買取ビジネスの経営で必要なことは?フランチャイズ加盟も考えてみよう!

時代とともに、買取ビジネスは成長を遂げ続けています。一方で、新規参入者が多くなり、競争率が高いのも特徴だといえるでしょう。これから買取ビジネスを始めるためには、経営で必要な知識をしっかり学ばなくてはなりません。この記事では、買取ビジネスの基礎知識や、フランチャイズ加盟という選択肢について解説していきます。

 

1.買取ビジネスの経営で必要なこと

ライバルが多い業界だけに、買取ビジネスでは開業直後から安定した経営を心がけたいところです。以下、買取ビジネスの経営で押さえておくべきポイントを紹介します。

 

1-1.お金の管理をしっかりする

買取ビジネスでは、支払いが先行する仕組みになっています。そのほかの経費も想定しながら、計画的に資金を確保したいところです。たとえば、店舗を借りるにせよ、自宅で営業するにせよ、「家賃」「光熱費」といった経費は毎月発生します。買取ビジネスは知名度が重要なので「宣伝費」も欠かせません。インターネットや電話といった「通信費」もかかってきます。そして、店舗や在庫の倉庫を安全に管理できるよう、「警備費」にお金をかけているところも少なくありません。

規模によっては、1人で経営するのも難しくなります。社員やアルバイトスタッフなどに支払う「人件費」も考慮しましょう。そのほか、オフィス用品を揃えるお金や資料の印刷代など、「雑費」も余裕を見ておきたいところです。これらの経費に加えて、買取を続けるのに十分な資金が必要とされます。経営が軌道に乗るまでは、開業時に用意していた運転資金に頼らなくてはなりません。堅実に経営していくためにも、お金の管理を疎かにしないよう注意しましょう。

 

1-2.目利き力を高める

品物の価値を適切に見極めることを「目利き」と呼びます。そして、買取ビジネスは随所で目利き力を問われる仕事です。買取の際には、顧客が納得するような査定価格を提示しなくてはなりません。顧客が不満を抱いてしまうと、それ以降、リピートしてもらえなくなります。また、「なぜこの価格になったのか」「この商品にどのような価値があるのか」といった疑問にも答えられることが必須です。適正価格で買取を行えるようになれば、顧客の満足度が上がって集客につながるでしょう。

さらに、目利き力が高まると、偽物の買取を防げます。特に、ブランド品や限定グッズなどは、高額買取を狙った偽物が数多く出現します。利用者自身、偽物だと思わずに品物を査定依頼してくるケースもありえるでしょう。こうした偽物を買取ってしまうと大きな損害になるばかりでなく、社会的信用も下がりかねません。品物ごとの特徴を押さえ、偽物を見抜けるようになったら安全に経営を続けられます。そして、正当な価格で買取り、高額で販売する循環を生み出していくことが大事です。

 

1-3.集客をしっかりする

買取業界は競合がひしめいているので、宣伝によって大きな差が生まれます。そもそも、買取ビジネスは大前提として、商品を顧客から仕入れなくてはなりません。店舗に足を運んでくれる人がいなければ商品を揃えられず、利益につなげられないのです。費用対効果を意識しつつ、積極的に集客することが肝心です。たとえば、「ホームページ」は作るようにしましょう。ホスティングサービスやドメインに料金がかかることはあるものの、作成だけなら無料で行えます。また、デザイン性に優れて見やすいホームページはイメージアップになり、顧客からの注目度を高められます。

次に、「インターネット広告」や「チラシ」も大事です。消費者の多くはスマホやパソコンを使い、インターネットで情報収集を行うので、リスティング広告や動画広告はターゲットに目に留まりやすいといえます。一方、特定のターゲット層に絞ってポスティングや折り込みをするなら、紙のチラシも有効です。そのほか、効率的な宣伝方法として「SNS」も無視できません。登録が無料でできるうえ、更新が簡単なのもメリットです。何より、人気のSNSには大量の利用者がいるので、上手に活用すれば情報を拡散できます。写真や動画を載せたり、ホームページにすぐ誘導したりできるのもSNSの強みでしょう。

 

