フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

ゴールドに種類がある?

ここでは金の純度やカラーゴールドについてご説明します。色にも違いがあったり金のアクセサリーは…という方でも肌なじみの良い金もあります。自分に合うカラーゴールドを見つける指針になれば幸いです。

金の純度

まずは純度からご説明致します。K24やK18といった表記を見かけることはよくありますが、これは金の純度を示します。Kはkarat(カラット)という単位で、ダイヤモンドの重量を示すcarat(カラット)とは意味が違います。

金の純度は24分率で示しており、24金が100%の純金ということになります。1k減るごとに、金の含有量が4.17%ずつ減っていき、K18の場合は18/24が金ということですので、75%の金が含まれているということになります。

日本でよく見かけるのは、K24・K22・K18・K14・K10などで、指輪の裏側やネックレスの留め金などに刻印されていることが多いです。

 

K24         99.9%〜100.0%

K22         91.7%

K18         75%(混合物25%)

K14         58.5% (混合物41.5%)

K10         42% (混合物58%)

 

残りは割金といって様々な混合物を混ぜて作られています。金に割金を混ぜるのはなぜか?金の価値は「純度」によって決まるといっても過言ではなく、純度が高いものほど、その価値も高くなります。しかし、ジュエリーやアクセサリーなどに使うことを前提とした場合には、必ずしも純金が適しているとは限りません。というのも、純金は柔らかく熱に弱い特性を持つため、傷がついたり変形したりしやすいのです。ジュエリーのような高価なものが、傷や変形のために輝きや美しさが損なわれてしまっては本末転倒です。身につけるものとなれば、当然強度が求められます。

そこで、純金の弱点を補うためにあえてほかの金属を混ぜ合わせ、硬度や耐久性の優れた合金に加工しているのです。K18・K14・K10がよく使われる純度になります。

カラーゴールド7種類について

金に7つの色があったのはご存知でしたか?特徴を説明します。

 

■ホワイトゴールド

ホワイトゴールドはWGと刻印される、光沢の強い白色が特徴的な金合金です。もとはプラチナの代用品として開発された事情もあり、メッキ加工によって似たような色合いに仕上げられています。シンプルなデザインでも映えるホワイトゴールドは、男女問わず高い人気があります。白い輝きの中に金の色味が残っているタイプも多く、他のカラーゴールドと合わせやすいため、複数のジュエリーを組み合わせたい人におすすめです。

 

■イエローゴールド

イエローゴールドはYGと刻印される、光沢のある濃い黄金色が特徴のカラーゴールドです。金の純度が高いものほど、美しい黄金色をしています。美しい黄金色のイエローゴールドは硬度も高く、さまざまなアクセサリーで活用できる金合金です。ハイブランドでも多く取り扱われており、高級感のあるアイテムを求めている人に適しています。

 

■ピンクゴールド

ピンクゴールドはPGと刻印される金合金で、海外ではローズゴールドとも呼ばれているものです。光沢のあるピンク色のため、華やかな印象があります。あたたかみのあるエレガントなピンクゴールドは、黄色人種の肌に合うとも言われているため、比較的ファッションに取り入れやすいカラーゴールドのひとつです。可憐な雰囲気を演出したい人や、赤みのあるアクセサリーを好む人におすすめのカラーゴールドだと言えます。

 

■ブラックゴールド

ブラックゴールドはBGと刻印される、希少性の高い金合金です。厳密に言うと名前が表すような黒色ではなく、鈍色や灰色に近い色をしています。商品によっては加工によって黒色化しているものもあり、成分も大きく異なることが大きな特徴です。ブラックゴールド独特の色調は、シックな印象のメンズアクセサリーや、ブラック系のファッションにおすすめです。ゴールドの華やかさに黒色のシックでクールな印象を加えたい人にも適しています。

 

■グリーンゴールド

グリーンゴールドはGGと刻印される、薄い黄緑色のカラーゴールドです。また、GRGと表記されるものもグリーンゴールドに含まれます。他のカラーゴールドと比べると知名度が低いため、個性的なものを好む人に向いています。繊細な加工は困難な点を加味すると、大振りなデザインのリングなどを好む人にもグリーンゴールドがおすすめです。

 

■レッドゴールド

レッドゴールドはRDGと刻印される、希少性の高いカラーゴールドです。色味は鮮やかなピンクをしており、ピンクゴールドよりも赤みが強く出ます。レッドゴールドの特徴は硬度が高いことで、サイズ直しが困難なため、レッドゴールドの指輪を購入するときは注意が必要です。一方で、強度と軽量を両立しているというメリットもあり、ネックレスなどを身に着けていても重さを感じないことを重視する人におすすめです。

 

■パープルゴールド

パープルゴールドは、日本のジュエリーブランドが大学との共同開発によって生み出したカラーゴールドです。その名のとおり、鮮やかな紫色をしています。パープルゴールドは特定の専門店でのみ購入できることから、非常に高価です。パープルゴールドは希少性が高いことが魅力のため、個性的なアイテムを好む人におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?金も様々な種類があり、形状に適した硬さがつかわれております。また純度の高い金は、金属アレルギーになりにくいとされています。しかし、アクセサリーに使用される場合は加工しやすいよう他の金属が割金として含まれているため、場合によっては金属アレルギーを引き起こすことがあります。アレルギーがある方は注意をしながら素敵なカラーゴールドジュエリーを選んでみてはどうでしょか「買取大吉」では金のジュエリーが破損し、傷がついていたり刻印がなくても買取が可能です。買取の際はぜひご利用下さい。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目