フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

砂金の価値とは!?

幼少の頃に川遊びをしていたときや大人になって川釣りを楽しんでいるときなどに、ふと砂金を見つけた経験がある方がいるかもしれません。砂金は川で採れる金属であり、ものによっては高く売れる可能性があります。砂金が川にある理由、買取相場まで解説します。

砂金はなぜ川にある?

砂金は川で見つけられる自然で生まれた金です。川は身近な自然であり、「なぜ川で砂金があるの?」と疑問に感じる方が多いでしょう。砂金は、川の上流にある金鉱床という場所にあります。金鉱床とは、マグマに含まれていた金が冷えて固まってできた鉱脈です。年月を経て風化した金鉱床が下流に流れるため、川の底から砂金が見つかります。過去に金鉱山が近くにあった場所にある川からは、砂金が見つかる可能性が高いです。埋蔵金の残りは約5万トンとされてはいますがこれはあくまでも現在の技術での話です。地中深くや海中深くで金は見つかる場合もありますが技術力によっては費用が莫大にかかってしまい金の利益がマイナスになってしまいます。それでは採掘する意味もないので埋蔵量には換算されておりません。「採掘量」と「埋蔵量」の違いになります。日々進歩している技術が更に発展すればより多くの金が採掘可能となるのでゆくゆくはもっと沢山の金が採掘可能となるかもしれません。今では考えられない新たな方法、きっと生み出せると思います。

砂金の採り方

砂金の採り方として、道具、方法、コツの3つをご紹介します。それぞれのポイントを押さえて、砂金採りに生かしましょう。砂金採りで必要な道具は、パンニング皿という専門用具です。川底の砂をすくってパンニング皿をゆすると、砂よりも重い砂金が皿の下に集まるので、砂金を見つけやすくなります。奥地まで踏み込んだり、ポイントを記録したりする場合は、安全や記録のために地図を持っていくのがおすすめです。砂金採りの方法は、至ってシンプルです。パンニング皿を川底に沈めて砂をすくったり、スコップで掘った砂をパンニング皿に入れたりして、皿の中身が砂の粒や砂鉄だけになるまでゆすります。残った砂の粒や砂鉄をゆすりながらよく目で確認したら、砂金がある場合は輝いたものが見つかるでしょう。砂金を採るためには、まず砂金がたまりやすいポイントを見つけましょう。おすすめは、蛇行している川の内側や大きな岩の下、岩盤・くぼみの裂け目などです。ポイントを見極めることによって、砂金が採れる確率がアップします。後は根気強く、砂を採取し選別する作業を繰り返すだけです。何度も繰り返すうちに、きれいな砂金が見つかるでしょう。

砂金の買取相場

砂金は金ですので、金の相場によって買取価格が決まります。金の買取価格相場は6/8時点では、以下の通りです。

K24:7,140円

K22:6,540円

K21.6:6,400円

K20:5,930円

K18:5,460円

K14:4,070円

K10:2,870円

K9:2,540円

K18WG:5,705円

K14WG:4,216円

1gあたりの相場となるので、砂金を1gでも採取できれば数千円以上で売ることができます。なお、近年金の需要はさらに高まっているので、今後買取価格相場が上がる可能性が高いです。砂金は川で採取できる金なので、思いも寄らない身近な川に眠っているかもしれません。パンニング皿や地図などを用意して、砂金がたまりやすいポイントで採取にチャレンジしてみましょう。また、金は近年価値が高騰しているので、砂金だけでなく、家の中にある金にも高い価値があるかもしれません。砂金探しと合わせて、家の中の価値あるものも探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

現在世界記録更新レベルで高騰中の金ですがいつ相場が落ちるかは誰にも分かりません。チャンスは逃さず是非この機会に売却を検討いたしましょう!「買取大吉」でも、もちろん高価買取無料査定です。現在買取大吉では金のお持ち込みが連日殺到中!全国展開だからこそ、高価買取が実現できます。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目