お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

カラーチェンジガーネットの意味

671_カラー チェンジ ガーネット 意味

カラーチェンジガーネットは、太陽で見る光と室内で見る白熱光と2つの光で見るときに異なった色合いを表します。内包されている成分にもよりますが、自然光だと緑色から紫青色、白熱光では赤色系に変わる姿が美しい貴重な宝石として特別視されてきました。そんな2色をまとうカラーチェンジガーネットは、素晴らしい愛を守護する石という意味を持っています。満ち足りた愛情や心を受け入れたいときは深い喜びの感情を招いてくれるでしょう。

カラーチェンジガーネットの歴史

カラーチェンジガーネットはマライアガーネットの変種で、1970年代初め頃に報告されていました。当初はその美しさが認められておらず、流通するまでは採掘関係者や一部のコレクターなどにしか知られていなかったそうです。その後、1987年にタンザニアのウンバ川流域で太陽光ではエメラルドグリーン、白熱光ではルビーのような赤色に変わる魅惑的なガーネットが見つけられたのをきっかけに一気に注目を浴びることになりました。2つの色を持つ宝石というとアレキサンドライトを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、今ではアレキサンドライトをも上回る希少な石ともいわれています。また、「アレキガーネット」と呼ばれることもありますが、これはアレキサンドライトのように色が変わることから付けられた呼び名であり、正式な名称ではないので気をつけましょう。特に変色率が高く透明度も美しいものは値段もどんどん高価になっているため、安価なものは偽物の場合が多く注意が必要です。良質なカラーチェンジガーネットは現在とても少なくなっているそうなので、もし心を掴まれる色合いのカラーチェンジガーネットを見つけたらとてもレアな巡り合わせです!宝石との出会いは一期一会なので、迷わず手にいれた方がよいかもしれません。

カラーチェンジガーネットの効果

カラーチェンジガーネットは環境が変わるときに大きな力を発揮してくれるといわれています。どんな場所に行ったとしても、持ち主に良い影響を与えるよう周囲のエネルギーと共鳴させるでしょう。ネガティブな気持ちになりがちなときにこそポジティブで前向きになるべく心強いサポートになってくれそうです。また、愛のお守りとしても万能なので、思いやりの気持ちを充満させたい場合にも重宝されます。パートナー間や家族との触れ合いがうまくいっていないときには、心の距離を補う愛のパワーを流してお互いのハートを暖めてくれるでしょう。

こんな人におすすめ!

カラーチェンジガーネットは魔除けや浄化をしたい人はもちろん、仕事運を高め成功を手にしたい人にもおすすめです。本来の力を発揮し、夢を掴むため次なる扉を開ける鍵となってくれるでしょう。うまくいかない状況を良い方向へ転換させてくれる不思議な力が宿っているといわれているので、迷っている人は、心を落ち着けながらこの石を持って気持ちを集中させてみましょう。先々の展望をイメージでき、未来を輝かせてくれるはずです。恋愛の面では大きな愛を成就させるパワーが期待できます。勇気を持って想いを伝えたい人にもおすすめです。

どんな宝石なの?