2.フランチャイズに加盟しても経営はできる

個人で買取ビジネスを始めるのが不安なら、フランチャイズ加盟を考えてみましょう。本部と契約を結ぶことで、既存の経営ノウハウを利用できるようになる仕組みです。フランチャイズにはさまざまなメリットがあります。まず、「新規参入のしやすさ」は代表的な恩恵だといえます。フランチャイズ加盟すると、本部の知名度を借りることが可能です。本部のリピーターが注目してくれるので、開業直後からかなりの集客を見込めるケースも珍しくありません。また、本部の経験やスキルを伝授してくれるので、早い時点で経営が軌道に乗りやすいのです。

「サポートの手厚さ」もフランチャイズの特徴です。経営に困ったとき、本部の担当者にアドバイスをもらえます。未経験者なら特に、買取ビジネスについて相談できる人間がいるのは心強いでしょう。さらに、買い取った品を本部が買上げてくれることもあります。加盟店が損をしにくい体制が確立されていて、安心して経営に集中できます。そのほか、取引のある業者など、本部から顧客を教えてもらえるので、利益を回収しやすいのも大きなメリットです。

そのかわり、フランチャイズ加盟をすると、本部に月々のロイヤリティを支払わなくてはなりません。ロイヤリティの割合があまりにも大きいと店舗側の利益が残らないため、本部を決めるうえでの重要な基準になりえます。たとえば、買取専門店の大吉ではフランチャイズ加盟店を募集しているので、資料請求してロイヤリティを確認してみましょう。

 

3.大吉のフランチャイズに加盟するメリット

フランチャイズ加盟すれば、大吉の名義で買取ビジネスをできるようになるのは大きなメリットです。大吉は全国展開している買取業界の代表格であり、ブランド品を中心として実績も豊富です。すでに世間から絶大な信頼があり、開店してすぐ名前を使えるなら集客につながるでしょう。また、大吉の本部から「物件を紹介してもらえる」のもポイントです。大吉には視認性やロケーションといった独自の基準があり、エリアごとに最適な物件を割り出す能力があります。加盟店にとって、安定した利益を出しやすい物件を紹介してくれるので、場所選びに迷いにくくなります。

そのうえで、大吉が「広告宣伝を主導してくれる」のもメリットです。大吉には数々のフランチャイズ展開を成功させてきたメソッドが豊富にあります。経験則に基づき、出店エリアや人口区分を分析して、宣伝プランを提案してくれるのです。「チラシのデザインはどうするか」「どのWEB媒体に宣伝を載せるか」といった疑問が解消され、費用対効果の高い情報発信が実現します。

そして、独自の「AI査定サービス」を利用できるのも大吉の特徴です。店舗で商品を写真撮影すれば、AIがポイントを解析して査定価格を割り出してくれます。精度は99%を誇っており、買取ビジネスの未経験者であっても安心して査定を行えます。なお、万が一、AIに査定ミスが発生して相場以上で買取ってしまっても、本部が保証するシステムです。

 

まずはフランチャイズの資料を取り寄せてみよう!

急成長を見せている買取ビジネスでは、新規参入を考えている初心者も少なくないでしょう。その場合、フランチャイズ加盟してみるのも選択肢のひとつだといえます。ライバル店舗と競争していくために必要なノウハウを、開業時点で身につけられる方法だからです。フランチャイズ加盟を検討するのであれば、買取専門店の大吉に資料請求するのがおすすめです。

未経験でも挑戦可能?買取フランチャイズの安心の仕組みを紹介

買取ビジネスがブームであることから、自分でも始めてみたいという人が増えています。しかし、どのように取り組めばよいのか、わからないという人が多いのではないでしょうか。その点、買取のフランチャイズであれば未経験者でも安心して取り組めるノウハウがあるのです。そこで、今回の記事では買取フランチャイズの仕組みについて紹介していきます。

 

1.買取ビジネスとは?

お客さんからできるだけ安く商品を買い取り、その価格よりも高い価格で別のお客さんに売ることで利益を出すビジネスのことを「買取ビジネス」といいます。身近にあるビジネスの例としてはリサイクルショップや質屋を想像してもらうとよいかもしれません。このビジネスは商品を安く買い取れば買い取るほど大きな利益を生み出すことができますが、お客さんに納得してもらえなければ売ってもらうことはできません。買い手と売り手の双方が納得するちょうどよい中間点を見極めることが大切なのです。さらに、買い取った商品を売るための販売先を持つ必要があります。極端にいうと、この2つさえしっかりと行うことができれば、確実に利益を生み出すことができるのです。

