お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 バッグ バッグの記事一覧 誰もが知るハイブランドの歴史を見てみましょう

誰もが知るハイブランドの歴史を見てみましょう

July 26, 2021: Nakhon Prathom, THAILAND, On the table is a Louis Vuitton bag, as well as another generic handbag brand. Louis Vuitton is a luxury fashion house that specializes in leather items.

ハイブランドと聞いて、どのブランドを思い浮かべるでしょう。世の中には、本当にたくさんのブランドがあり、品質やデザイン、使いやすさなどを競い合っています。その中でも、誰もがきっと思い浮かべるであろう、ハイブランドの歴史を紹介します。ローマは1日してならず、あの超有名ブランドも最初は本当に小さな1店舗から始まっているのです。

世界一の知名度を誇るブランドLouis Vuittonの歴史とは?

Louis Vuittonの創業は1854年、今からおよそ160年以上前のことです。創業者のルイはなんと16歳という若さでスーツケース職人になることを決意します。彼の職人としての技術は卓越していて、当時のフランス国王からも受注を受けるほどでした。職人として20年以上も腕を磨いたルイはパリに自らのアトリエを作り、旅行カバンの専門店を創業しました。それこそが現代に続くLouis Vuittonの始まりなのです。彼の作る旅行カバンは創業間もなくしてパリ全土から熱狂的な支持を得ました。当初、人々の心を掴んだ商品はルイが考案した積み上げ安く軽量なトランクケース「グリ・トリアノン・キャンパス」でした。

それまで蓋部分が丸みを帯びたトランクケースが主流でしたが、グリ・トリアノン・キャンバスは木箱のように平らなデザインをしており、その美しいデザイン性と使い勝手の良さに多くの人々が魅了されました。

さて、現代のLouis Vuittonを語る上で避けては通れない存在あるモノグラムシリーズやダミエシリーズはいつ生まれたのでしょう。実はこの世界一有名なデザインと言っても過言ではないデザインは、Louis Vuittonの2代目ジョルジュ・ヴィトンによって生み出されたのです。ジョルジュが代表になったころ、すでにLouis Vuittonはコピー品が出回るほどの存在になっていました。それに危機感を覚えたジョルジュは新しいモデルLラインを考案します。それが現代に続くダミエシリーズになります。モノグラムよりもダミエの方が先に作られていたことに驚かれる方多いのではないでしょうか。そしてこのダミエは日本の市松模様からインスパイアされた考案されたというエピソードもあります。

ダミエは大量生産できることを念頭に作られたデザインでもあったのですが、またこのダミエにもコピー品が出回ってしまいます。コピー品とのイタチごっこに頭を悩ませたジョルジュは、大量生産できる簡易なデザインではなく、職人の高度な技術を要するデザインを考えました。それが、LとVを組み合わせ、日本の家紋のようなデザインの星や花のデザインを用いたモノグラムシリーズです。

このシリーズは当時の技術では、コピー品には真似ができない技術が必要で、コピー品の大幅な減少と、そのデザイン性から製品自体の人気にも火がつき、再びパリ全土から絶大な支持を得たのです。ダミエもモノグラムも日本の伝統的な意匠を参考に生まれたものですが、なぜ、ジョルジュは日本のデザインを知っていたのでしょう。それは当時行われました。パリ万国博覧会が関係しています。長く鎖国をしていた日本の文化は世界にとって、とても興味深く、魅力的なものに映ったのです。

このころ日本のエッセンスを美術に取り入れたジャポニズムという言葉も誕生しています。ジョルジュもジャポニズムに影響を受けた一人と言えるでしょう。かのLouis Vuittonの代表的なラインが日本の影響で生まれたというエピソードを聞くと、日本人として誇らしくなりますよね。

イタリアの名門、グッチの歴史

創業者グッチオ・グッチが1921年イタリア・フィレンツェで旅行バッグや馬具などの高級皮革製品店を創業し、そこからグッチの歴史は始まります。そして、わずか2年後の1923年には2店舗目をオープンしました。

お馴染み「GG」ダブルGのモノグラムは、品質保証の証としてグッチオのイニシャルを商品に刻印したものです。グッチはこのとき、世界で初めてデザイナーの名入り商品を販売しました。「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」のコンセプトが支持され、1938年にはさらに新たな店舗もオープンします。

こうして好調に拡大していった事業も、第二次世界大戦を機に、苦しい時代を迎えることとなります。戦時中、牛革は統制品となり使用が困難になりました。素材の調達に苦しむ中、グッチオが代替素材として考案したのは、コーティングを施したキャンバス地でした。代替素材とはいえ、その高級感あふれる仕上がりと配色にはグッチオの洗練された生きた技術がうかがえ、これが思わぬ人気を呼ぶことになります。

また、「皮を使用しないバッグの持ち手」も考案し、代替素材として使用した竹が「バンブーバッグ」の始まりとなりました。今となっては、どちらもグッチを代表するアイコンとなっており、グッチにとって最大のピンチは最大の転換点になったのでした。

女性のファッションに多大な影響を与えたブランド、シャネル

1910年パリのカンボン通りにガブリエル・シャネル(ココ・シャネル)が、帽子店を開業した事がシャネルのブランドとしての始まりです。開業後は、帽子に限定せず衣服へと取り扱うアイテムを増やし、画期的で独創的なシャネルのデザインは当時のファッション業界に大きな衝撃を与えます。

また、自分自身がシャネルのブランドアイコンとなりシャネルの名を世の中の人々に発信した事でも有名です。シャネルは常に新たな試みに果敢にチャレンジしブランドを成長させてきた歴史を持っており、恋多き女性であったガブリエル・シャネルの波瀾万丈な人生と共に、シャネルのブランドの魅力を一層引き立てていると要因になっていると言えます。

1971年にシャネル創業者であるガブリエル・シャネルが亡くなり、1983年にカール・ラガーフェルドがシャネルのデザイナーに就任しています。時代のトレンドを敏感に押さえたカール・ラガーフェルドのデザインは、現在、多くの女性を虜にしています。

まとめ

いかかでしたでしょうか。今では誰もが知るあの世界的有名ブランドも、始まりは本当に小さな1店舗から始まっているのです。もしかしたらこうしている間にもどこかの町で将来の名門ブランドが静かに産声を上げているのかもしれません。

バッグに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