お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 ブランド品 ブランド品のコラム記事一覧 ティファニーといえば、どんなブランド?

ティファニーといえば、どんなブランド?

719_ティファニーといえば_横

ティファニーは、世界5大ジュエラーのひとつとして知られる米国の高級宝飾店です。長い歴史の中で優れたデザイナーを輩出し、数々の名作を誕生させました。

ティファニー(ジュエリー)の歴史

・1837年

ティファニー社を創業します。チャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・B・ヤングが米国ニューヨークのマンハッタンに文具雑貨店「ティファニー・ヤング&エリス」をオープンしたのが始まりです。

 

・1853年

「ティファニー&カンパニー」と社名を変更、チャールズ・ティファニーによってジュエリー販売を中心にビジネスを展開します。

 

・1845年

メールオーダーカタログ「ブルーブック」を発行します。コマドリの卵から着想を得たブルーの表紙の色は、現在も「ティファニーブルー」としてブランドを象徴するカラーとなりました。この色は、後に特許を取得しています。

 

・1851年

ティファニー社が米国内初のシルバー純度基準を925/1000に設定しました。また、「信頼できる」という意味合いの「STERING」と名付けて、スターリングシルバーとして地金品位のブランドを確立、世に広めました。

 

・1878年

287カラットの大きなイエローダイヤモンドの原石を購入します。後に128.54カラットにカットされ、「ティファニー・ダイヤモンド」と命名、映画「ティファニーで朝食を」の広告で有名になります。現在もブランドを象徴するダイヤモンドとして、ニューヨーク本店に展示されています。

 

・1886年

ダイヤモンドを6本爪により高い位置で留めた「ティファニーセッティング」を発表します。光をあらゆる角度から取り入れ大きく反射するよう開発したセッティング法で、現在は婚約指輪の定番となりました。

ティファニーの宝石の歴史

1902年、ティファニー社の宝石学者ジョージ・F・クンツが新しい宝石を発見します。発見者の名にちなんで、クンツァイトと命名しました。同年、創業者チャールズが亡くなり、息子のルイス・カムフォート・ティファニーがビジネスを継承します。ルイスはデザインディレクターとして活躍し、アール・ヌーヴォーの先駆者となりました。その後、ジャン・シュランバージェ、エルサ・ペレッティ、パロマ・ピカソなどをデザイナーとして迎え、ティファニー独自の芸術感に満ちた作品を続々と世に送り出しました。

1968年10月、ティファニーは新しい宝石である「タンザナイト」を発表します。この宝石は最初ルビーを探していたアマチュアのコレクターのマニュエル・ト・スーザーが、東アフリカのタンザニアのアルーシャ地区メレラニ鉱山で偶然に見つけたもので、当初サファイアだと勘違いしていましたが、鑑別を行ったところゾイサイトの変種だということがわかりました。

ゾイサイトと言えば元々不透明でピンクや緑色のものしか確認されておらず、当時この青色のゾイサイトの発見はとても話題になりました。これをティファニーが1968年10月に大々的に「タンザナイト」として発表します。ティファニーはこのサファイアのように美しいゾイサイトの販売展開させるためにタンザニアの夜の色をコンセプトに『タンザニアの石=タンザナイト』と名付けました。「ゾイサイト」という名前が、英語で自殺という意味の「スイサイド」に似ているからという理由があった様です。

1999年には、数十年間の研究を経て開発されたダイヤモンドカット法「ルシダ」を発表します。独特なカットのルシダはフェイスアップで見ると8角形の形をしており、1970年に発表されたプリンセスカットとは異なり、ルシダのダイヤモンドは、ガードルから上半分のクラウンが高くカットされています。また、パビリオンがラウンドブリリアントと同じ面数である25面からできています。名前の由来は”一つの星座の中の一番明るい星を指す”という天文用語で、ダイヤにレーザーで「ルシダ」と刻印されていました。

