フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属・プラチナのコラム記事一覧 【基本知識】イエローゴールドやK18、特徴やお手入れ方法について

【基本知識】イエローゴールドやK18、特徴やお手入れ方法について

イエローゴールドのアクセサリーが欲しいけれど、お手入れ方法やアレルギーの有無が気になると悩んでいませんか?お手入れができなければ長く保つことができませんし、アレルギー持ちの方は、アレルギーによって身に付けられなくなるのでは……と不安に思ってしまうのではないでしょうか。ここでは、イエローゴールドの基本知識と自宅でのお手入れ方法、金属アレルギーの可能性まで徹底解説します。イエローゴールドが持つ意味や似合う人についてもご紹介しましょう。

そもそもイエローゴールドってどんなもの?

金にはカラーゴールドという物があり、その中にイエローゴールドやピンクゴールドなどの複数の種類があります。ゴールドによって金属割合や見た目が異なるため、好みのカラーゴールドを選ぶことが大切です。その中の、イエローゴールドをご存知でしょうか?イエローゴールドは、その名前の通り黄色みのある色をした、金を配合した貴金属のことです。

ですが、ゴールドは元々黄色みを帯びた色をしているので、本来の金と見た目は非常に似ています。ですが、金100%だと変形や変色に弱く、ジュエリーとして身に着けるには難点が多いです。そのことから他の金属を混ぜて強度を上げていることが多く、イエローゴールドもその一種で、金のほかに、銀と銅を同じ分量ずつ混ぜ合わせた合金です。特に金の配分が多いと金ならではの黄色みの強いイエローゴールドになり、金の配分が少ないと黄色みの弱いジュエリーが出来上がります。

イエローゴールドの種類は何があるの?

一言でイエローゴールドと言っても、金の配合量によっても様々な違いがあります。金はその貴金属に配合されている金のパーセンテージによって表記が異なり、品質や配合率が保証された国産ジュエリーの場合は、金100%がK24と表記されています。では、配分ごとの特徴についてご紹介していきます。

 

・K24(純金)金の配分:金100%

市販のジュエリーではあまり見かけませんが、K24のジュエリーも存在します。K24は金100%、不純物がほとんど入っていないものを指します。いわゆる純金と呼ばれるものです。このK24はジュエリーとして非常に価値が高く、多くのセレブ、王族貴族にも愛されていますが、金は非常に軟らかい金属で、日常使いにはあまり向いていません。もちろん価値のあるものを手元に置いておきたい、特別な日に身に着けたい時にはK24はぴったりですので、シーンに合わせて使い分けすることも良いでしょう。

 

・K18金の配分:金75%、銀と銅を12.5%ずつ配合

K18はよくアクセサリーなどで、聞く言葉かと思います。K18は金が全体の75%、そして銀と銅が12.5%ずつ配合されているもののことを指します。場合によっては、銀と銅が15%と10%ずつ、という場合もありますが、金の配分が75%ということに変わりはありません。他のジュエリーと比べても金の配分が特に多いので、丈夫で美しく、金本来の黄色みが強いジュエリーが出来上がります。また、合金ではあるもののほとんどが金でできていることから、他の貴金属と比べても特にアレルギーを起こしにくいことでも知られています。

 

・K14金の配分:金58%、銀と銅を16%ずつ配合

K14は金が約58%、そして銀と銅が16%ずつ配合された貴金属のことを指します。K18と比べると金の配合率が低く、金本来の黄色みよりも少し白みの強い仕上がりになり、女性の白い肌との相性も抜群です。そのことから、洗練された雰囲気のジュエリーや華奢で繊細なデザインのジュエリーにも使用されることの多い貴金属です。

 

