お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 ブランド品 ブランド品のコラム記事一覧 もう子供っぽいなんて言わせない!大人のスニーカーコーデはPRADAで決まり!

もう子供っぽいなんて言わせない!大人のスニーカーコーデはPRADAで決まり!

544_大人 の スニーカー コーデ

スニーカーは私たちにとってなくてはならないアイテムですよね!毎日履くものであり、だからこそこだわりたいアイテムです。でも、スニーカーの合わせ方によっては人から幼く見られたりバランスが悪くなったりと嫌な経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな苦い経験のある方も安心の大人コーデについて紹介していきたいと思います!もうまわりから子供っぽいなんて言われたくない方必見です!

PRADAの歴史

PRADAのスニーカーを語るうえでプラダのルーツは欠かせません。ここではハイブランドPRADAの発祥についてご説明していきたいと思います!まずPRADAが開業されたのが、1913年。マリオプラダとマルティーノプラダの兄弟がミラノの中心に現在のPRADAの前身であるフラテッリ・プラダを創業しました。世界の上質な革を使った製品はとても評判がよく王室御用達のブランドとなりました。幸先のよいスタートに見えるPRADAですが、良いことばかりではありません。1958年に創業者のマリオプラダの死去をうけマリオの娘が後を継ぎましたが、営業不振がつづきPRADAの長きにわたる低迷期が始まりました。そんなPRADAの低迷期に終止符を打ったのがマリオの孫娘であるミウッチャ・プラダです。

ミウッチャ・プラダは1950年にミラノに生まれました。その後進学したミラノ大学では社会学部政治学科を専攻。なんと博士号まで取得した人物です。そんなミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任し彼女の独特な感性によるデザインと、これまでと全く違った革新的な素材の活かし方によりこれまでの低迷期とは一転、PRADAは世界的な賞賛を浴び、ミウッチャ・プラダほど女性らしいデザインを表現できるデザイナーはいないと大絶賛されました。ミウッチャ・プラダにより改めて世界にプラダのデザイン性の高さ、革製品の質の良さが再認識されたのです。また、現在では知名度の高いPRADAのアパレルや靴ですが実は発売されたのは比較的最近のことなのです。1985年に靴、1989年には婦人服、そして1994年に紳士服と1990年代前後にアパレル分野にも進出しました。皆さんもご存じのMIUMIU(ミュウミュウ)も1994年頃に設立しミュウミュウというブランド名はミウッチャ・プラダの幼少期のニックネームから付けられました。

1990年代には数々の新商品の展開をすすめながらも美術プロジェクト、プラダ財団を設立。さらにはファッションブランド同業他社などの買収も行い、今のPRADAのように手広く事業を進めだしたのもこの頃です。しかし2000年代以降には、経営難もあり前述の1990年代に買収した多くのファッションブランドを手放しました。華やかなファッションブランドの最先端を行くPRADAですが、歴史を振り返ると様々な苦労や経営難、工夫を凝らして現在のPRADAにたどり着いたのが分かりますね。PRADAを語るうえでミウッチャ・プラダの功績は輝かしいものだと思います。

経営者としてはもちろん、デザイナーとしても稀有な才能を発揮した彼女は世の女性たちの憧れなのではないでしょうか。なお現在のプラダ・グループの経営者はかのミウッチャ・プラダの夫であるパトリッツィオ・ベルテッリが務めております。

現代におけるPRADAとは

これまでPRADAの歴史や沿革をご紹介してきましたが、現代におけるPRADAはどのような商品を発売し、どんなブランドなのでしょうか。ご説明いたします。PRADAは皆さんご存じイタリアのラグジュアリーブランドです。メンズやレディースのバッグやアクセサリー、さらには洋服、アイウェア、フレグランスと幅広く展開しています。その洗練されたデザインや良質な革を使った製品には定評があり、国内の芸能人はもちろん海外の有名セレブや、著名人も愛用しており世界のPRADAと呼んでも過言ではないでしょう。また、近年においては若者を中心に洋服にも注目が集まっています。以前より高い評価を得ているPRADAの製品ですが、やはり近年ハリウッドセレブや韓流ブームなどもありカニエ・ウエストやG-DRAGONなどの著名人がメディアの前で着用し愛用している姿がお茶の間に届けられていることも若者の間で人気が出ている理由の一つなのかもしれません。

PRADAのロゴは?

