お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属の記事一覧 貴金属の相場は今後どうなっていくのか?

貴金属の相場は今後どうなっていくのか?

Exif_JPEG_PICTURE

貴金属の相場はもちろん日々変動していきます。しかし、金そのものが持つ価値は一生変わることがありません。さらに金は世界共通で価値が高いものであるため、お金の代わりの資産として運用しやすいといえるでしょう。また価格が変わるタイミングも分かりやすいため、リスク回避がしやすいです。

金投資はすべきなのか?今すべきなのか?

貴金属の投資でよく言われるのは、「貴金属の価値は下がらない」というフレーズです。投資対象としての金だけではなく、ジュエリーや高級ブランド時計を購入する際に、このようなフレーズを耳にした経験がある方も多いのではないですか?本当に「貴金属の価値は下がらない」のであれば、所有しておいて損はありません。しかし残念ながら、そんなに上手い話は存在しません。貴金属の価値は安定していると言われていますが、「貴金属の価値が下がる」ということももちろんあります。下がらない保証がある投資など存在しないですからね。貴金属そのものの価値は変わらなくても、相場は変化していくため必ずしもずっと安定していると言い切ることはできません。相場が動くタイミングを知っておけば損する貴金属の価格変動が起こるタイミングはいくつかありますが、第一に世界の経済状況に大きな変化があったときが上げられます。金は世界経済が安定しているときよりも、不安定な状況のときの方が価格は上がるのです。

最近ですと、価格が大きく動いたのは2020年に起こった新型コロナウイルスのタイミングでしょう。この年は貴金属の価格が非常に上昇し、過去最大値を記録したほどです。世界を揺るがす大きな出来事が起こると、価格は変化します。コロナが収束し世界経済が安定するようになれば、逆に貴金属価格は下がる可能性もあるでしょう。日本国内における金の価値は、為替相場にも影響されます。ドル建てで取引される貴金属を「輸入する」と考えますと、両者の関係性ははっきりと見えてきます。円高が進めば、その分貴金属を安く輸入できることになります。国内における金の販売価格は下落し、その分だけ価値が下がるというわけです。反対に円安が進めば、その分金の価格は高くなります。これまでよりも価値が高まり、売却に適した時期を迎えるというわけですね。

最近の若者の流行

アクセサリーとしてお洒落しながら資産にもなるので最近では若者の中でも下手なハイブランド買うよりも金のネックレスなどを買う方も増えております。価値が下がったとしてもブランド品などと比べて売るときにある程度帰ってきますからね!購入するのであればデザイン性があまりない喜平のネックレスなどがおすすめです!例えばハイブランドが出している18Kのネックレスがあるとすると地金の料金+デザイン料+ブランド料なのど色々手数料などが上乗せされかなり高額に買うときはなってしまいます。しかし、販売する際は、ほとんど地金だけの値段になってしまうことが多々あります!そのため買ったときの値段の差に落胆してしまう方も少ないと思います。

プラチナについて

プラチナは金に比べて産出量が少ない金属です。金の年間産出量およそ4,000tに対し、プラチナはおよそ200tしか算出されません。これまで人類が採掘してきた金の量は推定約160,000tですが、プラチナはその30分の1程度である約5,100tです。埋蔵量もはるかにプラチナの方が少ないであろうと推測されています。また、金を産出する場所は地球上に点在していますが、プラチナはごく限られた土地でしか取ることができません。通常、希少性の高いプラチナの方が高い価格になるはずですが、近年は金とプラチナの相場に逆転現象が起こり、金相場がプラチナ相場を超えてくる傾向があります。

今後の金相場について

今後、どう金相場が動くか予想するのは簡単ではありません。とはいえ、これからも価格が急落するリスクは小さいと見られています。短期的に見る限り、多少なりとも貴金属の相場価格が下落する可能性はあります。いくつか理由を挙げると、経済不安の解消や貴金属の需要の低下、あるいは米国ドルの価値上昇などです。一方、長期的には2021年以降も基本は上昇傾向であるとの見方が主流になっています。現在、金利は世界的に低い状態が続いています。

将来的に、投資マネーは安定感のある金に流れやすくなるとの見通しです。貴金属の資産活用を検討中であれば、取引市場への投資はおすすめの方法かもしれません。ただ、投資対象として安定感の高さを誇る貴金属も相場価格が下落する可能性はあります。耐久性に優れた金も、投資に伴うリスクから無縁とはいえません。いつ売るかタイミングに迷ったときは、買取業者に売却する選択肢もあります。良心的な業者に頼めば、適正価格での買取を望めるでしょう。「買取大吉」は、直近の相場を反映させた貴金属の高価買取を行っています。買取相場の動向をふまえ、適切な査定額の提示に努めます。貴金属を売る時期に迷ったら、ぜひお気軽に査定をお試しください。

金・貴金属に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