一口に買い取るといっても、中古車やバイクなどの大きなものは取り扱いません。ブランド品や宝飾品、貴金属、金券、切手、時計、化粧品など保管スペースをとらず、なおかつ高額な取引が期待できるものを買い取ります。また、買い取った商品を自らのショップで売るケースもあれば、買取だけを行うケースもあるのです。

 

2.買取フランチャイズの仕事内容

買取フランチャイズにはさまざまな業務がありますが、そのなかでも大きな割合を占めているのが買取査定の業務です。買取査定というのは、お客さんが持ち込んだ商品を見極めて買取価格を決めることです。お客さんから買い取る商品は中古品のため、同じ商品だとしても価格は違ってきます。傷や汚れなどのコンディションをよく見て、査定をしないといけません。なかでも難しいのがブランド品です。市場には巧妙な偽ブランド品が出回っているため、真贋の見極めには専門の知識が必要となるのです。流行り廃りもあるため、その時々の相場も買取価格には影響します。その点、フランチャイズに加盟すれば買取ビジネスのプロフェッショナルからどのように査定すればよいのか、そのノウハウを教えてもらうことができます。開業時のサポート体制も充実していて、安心して運営することが可能です。

買取査定の業務のほかにも、買取品の換金という業務があります。商品を買い取ったら台帳に記入しなければなりません。加えて買取品を倉庫に保管したり、ビジネス形態によっては店舗の陳列棚に並べたりします。また、商品を仕入れなければ買取ビジネスはスタートしません。そのためには売りたいというお客さんが増えるように、チラシを作成したりネットや地域の情報誌などに広告を出したりして、買取ビジネスをしていることを知らせる必要があります。やることが多く大変なビジネスのように思えますが、実は1日の来店客数は平均が5~10名程度と多くありません(フランチャイズ比較.net・買取のフランチャイズを始めるのに必要な準備を参照)。1人でも無理をせずに取り組むことができるビジネスといえるでしょう。

 

3.フランチャイズなら安心?その仕組みとは

未経験者でも買取フランチャイズに加盟すれば、リスクなく取り組むことが可能です。次からはどうして安心なのか、買取フランチャイズの仕組みについて紹介していきます。

 

3-1.在庫リスクが少ない

通常、買い取った商品を販売することで初めて利益が出ます。しかし、自分では売れると思った商品でもお客さんが購入するとは限りません。商品が売れ残るようなことになれば、それはそのまま損失につながります。たとえ売れたとしても売れない期間が長ければ長いほど、利益を手にすることはできないのです。商品が売れない状態が続くと次の商品を仕入れることができず、経営状態が悪循環に陥ります。加えて保管スペースを空けるために在庫を処分しようとすると、処分費用もかかってきます。このように買い取った商品を店舗で売ろうとすると在庫を抱えるリスクが出てくるのです。

しかし、買取フランチャイズの場合は、本部が買い取った商品の大半を引き受けてくれます。本部という安定した販売先を持つことができるため、他の業種よりも在庫を抱えるリスクを抑えることができます。また、どのような商品を仕入れるとフランチャイズの本部が買い取ってくれるかがわかれば、すぐに仕入れた商品をお金に換えることが可能です。つまり、在庫を抱える期間が短くて済むのです。このほか、在庫の量が少なければ保管しておく倉庫のスペースも取りません。倉庫を借りるのにも使用料がかかり、広ければ広いほど使用料も高くつきます。こうした経費も在庫が少なくなることで抑えることが可能になるのです。

 

3-2.小さなスペースで開業できる

買い取りから販売まで行う場合、商品に棚を並べてお客さんに入ってもらうことができる店舗を確保しなくてはなりません。店舗を借りるには家賃以外にも、敷金・礼金・仲介手数料を用意する必要があります。さらにお客さんを集めるためには、できるだけ立地のよい場所に店舗を借りることになるでしょう。そうなると、高い家賃が発生します。しかし、買取フランチャイズであれば店舗はもちろん、大規模な設備を持つ必要がありません。お客さんに入店してもらう必要がないため、5坪前後の小スペースでも十分経営が可能です。その結果、家賃を低く抑えることができます。

