフレッドカルティエ&フィスと変更されています。

1904年になると、英国のエドワード7世やスペインのアルフォンソ13世の御用達に認められます。経営を引き継いだ息子達は、見事に創業者の魂を受け継いでおり、ポルトガル国王やロシア皇帝にシャム国王の御用達の座を次々と獲得します。名声は揺るぎないものとなっていて、一般に愛されるようになった現在でも、ブランドの魅力が輝き続けています。

では、カルティエ(Cartier)の魅力とはなんでしょう?カルティエ(Cartier)の魅力は、やはり芸術的でセンスに溢れているデザイン性にあります。実際にデザインの現場でも、芸術作品を生み出すつもりで試行錯誤が行われています。つまり、このブランドの商品は身につけられる芸術作品といえるので、150年以上もの間愛され続けているわけです。

フランスの歴史と共にカルティエあり、まさにそういった歴史の重みを背負っています。作品とも呼べる商品の数々は、それぞれに物語が込められていて、当時の時代が反映されているのが共通点です。商品を身につけたり眺めることで、内面や裏側にあるフランスの歴史が見えてくる、そんな感覚さえ味わわせてくれます。

魅力的なジュエリーを提供する企業、工業的に時計の技術が優れているメーカーは珍しくありませんが、両方共に兼ね備えているブランドは限られます。また、芸術性で常に驚きを与えてくれるブランドも、このブランドを除けば数えるほどになるでしょう。商品はどれも、古いフランスの物語があるのに古さを感じさせない、これも不思議な魅力で人々を惹き付けます。

世界的なブランドのカルティエ(Cartier)は、日本に限らず国内外に愛用者が数多くいます。芸能人では俳優の中尾彬さんがパシャを、お笑いのカンニング竹山さんがタンクを身につけていることで知られます。トレンディで有名な舘ひろしさんもパシャを愛用していますし、ニュースキャスターの関口宏さんはサントスを選んでいます。

女優のともさかりえさんは、タンクを赤いベルトに変更し愛用していることで有名です。このように、芸能界にはカルティエ通が数多く存在しており、スポーツ界を含めれば膨大な愛用者がいることになります。大相撲力士の白鵬関は、18カラットのダイヤモンドをあしらったサントスの愛用者です。ピンクゴールドで可愛らしいデザインですが、男性も身につけられるほど魅力的だということが分かります。海外では俳優のジョニーデップ、イギリスのキャサリン妃も身につけていて注目を集めます。これだけ幅広く身につけられているのはカルティエならではで、愛用者のイメージを固定させることなく、魅力を引き出しているところが流石です。

カルティエはジュエリーだけじゃない!バックも人気!

カルティエバッグは主に下記の4種類に分けられます。

 

・ハンドバッグ

・2wayバッグ

・ショルダーバッグ

・ビジネス(トート)バッグ

 

使う用途に合わせて、好みのバッグを選ぶのがおすすめです。まずは、種類別の特徴を紹介します。

 

・ハンドバック

手に持ったり、腕にかけたりしてコーデを楽しむハンドバッグ。カルティエのハンドバッグは「収納力に優れたバッグ」というよりも華やかな印象のものが多く、エレガントコーデによくなじみます。

 

・2WAYバック

2wayバッグは、ハンドバッグとショルダーバッグの両方で使えるバッグ。さまざまなコーディネートに合わせやすく、使いやすいのも魅力です。カルティエでは2wayバッグが豊富にそろうので、どのように使うかを見極めて選びましょう。

 

・ショルダーバック

肩にかけて使用するショルダーバッグ。ショルダーバッグはカジュアルアイテムに見られやすいですが、カルティエのショルダーバッグなら落ち着いた見た目で大人コーデにもハマります。

 

・ビジネス(トート)バック

ビジネスに適したトートバッグ型のバッグで、普段使いのバッグにも重宝するタイプ。カルティエのビジネスバッグはシンプルデザインが多いため、どんな服ともよく合います。使いやすさや大きさもビジネスに最適なものが多く、通学にもおすすめです。中でも人気が高いのが「Cドゥ」シリーズです。

 

では何故人気が高いのか紐解いていきましょう。

カルティエ Cドゥバックの概要と評価

Cドゥ カルティエは、2015年にデビューしたバッグコレクションです。Cドゥ カルティエというとジュエリーではお馴染みのライン。そんなラインから生まれたバッグだけに宝石にインスピレーションをうけた美しいカラーがポイントになっています。カルティエらしいとても落ち着いたバッグなので、どんな場面であってもその気品溢れる姿がマッチすることは間違いありません。

バッグのフロント部分にはCartierのロゴが箔押しされ、シンプルなバッグの中にブランドとしての存在感をさりげなくインプットしています。サイドには2つのコンパートメントがついており、センターにジッパー付きのコンパートメントを備え、上から見るとバッグインバッグのような形になっていて、とてもユニークです。センターは大きくガバッと開くので、収納力と整頓力のあるバッグになっています。また、ハンドバッグとしてだけではなく、ショルダーストラップも付いているのでショルダーバッグとして使えるのものポイントが高いですね。

カラーはオニキス、コージライト(グレー)、ローズ、カルセドニー(ホワイト系)といった定番カラーから、レッドスピネル、アメジスト、ターコイズ、ガーネットといった鮮やかなカラーまで豊富に取り揃えられており、ファッションスタイルに合わせたコーディネートを選ぶことが出来ます。カラーを選ぶだけでも迷ってしまいますが、ご自分のカラーコーデを考えながらCドゥ カルティエのカラーを選ぶというのはウキウキするほど楽しいです。上質なトリヨンレザーとスタイリッシュなフォルムを兼ね備えた限定バッグで、女性の心をくすぐるカルティエらしいバックです。

女性の間では、美しいカラーバリエーションと収納力、ショルダーストラップが付属され、ハンドバッグとショルダーバッグの2wayで使えるのも支持される理由のひとつです。スタイリッシュなデザインで、派手さは抑えられているので通勤にも使えますし、女性らしいフォルムでお出かけにもしっかりと合います。

まとめ

世界的にも有名なカルティエというブランドで、やはり一番認知度が高いのはジュエリーや時計が多いです。しかしながら、シンプルで洗練されたデザインのバックも、カルティエの魅力の一つではないでしょうか。中でもCドゥバックはミニサイズなどもあり、その人気は高まる傾向にあります。様々なシーンで使い勝手のいいカルティエのCドゥバックを是非、その手に取って確かめてみて下さい。

ブランド品に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