ガーネットは実に多くの色がある宝石で、ブルー以外の色はほとんどあるといわれていました。しかし、実はブルーのガーネットも存在していたのです。それがこのベキリーブルーと呼ばれるカラーチェンジガーネット。蛍光灯下ではブルーグレーやブルーグリーンの色合いで、白熱灯下ではレッドやパープルに変色します。アレキサンドライトと似た変色効果であることから、「アレキタイプガーネット」と呼ばれることもあります。ちなみに、マダガスカルのベキリー地区で発見されたことから、この名前が付けられたそうですが、正式な宝石名ではないため、鑑別書には記載されません。鑑別書には、「カラーチェンジガーネット」または「ガーネット(カラーチェンジタイプ)」などと記載されることが多いようです。チカチカと光るファイアのような輝きが時折見えること。もともと、ベキリーブルーガーネットはかなり深いブルーなので、先日話をした業者も「ベキリーブルーは真っ黒だよ」と言っていたほどに暗い色の宝石なんです。その黒に近い深い深いブルーのあちこちから、赤や白、ブルーのチカチカとした光が現れます。中でも赤い光は地色とは逆の色なので、とても不思議な光景なんですよね。ちなみに、室内であれば蛍光灯と白熱灯が合わさったようなタイプの照明で赤く光るようですが、私の自宅の蛍光灯では見られません。太陽光に当てた方がきちんと赤い煌きが見られるような気がします。また、色が薄めのものと濃いものの2つが手元にあるのですが、比べると色が薄い方がよりファイアが出やすい印象がありますね。ガーネットは多色性がない宝石のはずですが、このガーネットは実にいろいろな色が現れます。ほんの少しの照明の差ですぐにカラーチェンジするので、青と赤紫が混ざり合った複雑な色合いになっていることも少なくありません。これもベキリーブルーガーネットの魅力の一つだと思います。照明によってはグリーン寄りに見えたり、黒に近いブルーグレーに見えたりもします。蛍光灯を強く当てると、藍色に近いブルーグレーなので、私がもっているルースは地色がブルーグレーなのだと思いますが、なかにはグリーン寄りのブルーもあるみたいですね。見れば見るほど、本当は何色なのかが分からなくなる不思議な宝石です。「カラーチェンジといえば」というくらいに有名なのはアレキサンドライトですが、私はあえてカラーチェンジガーネットを選びたいですね。その理由は「大きさ」。さきほど紹介した赤いファイアは、アレキサンドライトでも見られるようですが、それはやはり大きさがあってこそ。少なくとも0.1ct程度の小さなアレキサンドライトではその特徴は見られません。そもそも、アレキサンドライトには大きな結晶は少なく、色の濃いものも非常にレアです。運よく見つけられたとしても、恐らく私が手に入れられるような価格ではないでしょう。ベキリー産のブルーガーネットは既に枯渇しているという噂もありますが、ブルー系のカラーチェンジガーネットを見かけることはあるため、他の産地からも見つかっているのかもしれません。ルースのうち一つは線状の黒いインクルージョンがいくつか見られるのですが、大好きな宝石はインクルージョンさえ愛しく感じられるのが不思議です。いつかリングに加工して、あちこちの光源でもっといろいろな表情を見たいなと考えています。

カラー

宝石の価値基準では、色(カラー)、透明度(クラリティ)、重さ(カラット)、研磨(カット)を見ることになりますが、カラーチェンジガーネットの場合1番重要なのは変色効果です。もちろん、全て良いのが1番ですが、少しインクルージョン(内包物)があっても、少し小さかったとしても、色の変化が顕著で美しく、ハッキリと見られるものは希少なこともあり、価値が高いのです。太陽光と白熱光の下で見たときに、それぞれが美しく魅力的な色であることと希少価値のある人気の色であることが価値基準となります。先にお話ししたベキリーブルー・カラーチェンジガーネットのブルーとワインレッドはもちろん、1987年に発見されたエメラルドグリーンとルビーレッド、ブルーイッシュグリーンとラズベリーカラー、ブルーグリーンとパープルレッドに変わるものなど、ブルーやグリーンから赤系にはっきりと変わるものがプラス評価になります。また、明るい青みがかった黄緑からピンクを感じるオレンジ色に変わるものなども希少で好まれる色のため、高評価されます。カラーチェンジガーネットの色は、黒と白以外のほとんどの色があるのではと思われるほど多様ですので、日頃から店頭などで確認して、自分好みの色や濃さ、大きさなどを見つけると良いでしょう。

まとめ

カラーチェンジガーネットは希少な宝石です。チャンスは逃さず是非この機会に売却を検討いたしましょう!「買取大吉」でも、もちろん高価買取無料査定です。全国展開だからこそ、高価買取が実現できます。

宝石・ジュエリー(ダイヤモンド・宝石)に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