また、店舗の場合は商品を並べたりお客さんの接客をしたりする必要があるため、人を雇わなくてはならず、人件費がかかります。しかし買取ビジネスの場合はこうした業務は不要です。ビジネス規模にもよりますが、1人でも回すことが可能です。そのため、人件費も抑えることができます。家賃や人件費は毎月かかる固定費です。長く安定した経営を続けるためには、いかに固定費を抑えるかがポイントになります。固定費が安く済むことは、買取ビジネスの大きなメリットといえるでしょう。

 

3-3.未経験でも安心のサポート

買取ビジネスは「安く買って高く売る」という至ってシンプルな仕組みです。にもかかわらず、尻込みしてしまう人の多くは査定ノウハウがないと経営が難しいと思っているからではないでしょうか。確かに適正な価格で売れ筋の商品を買い取るためには長い経験に裏付けされた見極める力や専門知識が必要になります。きちんと査定ができないと、偽ブランド品や不良品を買い取ってしまう心配が出てくるでしょう。そして間違った査定が度重なると経営が傾いてしまいます。未経験者がいきなり買取ビジネスに参入するのは難しいものなのです。その点、買取フランチャイズであれば査定マニュアルや開業前の研修が充実しているので安心です。

また、十分なフォローやサポート体制が整っているため、困ったときには本部の助けを借りることができます。査定の際に不明点が出てくれば本部にオンライン相談や電話での問い合わせも可能です。フランチャイズのなかには人間の代わりに査定を行ってくれるAI鑑定を導入しているところもあるのです。

 

未経験でも安心の仕組みが整っている!

買取フランチャイズの仕事内容やメリットなどを理解していただけたでしょうか。買取フランチャイズであればフォローやサポート体制が整っているため、査定ノウハウがない未経験者でも安心して取り組むことができます。この記事を読んで、買取フランチャイズに興味を持った人はぜひ「大吉」まで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ブランド買取を始めたい!ブランド買取を独立して行う方法とは?

ブランド品を持つことに憧れる人や愛用する人は時代を問わず一定数いるものです。また、そのような人たちのなかには別のブランド品などを買う際の資金作りのために買取店を利用する人も多く、ブランド買取には安定した需要があります。ただし、ブランド買取の独立開業は誰でも簡単にできることではありません。そこで、今回は実際に独立してブランド買取を行う方法と失敗しないために独立時に必要となることについて解説します。

 

1.ブランド買取の独立方法

独立してブランド買取を始める方法は大きく4つあります。1つ目の方法は買取サイトやフリマアプリなどに登録してブランド品の買取を行う方法です。法人を対象としたサイトに限らず、個人との売買が可能なサイトもあるため必要に応じて利用先を選びましょう。利用には料金がかかるところもあるため事前に確認しておいたほうが安心です。2つ目はブランドオークションに参加してブランド品を入手する方法です。オークションは規模の大きなものから小さなものまで全国各地で開催されていて、一定の業者だけではなく一般人が参加できるものもあります。また、オークションによってはインターネット上で参加できるものもあるため、地域を限定せずに遠方で開催されるものも併せてチェックしておくとよいでしょう。

3つ目は自分でお店を出す方法です。出店方法にはインターネットを活用した自宅出店と店舗やテナントを契約する手段の2つがあります。自宅で出店すれば物件を借りる費用がかからないため準備資金を抑えることが可能です。一方、店舗やテナントを借りてお店を出しブランド買取を始める場合には、立地などについて慎重に選ぶことが求められます。4つ目はフランチャイズ契約を結ぶ方法です。加盟契約を結ぶとフランチャイズの本部から経営ノウハウや運営プランなどを用意してもらえるため、経営について学びながらリスクを抑えて独立できます。

 

2.ブランド買取を行う上で必要なもの

独立してブランド買取を始めるためには自分で事前にさまざまな準備をしていかなければなりません。準備が必須となるものは大きく2つです。1つ目が「古物商許可証」の取得です。古物商許可証とは公安委員会から古物営業の許可を受けている証明書で、買取を行う主となる店舗を管轄する警察署で申請します。気軽に利用できるインターネットを通した買取であっても、古物営業を行う場合には古物商許可証は必須です。取得していないと買取を行い販売することはできないため余裕を持って1カ月以上前には申請を行いましょう。

2つ目は準備資金です。まず、ブランド買取を始めるにあたり欠かせない古物商許可証の取得に手数料がかかります。また、買取のための初期費用も必須です。買取規模によるものの、一般的に約1000万円は必要となります。さらに、買取サイトやオークションサイトを利用する場合には、登録にあたり入会金や保証金、月額費も別途用意しなければなりません。ブランドオークションへの参加の際にも入会金や月会費、参加費を求められる場合があります。

