お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

戦争で金の価格は変わるの?

279_戦争 金 価格

金相場は、日々変動していますが、2019年に入ってからは、金相場が上昇しています。2020年には、アメリカとイランによる関係悪化の影響で、金相場がさらに高騰。また中国の武漢で発生した新型肺炎の影響。2021年、新型コロナが世界中に拡大。2022年ロシアによるウクライナ軍事侵略、これによって金相場が過去最高まで上昇しています。

このような状況の中で、これから金を購入するべきか?それとも持っている金を売るべきか?色々と迷っている場合、金相場の今後の見通しが、どのようになるのか?について、知っておくと、どのように行動したらいいのか、参考になるはずです。

今回は、金相場の今後の見通しや予想について、詳しくご紹介していきます。

金相場が上がる理由

①需要と供給のバランスが「需要増」に傾いた時

金の相場は、需要と供給のバランスによって、その価格が決定されています。商品が豊富にあったり、求める人が少なかったりする状況では、価格は下落していきます。
一方で需要が高いにも関わらず供給が追い付かない商品に対しては、「高い値段でも手に入れたい」と思う方が増え、自然と価格が上昇していきます。
世界中で採掘できる量が決まっている金も、この需要と供給の影響を受けやすい商品の1つです。これまで以上に金を求める人が増え、産金量が減ってしまえば、当然価格は上がるでしょう。

②地政学的リスクが高まった時

もともと金取引を行っていた方の間で有名なのが、こちらの要因です。テロや戦争が起きる可能性が高いときなどには、金が買われやすく価格が上昇しがち。いわゆる「有事の金」と呼ばれるものですね。より安定した資産を求める方が増えるため、金の価格も上昇しやすくなります。
とはいえ近年では、地政学的リスクが金に与える影響は、短期的で限定的なものと見る向きもあります。リスクが高まったときには、確かに一時的に金の価格は上昇しますが、その瞬間を狙って金を売却する投資家も少なくありません。金を手放す投資家が一定数存在することで、「有事の金」の原則が必ずしも当てはまらないケースも増えてきています。

 

金相場の今後の予想

正確に金の相場を予想する事は難しいですが、大まかな予想を立てる事は出来ます個人的な見解では短期的には上昇すると思います。

ロシアが隣国のウクライナに侵攻し、2022年4月19日現在も激しい戦闘が続いています両国との緊張緩和のためEU、アメリカを含む各国が調整を行っておりますが、この状況を受け原油や穀物などの価格が上昇し、世界的なインフレが進むと予測されます。その為「安全資産」とされる金に資金が流入しているのです。世界的に金の需要はどんどん高まっており、相場も値上がりを続けています。

なぜ金相場は上がっているのにプラチナ相場は上がらないのか

金相場とプラチナ相場は、連動していると思われがちですが、そうではありません。全世界にある金の採掘量とプラチナの採掘量は、実はプラチナの方が少ないのです。金よりもプラチナの方が少ないのに、なぜ価格が上がらないのか?
プラチナの多くは工業用品で使われています。特にディーゼル車に使われているため、工業用品の需要が伸びるとプラチナ相場が上がる傾向があります。環境問題などの影響からディーゼル車も量産できない事、プラチナに変わる代替品ができたことによって、需要がなく、プラチナの相場が下がってしまいました。

 

初心者でも投資できるの?

初心者でも金投資をスタートしたい!と思ったときには、長期的上昇トレンドをつかみ、少しずつ購入するのがオススメです。長期的に見れば急落の可能性が極めて低い金は、魅力的な投資対象だと言えるでしょう。とはいえ、金は保有していたからといって、現在の懐事情を潤してくれるわけではありません。また売却タイミングによっては損をする可能性も十分にありますから、長期保有を前提とした、余裕資金での買い増しがオススメです。

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか?金相場の今後の見通しについて、分かりやすく解説しました。金相場は日々変動しますが、金は資産価値にもなります。
少しでも、金相場について、ご理解頂けたら嬉しいです。

金・貴金属に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