お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

価値が下がりにくい資産価値のあるネックレス

891_価値 の 下がら ない ネックレス

腕時計が資産となり、投資対象となることはよく知られていますが、ネックレスも同じく資産価値をもつことはあまり知られていないのではないでしょうか。投資対象としてネックレスを選ぶメリットは、資産価値が安定している点にあります。たとえば不動産や株式といった投資対象は、あらゆる要因によって値下がりするリスクがあります。
一方でネックレスは、中古であっても価値のあるものならば、購入時とほぼ同じ、場合によってはより高い金額で売却できる可能性があります。男性の資産ともなる装飾品の代表格が腕時計なら、ネックレスは、女性ならではの資産的な装飾品であるいえます。この記事では、自分で身につけることを楽しみながら、価値が上がれば利益を得られる資産としてのネックレスについて解説します。

ネックレスの価値はどのように決まるのか

ネックレス価格は、ルース(裸石)や地金の価値、そしてデザイン料や加工賃を加味したブランド価値で形成されます。

 

・高くてもハイブランドジュエリーを選ぼう

一般的に、ノーブランドよりブランドネックレスの方が価格面で圧倒的に有利です。例えば0.5カラットダイヤモンドリングの場合、「キングオブダイヤモンド」とも称されるハリーウィンストンなら定価の4~5割で取り引きされることも珍しくありません。カルティエ、ブルガリなどの老舗ジュエラーのネックレスも、買値より高く売れる傾向があり、特に人気が高いヴィンテージ物なら驚くほどのプレミア価格が付くことも珍しくないと言われます。

 

一方でノーブランドだと、商品によってばらつきはあるものの定価の1~2割が相場です。ハイブランドネックレスの場合、優れたデザインやブランドストーリーに皆が憧れを抱いています。さらに、品質面で再上質のルースを使用している(と誰もが思っている)ので、その分価格が上乗せされるのです。ルースの品質は鑑定書で見極めよ!

ダイヤモンドの場合ルースの品質を左右するのが、カラット(carat)、クラリティ(clarity)、カラー(color)、カット(cut)の4つで、頭文字をとって4Cとも呼ばれます。とはいうものの、宝石の素人がプロの鑑定士のように真贋を見極めるのは不可能です。そこで頼りになるのが、鑑定書です。まがい物が多いのも実情ですが、カリフォルニア州カールスバッドに本拠地を置く鑑定機関GIA(米国宝石学会)の他、AGTジェムラボラトリーやCGLダイヤモンドグレーディングレポートサービス(中央宝石研究所)なら信頼がおけます。その他、鑑別書も目を通しましょう。処理石・模造石・合成石でないことが確認できます。希少価値のある裸石に的を絞れブランドネックレスと高品質に注意を払えば高くは売れそうですが、それだけでは儲けることはできません。

最後のポイントは裸石の希少性、しかも大きければ大きいほど価値が出ます。残念ながら一般的なダイヤは流通量も多く、5年前に比べて価格は+4%、ほぼ横ばいのレベルです。10年前になりますが、クリスティーズ・オークションで約36カラットのブルーダイヤが22億円で落札されました。1カラットあたりでも約6,000万円です。バイヤー宝石商のローレンス・グラフ、彼は将来それ以上の価値が出ると見越したのでしょう。この他に、アーガイル鉱山産ファンシーピンクダイヤも、希少性の高さから人気を集めています。

ダイヤ以外でも、オイルの含浸処理を施していないエメラルド、幻とも呼ばれるカシミール産ブルーサファイアなどは希少性が高いと言われています。

世界5大ジュエラー

ネックレスの相場は常に変動しますが、値崩れしにくく相場が安定しているジュエリーブランドであれば価値が下がりにくいでしょう。ブランド価値が加わることで買取価格が大きく上がるため、新たに購入するのであれば有名な世界5大ジュエラーブランドを選んでみると良いかもしれません。5大ジュエラーとは、世界的な知名度と人気の高さを誇る5社の高級ジュエリーブランドを指す呼称です。具体的には、以下のジュエリーブランドが5大ジュエラーに該当します。

 

・ティファニー(Tiffany&Co.)