 

3.経営にあたって重要なポイント

経営を成功に導くためには押さえておくべきポイントがあります。まず、高級なものを見分けられる判断の目があることは重要です。中古市場には数多くのさまざまな製品が出回っています。数あるなかから高級な需要の高いものを見つけて買い逃さないようにする力があるかどうかは、経営が成功できるか否かに大きく関わるポイントです。また、なかには偽物も出回っているため、誤って購入しないように本物かどうかをしっかりと見極められる目を持っていることも求められます。

加えて、十分な資金を確保することも重要です。せっかく質の良い高級品と出会えても資金が足りなければ買えません。査定額の高いものと出会ったときでもためらわずに買えるだけの資金を用意するか、用意できない場合にはフランチャイズ経営などを行って資金のサポートを受けるかにしましょう。さらに、集客活動も大事です。そもそもブランド品の所有者にブランド買取を行っていることを知ってもらわなければ商売は成り立ちません。広告を出したりSNSを上手に活用したりするなどして積極的に集客活動を行いましょう。

 

4.ブランド買取の開業形態

ブランド買取の開業には店舗型、出張買取型、独立型やフランチャイズなどさまざまな形態があります。どの形態が最適であるかは個々の状況により異なるため、まずは各形態の特徴を知っておきましょう。まず、店舗型は借りた物件を店舗として利用しブランド買取を行うスタイルです。家賃などの固定費がかかる一方、通る人の目に入りやすいためお店を出すだけで宣伝につながります。また、地域密着型で顔なじみとなるようなリピーターを作るなど集客しやすいのも特徴です。対して、出張買取型は家賃などがかからないのが魅力です。ただし、開業するだけではブランド買取をしていることを知ってもらうことさえできないため自分で集客や宣伝活動を進んで行わなければなりません。

また、自分で独立して開業する場合、完全に一から自身で動く独立型と、開業に関する知識や経験を持ったフランチャイズに加盟するスタイルの2種類があります。独立型はすべて自分で行うためロイヤリティなどを支払う必要はありません。ただし、自分で販路を開拓するなど軌道に乗るまでの苦労は多くなります。対して、フランチャイズは加盟店に支払うお金が別途必要ですが、未経験でも始めやすい点が魅力です。次では、さらに詳しくフランチャイズのメリットとデメリットを紹介します。

 

5.フランチャイズのメリット

フランチャイズ契約をすると経営におけるさまざまなサポートを受けられます。独立してブランド買取を行うのが初めての場合には、特に開業や経営に関する心配事や不明点などが出やすいものです。そのため、専門的な知識を持った相談相手がいることは不安解消につながり大きな支えとなります。また、集客活動のサポートを受けられる点も魅力です。今やホームページやSNSなどは業界を問わず広く宣伝活動に利用されています。しかし、一人で一からホームページを作成したり、どのように利用すればよいのかを判断したりといったことは素人だと簡単ではありません。集客効果の高い宣伝方法についての知識が十分になく、経験が浅い場合にはフランチャイズへの加盟は心強くなります。

さらに、出店する場合に迷いやすい物件選びを手伝ってもらえる点もメリットです。店舗の規格や立地などは経営に大きく関わる重要な事項となります。物件選定の相談に乗ってもらえたり出店場所を提供してもらえたりできるサポートは大きな安心につながるでしょう。そのほか、買取の重要な判断となる査定のサポートを受けられたり、一定の買取保証額を付けてくれたりするフランチャイズもあり、加盟先を上手に選んで利用すれば初心者でもリスクを軽減しながら独立開業にチャレンジできます。

 

6.フランチャイズのデメリット

フランチャイズ経営はブランド力が大きな要となっています。ブランドイメージを壊さないためにも加盟する個々の店が独自の方法で経営することはできず、その不自由さはフランチャイズを利用する際のデメリットです。原則、本部が決めたマニュアルやルール通りに買取や運営を行います。また、いろいろなサポートを受けられる分、その対価として本部にさまざま費用を支払わなければなりません。まず、初期費用として加盟金や研修費がかかることは必須です。また、開業後も毎月ロイヤリティを払う必要があります。さらに、経営が軌道に乗ったからといって契約期間の途中で勝手に解約することはできません。途中解約を行う場合には違約金を支払うことが通常です。加えて、ノウハウを利用されないために加盟から外れた後は同業種で開業することは一定期間禁止されています。