現在の代表的な逆三角形のロゴが誕生したのは1990年代です。ナイロン素材のポコノシリーズの発売と共に有名な逆三角形のロゴが登場しました。ロゴが三角形の理由は動きを表し、さらにその動きを表す三角形を逆向きに使うことでPRADAの信念でもある「止まらない」「常識を変えていく」という強いブランドイメージが込められています。ブランドコンセプトでもある常識の逆をいくというメッセージが強く表れていますよね。また以前より使われているロゴに関しては沿革にてご説明させて頂いた1919年にイタリア王室御用達となったことにより王室よりサヴォワの国旗である力強い十字の紋章とロープの印をロゴとして使うことを許可されたことが由来です。どちらのロゴもメッセージ性に富んだPRADAらしい独創的なデザインですよね。このようにPRADAをはじめファッションブランドのロゴには様々なメッセージが込められているものがあります。皆さんがお使いになられているブランドのロゴについても調べてみると面白いかもしれませんね。

PRADAの人気スニーカーとは

それではいよいよPRADAの人気スニーカーについてご紹介させて頂きます。ファッションブランドではありますが、やはり世界から認められているハイブランドだけありお値段も通常のスニーカーより高めのものもありますが、大人のスニーカーコーデを表現するのには欠かせないアイテムといえます。独創的なデザインのものやカラーなど魅力的なものがたくさんありますが、人気スニーカーについてご説明いたします!

●adidas for Prada Re-Nylonシリーズ
こちらはスポーツブランドとして世界的な知名度を誇るadidasと世界的ブランドのPRADAがコラボしたスニーカーです。発売されればすぐに売り切れ状態になるほど人気が高く、一部コレクターやマニアの間では高値で取引されるほど人気があります。ファッションブランドとして独創的なデザインを取り入れているPRADAですがスニーカーにもそのエキスが組み込まれ私たちユーザーを楽しませてくれます。こちらのスニーカーですが、なんとスニーカーにミニポーチが付いています。脱着可能となっており、今までのスニーカーにはなかった新しいデザインとして世界から注目されています。

●プラダ ダウンタウン
こちらは一言で申し上げますと、シンプル!
だからこそ、PRADAの良さが生きています。常にアッと言わせるデザインを展開してきたPRADAが逆の発想で王道のシンプルなスニーカーを発売することはもはやそれだけでオシャレな気がしますよね。実際、PRADAが発売しているスニーカーの中でもプラダ ダウンタウンは最もシンプルかつ王道のデザインとなっておりユーザーから根強い人気があります。独創的なデザインを展開しているPRADAだからこそ価値がある一品です。
また、今回の最も大事な大人コーデという趣旨にぴったりの一足となっており一見、カジュアルでシンプルなスニーカーですがハイブランド PRADAらしい上質なデザイン、細やかな造りどれをとってもあなたのおしゃれ度を一段階引き上げるアイテムとなってくれるでしょう。

●PRADA PRAX 1
こちらはスポーティな中にもPRADAらしさを表現した一足です。洗練されたデザインにより着用したユーザーの足元をすっきりオシャレに見せ、コーデとしてはスラックスなどの綺麗めなパンツスタイルやシンプルなパンツにも違和感なく合うのではないでしょうか。
PRAX1はメンズにも非常に高い人気があるスニーカーですが、ユニセックスとなっており女子からの人気も高いモデルとなります。大人女子がPRAX1を履いて颯爽と歩いている姿を想像しただけでもカッコいいですよね!

まだまだPRADAには魅力的なスニーカーがたくさんありますが、一部の人気スニーカーや王道のスニーカーをご紹介させて頂きました。どれも素晴らしいデザインで思わずほしくなっちゃいますよね!

まとめ

今回は、大人のスニーカーコーデにぴったりなPRADAのスニーカーをご紹介させて頂きました。PRADAの歴史やロゴに隠された秘密・ユーザーに向けられたメッセージなどもご紹介させて頂きました。長い歴史を誇るPRADAが作るスニーカーはどれも素晴らしいものばかりでしたよね。これまでまわりから子供っぽいコーデと言われて悩んでいた方は是非今後、王室御用達のブランド PRADAが作るデザイン性あふれるスニーカーを着用されてみてはいかかでしょうか。

ブランド品に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