ティファニー(Tiffany&Co.)は1837年に創業され、ティファニーブルーでよく知られています。そうそうたるジュエラーのなかでは珍しくアメリカから生まれたブランドです。オープンハート、アトラス、バイザヤードなど、シンプルでありながらスタイリッシュな数々のシリーズ全てがデイリー使いしやすいデザインです。馴染みやすいデザインと手の届きやすい価格、シルバーアクセサリーが多いことなどで、幅広い層から愛されています。そしてティファニーは「キングオブダイヤモンド」と呼ばれるほど、ダイヤにこだわってきた歴史を持ちます。ティファニーの高品質なダイヤ製品は価値が下がりにくく、中古でも高値が取引されています。

 

・カルティエ(Cartier)

1847年に創業したカルティエ(Cartier)は世界屈指のジュエリーブランドです。多くの国の王室御用達ブランドとして格式高く、アールデコ調の洗練されたデザインや、宝石をより上品に際立たせるカット技法など、ジュエリー史に多くの功績を残しています。カルティエはハイクラスなものから手ごろなものまで幅広い価格帯があり、多くの消費者がジュエリーを楽しむことができます。またジュエリーだけでなく時計もカルティエのラインナップには欠かせません。ラブ、トリニティ、パンテールなど定番シリーズは時期問わず高く売れる傾向です。

 

・ブルガリ(BVLGARI)

ブルガリ(BVLGARI)は1884年にイタリアのローマで創業されました。古代ローマの伝統や歴史、蛇や自然をモチーフにした独創的なデザインが特徴。ローマ建築のコロッセオをイメージしたビーセロワンや、蛇がモチーフのセルペンティなど、多くのデザインが共通して神秘的な力を彷彿とさせます。ブルガリは世界屈指のジュエラーでありながら、そのデザイン性の高さを生かした時計も大変人気です。ジュエリーと同じシリーズで作られた時計も多く、ジュエリー・時計ともに根強いブルガリファンによって買取需要が安定しています。

 

・ヴァンクリーフ&アーペル(VanCleef&Arpels)

ヴァンクリーフ&アーペル(VanCleef&Arpels)は1906年にフランスで創業されました。ブランドの象徴であるクローバーモチーフを使ったアルハンブラシリーズは古くから愛され続けています。控えめで女性らしさを感じさせるデザイン、自然をモチーフになっているものが多いのが特徴です。高価格帯が多い上、中古品でも需要があるため高額買取になりやすいです。

 

・ハリーウィンストン(HarryWinston)

ハリーウィンストン(HarryWinston)は1932年にアメリカ・ニューヨークで創業され、ジュエラーのなかではまだ歴史が短いブランドです。にも関わらず、ハリーウィンストンは他に追随を許さないほどの圧倒的な「ダイヤモンド」の存在感・イメージが根付いており、ダイヤモンドを最大限に際立たせるデザインが特徴です。

日本の芸能人がこぞってハリーウィンストンの大きなダイヤを使った指輪や時計、マリッジリングを購入していることが知られているように、高級ジュエリーブランドとしてイメージしやすいでしょう。主力がダイヤ商品ということもあり、他のブランドよりも平均価格がかなり高めとなっています。安定して価値が高いダイヤモンドをメインに取り扱っているため、ハリーウィンストンは買取価格が高く出るジュエリーブランドです。

まとめ

いくら価値があるブランドジュエリーも、時間の経過とともにリセール価値は下がっていきます。買取の基本として、商品が発売されてから日が浅いほど高く売れるのが鉄則です。使っていくうちに、使用感が出てくる、保管状態が良くなかったりお手入れ不足で劣化する、流行りが終わった、といったことから買取価格もだんだんと安くなってしまいます。

そして大事に使用すれば無駄に劣化させずに済みますので、是非意識してみてください。「買取大吉」では査定は無料で行っておりますので「使わないかも?」と感じたら、まずは査定に出して買取価格を知ってみましょう。

宝石・ジュエリー(ダイヤモンド・宝石)に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