 

ブランド買取を始めるならフランチャイズを検討しよう

独立してブランド買取を行うためにはブランド品の買取先の確保や買い取ったものを売るためのノウハウが必要です。これらのない初心者がいきなり独自に買取を始めると多少のリスクが生じます。ブランド買取の経験がなく知識に自信がないなかでブランド買取を始めたい場合には、フランチャイズに加盟すると不安を解消しながら経営できて安心です。開業から運営までさまざまなサポートを受けられるためリスクを回避できます。

買取専門店について知ろう

ショッピングセンターの一角などに、貴金属やブランド品などの買取をする店舗を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。このような店舗は買取専門店といわれており、長引く不況下でも店舗数が増加している傾向です。この記事では、買取専門店の概要や買取専門店をビジネスとして行う場合に、なぜフランチャイズに加盟すると良いのかについて解説します。

 

1.買取専門店とは

買取専門店とは、貴金属やブランド品などを中心として携帯電話や切手、古銭などお客様が持ち込んだ品物の査定を行い、査定額をお客様に支払う店舗のことです。それぞれの買取専門店によって取扱う品目は異なっており、幅広い品目を扱う店舗もあれば、限られた品目を扱う専門性を打ち出している店舗もあります。買取専門店は、ショッピングセンターなどの一角に店舗を構えていて、誰でも気軽に入店しやすい雰囲気の店舗も多々ある傾向です。限定品や季節ものなどの取扱いもあるため、不要になったものを買取専門店に売却し、売却によって得たお金で新たなブランド品を買う人も少なくありません。買取専門店には専門の鑑定士が在籍するため、買取に出す人が安心して来店できることも特徴です。

フリマアプリが普及したことにより、不用品を売ること、中古品を買うことに抵抗を持つ人は少なくなってきています。また、石油などの天然資源が枯渇することへの危機感やごみの最終処理場の不足などの問題がクローズアップしてきている状況です。そのため、限りある資源を大切に使い、ごみを減らし環境への負荷を少なくしようという人々の意識も高まっています。一方、断捨離やミニマリストなども世の中の流れとして定着してきており、ものを減らしたいと考えている人も増加傾向です。不要なものを捨ててしまえばごみになって1円にもなりませんが、買取専門店に持ち込めば換金が可能なため、買取専門店を利用しようとする動機付けになります。

 

2.買取専門店とリサイクルショップとの違い

新品で品物を購入する場合は定価があるため、値引き額などそれぞれの店舗による違いはあっても品物の価格が大きく変わることはありません。しかし、中古品の場合は価格相場に大きな幅があるのが特徴となっています。リサイクルショップは、どの業者に売却するかによって査定額が大きく異なる傾向です。それに対して、買取専門店は適切な査定額を提示してくることが一般的となっています。買取専門店では市場価格を把握したうえで買取金額を設定しているためです。また、買取専門店では、買取できる品目を定めているところもあります。そのため、不要なものを何でも引き取ってもらえるとは限りません。

一方、リサイクルショップでは幅広い品目に対応していることが多々あります。買取に出しても値段がつかなかった場合、リサイクルショップなら引取してくれる可能性もあるでしょう。引越しなどで不用品がたくさん出た場合は、買取専門店よりもリサイクルショップのほうが気軽に利用できます。商品価値がないものでも引き取ってくれる可能性があるのはリサイクルショップです。リサイクルショップではノーブランドの衣料品なども引き取ってくれる代わりに、ブランド品を出したときに査定額が安くなることが多々あります。逆に、買取専門店に同じブランド品を出した場合には高額査定してくれる可能性が高いです。ブランド品を出す場合は、リサイクルショップではなく買取専門店に持ち込むことが賢い方法だといえます。

 

3.買取ビジネスの仕組み

買取業者は、お客様が店舗に持ち込んだ商品を買取し、それを再度販売することで儲けを出します。商売を成立させるためには儲けを出すことが必須であるため、商品を買取した後に販売する価格から何割かを差し引いた金額をお客様に査定額として提示するのです。お客様から買取した商品は、自分の店舗で再販する場合と専門業者に買取してもらう場合があります。自分の店舗で販売する仕組みを持たない業者の場合は、お客様から買取した商品を専門業者に買取してもらうことでビジネスを成立させるのです。