・K10金の配分:金42%、銀と銅を29%ずつ配合

K10は金の配分が約42%で、銀と銅がそれぞれ29%ずつ配合されているイエローゴールドです。特に金製品のなかでも金の配分が低く、ゴールドの黄色みがありながら、清潔感のある色味がその特徴です。金製品とはいえ金の配合率が少なめで丈夫な上比較的リーズナブルなので、人気が高いと言えます。発色の良い宝石をさらに引き立ててくれることもK10の魅力です。イエローゴールドだけでなく、カラーゴールドと呼ばれるものがあります。例えば、ピンクゴールドなどです。カラーゴールドには複数の種類があり、イエローゴールド同様に人気となっているのがピンクゴールドです。ピンクゴールドはイエローゴールドに比べて銅の割合が多い、女性的な色味が美しい金です。ピンクゴールドのほかにも、ホワイトゴールドがあります。ホワイトゴールドは、プラチナの代替品として誕生したゴールドです。優しい色合いが特徴のため、イエローやピンクとは異なる魅力を持ちます。カラーゴールドは、カラーによって色味が大きく異なります。ジュエリーの印象が変わるため、どのカラーが自分に似合うかを確認することがおすすめです。

種類によって、価値の違いはあるのか?

以上のように、イエローゴールドには金の配分率によって様々な違いが存在しますが、その種類によって価値に違いはあるのでしょうか?金は他の貴金属と比べても非常に高価な素材なことは広く知られていますが、実際のところはどうなのでしょうか?ここで、イエローゴールドの価値の違いについてもご紹介していきます。

イエローゴールドのなかで最も価値が高いのが、K18YG(イエローゴールド)です。金製品としてはK24が最も価値が高いのですが、イエローゴールドは銀と銅を配合していることが定義ですので、イエローゴールドでの最高価値はK18ということになります。K18のイエローゴールドは、その色味が非常に美しく、また高級感も非常に強いことから、自分用としてはもちろん、プレゼントとしても非常に人気が高いです。高価な金を使ったジュエリーを探している方は、ぜひK18イエローゴールドに注目してみてくださいね。

一方で、比較的リーズナブルなのがK10YG(イエローゴールド)です。金の配分が比較的少ないということもあり、気軽に手に入れられるジュエリーとして知られています。さらに、変形や変色にも強いジュエリーも多くあるので、気軽に日常使いするならK10がぴったりです。リーズナブルなのでデザイン性の高いジュエリーも手が届きやすいのも魅力ですね。気軽に身に着けたい、比較的値段の優しいジュエリーのプレゼントを探している方は必見です。

イエローゴールドとプラチナの違いについて

アクセサリーを選ぶときに、イエローゴールドとプラチナで悩まれた方も多いかと思います。プラチナはレアメタルの一種で、白く輝く美しさが特徴です。イエローゴールドとプラチナは、素材が異なります。また、イエローゴールドは黄色みが強い貴金属であるのに対し、プラチナは白さが特徴の貴金属です。見た目が随分と異なるため、どちらも現物を実際に見ておくことをおすすめします。身に着けてみて、自分に似合う方を選択すると良いでしょう。

身に着けたときの特徴として、同じデザインのリングでもプラチナと金では比重が異なるため、プラチナ製のほうが重くなります。ずっしりとした重厚感のある指輪がお好きな方はプラチナが、軽やかな着け心地を好む方はゴールドを選ぶというのもおすすめです。また、イエローゴールドとプラチナには価格の違いもあります。イエローゴールドはゴールドの中でも比較的リーズナブルな価格で手に入れられる金です。プラチナは以前に比べると安く購入できるようになりましたが、特殊な加工技術が必要なため、プラチナジュエリーは割高です。選ぶときは、双方の費用相場にも注目しましょう。

イエローゴールドのお手入れ方法について

お気に入りのイエローゴールドのジュエリーを手に入れたら、しっかりとお手入れして大切に身に付けましょう。ここで、イエローゴールドのお手入れ方法についてご紹介していきます。イエローゴールドはお手入れをまめにすることで、変色を防ぎ、綺麗に長く身に付けることが出来ます。

 

