フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

金を売る一番いいタイミングっていつ?

そもそもどうして価格が変動するの?

金の価格が日々変わる理由は、ドルやユーロと価格の関係や米国経済状況の影響、原油価格とインフレ懸念やインド・中国の経済成長、地政学的リスクなどです。
この資産もモノですから社会情勢からなる需要と供給が理由となって価値が大きく変わるといわれており、日本国内でも円高の場合、価格は下がりますが、円安の場合は価格が高騰します。

逆にドルが高まれば価格は下落するなど、2008年のリーマンショック後に価格が大きく下落した時も、あらゆる商品価格が下落し比較的安全性の高い投資資金が米国に流れました。
価格相場は日々変わるといわれていますが、実物資産なので価値が変わるとしても完全になくなることがないことも、積極的に金買取など取引が行われている理由です。
金買取を依頼する場合は、常に価値の変動を確認した上で、買取専門業者に依頼する必要があります。

難しく書いてしまいましたがものすごくざっくりと説明すると世界情勢が不安定になると安全資産と呼ばれる金に資金が流れ価格が上昇し、逆に世界経済が安定すると金から資産が流れるので価格がさがる仕組みです。
2022年4月現在金の高騰が止まっていませんがこれは誰の目から見てもわかるように戦争が原因ですね。

 

金はなぜ安全資産と呼ばれるのか?

金はお金ではなく「物」ですので、一度購入したあとは、常に高い価値を持ち続けることができます。

また、株とは真逆で世界情勢が悪化したときに、価格高騰がおきることも。そのため、どんな状況になっても損をしないのが金といわれるようになりました。実際に世界中を混乱に巻き込んだコロナの影響にも全く動じず、むしろ過去一番の最高値を記録する事態に。まさに「有事」に全く動じない投資方法が「金」なのです。

金は世界中から認められている価値が高いものです。少ない資金でも購入が可能で、安定した資産運用ができるため、世界中の人から買われています。価値が世界で共通ですので、価格変動の変化を非常に察知しやすいのです。金の価格は為替市場と大きく関係しており、円安ドル高が進むと高騰していきます。円安傾向が見られれば、価格変動の可能性が大ですので、そのときに売却を行うのがベストです。リスクが少なく、投資の中でも比較的資産運営がしやすいまさに「安全資産」といえます。

 

いつ「買って」いつ「売る」の?

これは資産運用をしたことある方なら当然なのですが
安い時に買って高い時に売る、が基本になります。株でもそうですよね
相場のあるモノなので世界情勢から考えるとある程度傾向というものは判断がつきますが相場に「絶対」はありません。決断力も必要になってきますね
今上がっているからもう少し上がるのを待とう。そう思われる方も多いですが当然少なからず下落のリスクを伴います。
もっと高くなるのを待って売ろう・もっと安くなるのを待って買おう
当然思い通りになればいいですがならないことも多いです。金の売買の見極めはプロでも難しいと言われていますので欲張らないことが大事です。

 

金のジュエリーも売れるの?壊れたネックレスや指輪は?

ジュエリーやアクセサリーに加工された金でも、買取専門店なら大概買取してくれるはずです。
もちろん金のインゴット等と違い金に他の金属を混ぜて作られているため純金の買取価格とは差がでてしまいます。一般的にジュエリーに加工されるのはK18(18金)とよばれるもので、純金に比べて硬度を上げ、耐久性をあげたものです。
壊れていても金の価値は変わりませんので、その日の18金相場でのお買取りになりますが、買取店によっては買取手数料・製錬手数料がかかることもありますので事前に確認するのがベストですね。
また、ジュエリーによってはデザイン性が高かったり宝石がついていたりすると金相場よりもはるか高価買取になることもありますので金だから一律の値段とは思わず、金はもちろん。宝石類の買取にも強い買取店を選ぶことが大事になってきます。

 

まとめ

今回は金を売るタイミングについて書いていきましたが残念ながらいつが良いという答えはありません。
ご自身で決断力を持って決めて頂くのが一番大事なのです。

また金なら相場があるからどこでも買取価格は同じ、とは思わずHPや電話等で金の買取価格を確認し、納得のいくところで売却するようにしてくださいね、最後にも書きましたが物によっては金相場以上の買取となる事もありますのでリサイクルショップや質屋・買取専門店等様々なところで査定してもらうのもいいですね。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目