お客様に提示する査定額があまりにも安すぎた場合、お客様は査定額に不満を持ち買取に応じてもらえないでしょう。また、お客様から買取した商品を再販するときに、それよりも高い金額で売れなければ損をしてしまいます。そのため、お客様が納得のいく金額の査定額を出すこと、それでいてできる限り安く買取すること、買取した商品をできるだけ高く買ってくれる販売先を確保することが買取ビジネスを成功させる秘訣です。

 

4.買取専門店が儲ける理由

買取専門店では、お客様から買取した商品をそのまま店舗に置いているわけではなく、商品ごとに次の買取先が決まっています。そのため、買取と再販を行う小売店のように店舗に在庫を置いておく必要がありません。在庫を店舗に抱える必要がなければ、店舗のスペースを最小限に抑えることができます。店舗のスペースが小さければ家賃や光熱費、在庫管理にかかるコストを抑えることが可能です。家賃はさまざまなコストの中でも最も大きな割合を占めるため、それを低く抑えられることで利益率の上昇に直結してきます。さらに、買取を行うだけであれば、従業員も複数雇い入れる必要がないため、人件費も抑えることが可能です。

また、買取専門店ではお客様から買取した商品の販売ルートが確立しており、次の買取先に確実に売れる仕組みになっているため、確実に利益を生み出し、自分で販売努力をする必要もありません。買取と再販を行う小売店では、お客様から買取した商品が売れなければ在庫が増えてしまうリスクを負うことになります。この他に、買取と再販を行う小売店では、ブランド物のバッグや時計などの高額商品を店頭に陳列するため、万引きや盗難が起こる可能性もあり、その対策も欠かすことはできません。買取専門店では買取した商品を店頭に陳列することもないため、万引きや盗難が起こる可能性も少なくすることができます。

 

5.買取ビジネスはフランチャイズで開業すべき

通常のビジネスは経済状況に影響を受け、不況が続くと売上が落ち込みがちになります。しかし、買取業界は不況に強い業界だといわれているのです。買取業界の市場規模は2017年において約2兆1000億円、前年比11.7%の伸び率を記録しています。不況が長引く中で、家庭に眠っている不要品を処分したいと考える人は少なくないことから、買取市場はこれから先も成長することが見込まれているのです。買取ビジネスを始めるならフランチャイズで開業すると有利になります。まず、開業にあたっての初期投資を抑えることが可能です。フランチャイズ業界の中でも買取ビジネスは初期投資が比較的少ない傾向があるため、挑戦しやすい業界だといえます。

開業にあたっての店舗取得や集客に関する宣伝広告、査定方法や店舗運営に関する技術などは本部がしっかりと研修やサポートをしてくれるので安心です。開業1年目にはスーパーバイザーが店舗に常駐するサービスを行っている企業もあるため、未経験からでも始められます。お客様から買取した商品をスピーディーに換金できるシステムがあるため、在庫を抱える必要がないだけでなく安定した利益を得ることが可能です。1日の接客数も3~5人程度で十分な利益を出すことができるため、副業で経営したい人や女性、高齢者なども気軽に始められます。

 

買取加盟なら継続率99.1%の大吉へ

フランチャイズ業界の中で注目を集めているのが買取専門店です。買取専門店は長引く不況下においても市場規模が拡大しており、今後の成長も見込まれます。中でも、買取専門店大吉は初期投資も比較的少なく、開業後も手厚いサポートが受けられることから99.1%が事業を継続している状況です。買取専門店をフランチャイズで開業することを検討しているなら、大吉を選んではいかがでしょうか。

買取業者について

「SDGs」や「3R」といった言葉が生活に浸透する中で注目されているのは、不要になったものをすぐに捨てずに、再利用する暮らしです。人々のリサイクル意識が高まるにつれ、不用品の買取を依頼する人が増えています。フランチャイズに加盟して買取業者としての開業を考えている人に向けて、利用者の視点から、高く評価される買取業者について説明していきます。

 