・専用クロスでやさしく拭く

貴金属にはそれらを傷つけず、しっかりと表面の汚れを落とすことができる専用クロスが存在します。ジュエリー店などでリーズナブルに手に入れることができるので、1枚持っておくと便利です。クロスで優しく拭くだけでも、日常のお手入れとしては十分です。ジュエリーは、外に出して身に付けているだけで空気中の水分や塵、そして人肌に含まれる水分や皮脂が付着し、それが変色の原因になります。身に着けて、帰宅して外したら必ず専用クロスで拭く。これを習慣づけるだけでもイエローゴールドを美しく保つことができますよ。

 

・中性洗剤で洗浄する

もし目立つ汚れがついてしまい、クロスで拭く程度では取れなくなってしまった場合は、水で薄めた中性洗剤を柔らかい布やブラシなどを使って拭いましょう。このとき、力一杯に拭き取ろうとすると変形、変色の原因になってしまいます。また、洗剤を使って洗浄したらしっかりと流水で洗剤を洗い流し、クロスで拭いてしっかりと水気を拭き取ってしまうようにしましょう。

 

・磨きすぎには注意が必要です

汚れがなかなか落ちない場合、強く擦ってしまうかと思います。強く擦ることで落ちる汚れや細かな傷もありますが、イエローゴールドの黄色が変色する恐れがあるので注意が必要です。また、これまでになかった新たな傷ができてしまう可能性もあるため、強く擦らず、優しく拭きあげましょう。まずはクロスで軽く拭いてみて、落ちなければ中性洗剤を使います。それでも落ちない場合は、無理に落とさず宝飾店に持ち込むと良いでしょう。

 

・保管方法

きれいにお手入れしたアクセサリーは、個々に保管しておきましょう。K24は金が100%含まれているため、そのまま保管しておいても状態に変化はありません。しかし、K10~18は銀や銅が含まれており、銀や銅は空気中の水分などに触れることで変質・変色する恐れがあるので注意しましょう。水分で変質・変色するため、汗によってもゴールドがくすんでしまいます。イエローゴールドの色味を長く保ちたいのであれば、装着毎にクロスで拭きあげておくことが大切です。汚れをしっかり取っておくことで、良い状態のまま保てるでしょう。保管するときは、アクセサリー別にジッパー付きの袋に入れておいてください。ジッパーをしっかり閉めておけば、イエローゴールドが空気に触れることもありません。

イエローゴールドで金属アレルギーになることってあるの?

イエローゴールドを身に付けたいけれど、金属アレルギーの心配があるという方も多いとのではないでしょうか。ここでは、金属アレルギーの詳細とイエローゴールドでアレルギーが起きる可能性はあるのかを解説します。

 

・金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、金属を肌に付けることで、アレルギー反応が起きる症状を言います。金属から溶け出した金属イオンは、体内のたんぱく質と結合し、新たなたんぱく質に変化します。新たなたんぱく質は体にとっては異物です。そこでアレルギー反応が起こり、皮膚にさまざまな症状が現れます。アレルギー反応には、赤み・かゆみ・湿疹などの症状があります。特定の素材を肌に付けることで、肌に何らかの異常が出る場合は、金属アレルギーかもしれません。

イエローゴールドは金のため、アレルギーが出にくい素材です。金同様に、プラチナもアレルギーが出にくい素材とされていますが、アレルギー反応が出ない可能性はゼロではありません。イエローゴールドには金以外に、銀や銅が含まれていて、それらの素材によってアレルギー反応が起きる可能性もあります。K10など、銀や銅の割合が多い場合はアレルギー反応が出る可能性も高くなるため、注意が必要です。K18は銀や銅の割合も少ないですが、数少ない素材からアレルギー反応が出る可能性もあります。どの種類にしても、肌に異常が出た場合はすぐに肌から離しましょう。

 