創業175周年記念となった2012年には、ブランド独自が開発した新しい金属「ルベドメタル」を発表しました。「Rubedo」はラテン語で「赤」の意味で、夜明けの光にインスピレーションを得た繊細なバラ色の輝きを表現しているとのことです。金属の成分をあえて発表しないことが巷で話題になることに繋がり、ティファニーの「狙い通り」の評判となりました。2020年には世界最大のコングロマットLVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)の傘下となります。

ティファニーのイメージや、デザイン性

ティファニーを象徴するのは、「ティファニーブルー」と呼ばれる独特の青色です。ブティックの内装をはじめ、袋、箱などの包装のほか、食器や雑貨などのアイテムにも使用されています。一目でティファニーと分かる色は、プレゼントとして受け取った瞬間に胸が高まるといわれるアイコニックなカラーです。またティファニーのジュエリーは、すべての年齢層が着用できる素材やデザインを展開しています。カジュアルなシルバーから3色のゴールド、高級感あるプラチナやダイヤモンまで、予算や目的に合わせてジュエリーを選ぶことができます。レディースのほかメンズやユニセックスも揃うので、パートナーとペアでの着用が可能です。

ダイヤと言えばティファニー、ティファニーと言えばダイヤ

今日では女性の憧れとなったダイヤモンドですが、アメリカでは19世紀の半ばまで一般的ではありませんでした。多くのアメリカ人にとって、ダイヤモンドとの最初の出会いはティファニーだったといわれています。「キング オブ ダイヤモンド」と呼ばれた創業者がヨーロッパからアメリカに初めてダイヤを持ち込んで以来、ティファニーは今もなお世界的なダイヤの権威として君臨し続けています。世界最大級といわれる128.54カラットのジュエリー「ティファニー ダイヤモンド」など話題にもこと欠きませんが、ティファニーがダイヤの代名詞である理由は、その高い品質への徹底したこだわりにあります。

ティファニーが重要視しているのは?

ティファニーのダイヤが特別である理由の1つは「カット」にあります。世界でも超一流といわれるティファニーのクラフトマンたちが優先するのは、大きくカットすることではなく、ダイヤの輝きを最大限に引き出すことです。それぞれダイヤの個性に応じて切子面が配置され、熟練の技術によりダイヤ本来の輝きを最大限に引き出していきます。例えば、ティファニーの看板デザイナーとして活躍したエルサ・ペレッティによる傑作として名高いジュエリー、ネックレスの「バイザヤード」、ダイヤが小ぶりにもかかわらず存在感があり、どの角度から見ても同じような美しい輝きを放ちます。

不完全なダイヤは、ティファニーにおいて認められない?

ダイヤの純度を測る「クラリティ」もまた、ダイヤの品質を決める重要な要素です。ティファニーでは、ダイヤのグレードを測定する際、グレーゾーンにあるものを低い等級のものと判断します。それはつまり、ティファニーのジュエリーに採用されているダイヤはどれも高品質でワンランク上の価値があるということです。加えて「カラー」へのこだわりも見逃せません。ダイヤは無色に近いものほど価値が高いとされますが、ティファニーのダイヤになれるのは、無色もしくはほぼ無色とジャッジされるものだけとなります。これは世界に流通するダイヤのうち、なんとわずか0.04%です。こだわり抜いたティファニーダイヤの魅力を最大限に引き出すデザインとしておすすめなのが、ソレストリングです。気品溢れる美しい佇まいは、他に類を見ないほどの洗練された豪華なリング、ごまかしがきかないシンプルなデザインは、ティファニーのダイヤに対する自信の大きさを物語っています。

まとめ

ティファニーは、今もなお数多のハリウッドセレブにも愛用されるブランドです。名作映画「ティファニーで朝食を」によって、一層憧れのブランドへと昇華させた方も世界中にはたくさんいます。そんな世界的名ブランドのティファニーを、「買取大吉」は高価での買取を致します。ぜひ、お任せください!

ブランド品に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