・金属アレルギーの検査をしておきましょう

イエローゴールドを身に着けて肌に赤みや湿疹が出た場合は、装着をやめて検査を受けることがおすすめです。アレルギーは突然出ることも多くあります。大人になってから発症するケースも多いため、検査でアレルギーかどうかを確認しておきましょう。アレルギー検査は病院にておこなえます。予約が必要なため、検査前に予約をしておきましょう。予約時に金属アレルギーの検査を希望する旨を伝えておいてください。

 

・金属アレルギーの対処方法

金属アレルギーの方は、対処法を実践することでイエローゴールドなどの貴金属を身に付けられます。対処法にはいくつかあるため、実践しやすい方法を試してみましょう。対処法の一つ目は、コーティング剤の使用です。金属アレルギーを防ぐためのコーティング剤が販売されており、ジュエリーをコーティングすることでアレルギー症状が起きにくくなります。毎日身に着ける場合はコーティング剤も早く取れてしまうため、1~2週間をめどに塗りなおしましょう。汗をかくことでコーティング剤も取れてしまうため、暑い時期は着用のたびに塗っておくことがおすすめです。

対処法の二つ目は、できるだけ肌に触れないようにすることです。指輪は肌に直に触れてしまうため、コーティング剤の使用をおすすめします。ネックレスやピアスは工夫次第で、コーティング剤なしで身に付けられます。ネックレスは首元に貴金属があたるため、チェーン部分をほかの素材に変えましょう。トップ部分が肌に触れないよう、チェーンが長めの物を選ぶことがおすすめです。ピアスはシャフト部分を、ほかの素材に変えてください。ピアス全体がイエローゴールドであれば、ピアスカバーを使いましょう。カバーをモチーフとキャッチの間に挟むように付けることで、ピアスが耳に付着しません。対処法を実践することで金属アレルギーは起こりにくくなります。

しかし、アレルギー症状が出ない可能性はゼロではありません。症状が出た場合はアクセサリーを外し、ほかの対処法を実践してみましょう。

イエローゴールドの魅力について

そんなイエローゴールドの魅力についてご紹介していきます。イエローゴールドが使われているアクセサリーは以下です。

・指輪

・ネックレス

・ピアス

・イヤリング

・イヤーカフ

・ブレスレット

・アンクレット

アクセサリーの種類が非常に豊富なため、好みの物を選べます。種類別にさまざまなデザインが用意されていることもポイントです。かわいらしさを演出できる物から、エレガントな印象の物まで幅広く用意されています。指輪や日常使いに使える物から、婚約指輪や結婚指輪まで揃っています。装飾がほとんどない物は、ゴールドの美しさが際立つため日常使いや結婚指輪として最適です。特殊な加工が施されたデザインや宝石が埋め込まれた物は、特別な婚約指輪にぴったりでしょう。

また、イエローゴールドはどんな肌の方にも良くなじむため、万能な金属だといえます。色白の方には、ピンクゴールドのもおすすめです。イエローゴールドのアクセサリーは色味が明るいため、明るさやかわいらしさを演出できます。単体では大人っぽさは演出できませんが、イエローゴールド×プラチナやイエローゴールド×ホワイトゴールドなどのコンビデザインのアクセサリーで印象を変えることが可能です。

まとめ

イエローゴールドにはK10~24までの種類があり、種類別に黄色の濃さが異なります。自宅で簡単にメンテナンスできるため、好みの種類を選ぶと良いでしょう。状態によってはリペアが必要になるため、宝飾店で定期点検を受けることがおすすめです。どの種類も金属アレルギーになる可能性はゼロではないため、不安な方は検査を受けておきましょう。イエローゴールドはさまざまな運を高めてくれる金です。肌色も問わないため、お気に入りのデザインを見つけてください。

買取大吉では、貴金属・アクセサリー・ジュエリー類のイエローゴールドもお買取りしております!イエローゴールドを高く売るなら「買取大吉」までお持ち込み下さいませ。お待ちしております。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目