1.いい買取業者とは

買取業者としての開業を成功させて好調な業績を保ち続けるためには、利用者にとって「いい買取業者」を目指す必要があります。利用者の立場に立って、買取の依頼をしたくなるポイントを考えてみましょう。1つ目は「買取対象の品目やブランドが多いこと」です。利用者が買取を依頼するタイミングは、引越しやグローゼットの整理、自宅の大掃除後などで、多くの人は多種多様な不用品を一度に処分したいと考えます。洋服はA社、貴金属はB社、金券はC社というように数社に買取を依頼するのは手間ですし、せっかく品物を持って行っても「このブランドは対象外なので買い取れません」と断られるのでは「いい買取業者」とはいえないでしょう。多くの品目やブランドを幅広く査定することで、俯瞰的に見た商品の価値を的確に判断することができるため、利用者の安心感も得られます。

2つ目は「実店舗があること」です。インターネットで受け付け、郵送で商品をやりとりする買取業者も増えていますが、特に大切な品物の買取を依頼するときには、顔を見てやりとりしたいと考える人が多いでしょう。実店舗に持ち込む形での買取依頼であれば、品物の状態や希望金額についてその場で話せるほか、買取が成立すればその場で現金を受け取ることもできるため、振り込みに関するトラブルを避けることが可能です。買取を依頼する品物が多いときも、1点1点について査定金額の説明を受けたり、質問に答えてもらったりすることができます。買取業者として独立・起業を考えるときには、この2点をおさえておくとよいでしょう。

 

 

2.良くない買取業者とは

事業を長く継続させるためには、利用者にとって「良くない買取業者」にならないことが大切です。良くない買取業者とは、利用者が安心できない取引方法を進めている業者といえるでしょう。例えば、多くの品物を一度に買い取る際に「全部まとめて〇円です」と査定する業者があります。「とりあえず売りたい」と考えている利用者にとっては良い方法のようにも思えますが、これでは1点1点の商品に対して正当な査定が行われているかが分かりません。買取が成立した後に、中に高価な品物が含まれていたことに利用者が気づいたら「だまされた」という感情を抱くのではないでしょうか。

買取業者側にだます意図がなかったとしても、悪い評判はあっという間に広まってしまい、経営に深刻なダメージを与えます。利用者に少しでも安心してもらうため、すべてをまとめて査定する方法は避けたほうが良いです。まとめ買いをする場合は、1点1点の査定金額の根拠を説明し、強引な取引にならないようにしましょう。依頼者が決めかねているのに現金を積んで決断を迫ったり、判断が難しい高価な貴金属を、専門器具を使わずにその場で査定したりするのもマイナスポイントです。利用者が不信感を抱く取引方法は徹底的に避けましょう。

 

3.買取業者の選び方

利用者にとってメリットの多い買取業者の選び方を紹介していきます。1つ目は、買取実績の多い業者を選ぶことです。買取実績が多いというのは、利用者の評判が良く、満足度が高いことを意味しています。特にブランド品の買取では、買い取ったブランドをたくさん販売できる力があることも重要です。買取実績が多い業者は、しっかりとした販売ルートを持っており、在庫をだぶつかせることなく、安定して取引を行っていると考えることができます。そのため、利用者はブランド価値に応じた適正な価格で買い取ってもらえる可能性が高いです。買取業者は、ホームページで買取実績を公表して詳細な買取事例を掲載すると、利用者への良いアピールになります。買取の過程が詳細に示されていれば、自分のケースに当てはめて判断することができるため、安心して依頼することができるからです。

2つ目は、自分に合った買取方法を行っているかどうかです。実店舗のある買取業者の多くは、店頭買取のほかに出張買取や宅配買取も行っています。出張買取とは、スタッフが利用者の自宅を訪れてその場で査定を行う方法です。買取を希望する品物が多い場合や、品物を運ぶのが困難な場合に適しています。予定が多くて日中に時間が取れない場合や、スタッフと顔を合わせることなく売りたい場合は宅配買取が便利です。宅配業者を利用して商品を送り、査定金額に納得した場合は買い取りが成立、現金を振り込んでもらいます。宅配買取を利用する前には、送料負担や不成立時の返品方法、現金化までの時間について事前に確認しておくと、安心して取引することができます。

 

4.おすすめの買取業者

#フクウロ

フクウロはアパレルブランドの古着やバッグを中心に、アクセサリー、時計、iPhone、カメラなど幅広く買取を手がけている宅配買取業者です。取扱品目が多く、さまざまな種類の品物をまとめて依頼することができます。自動承認コースを選択すると、最短で査定当日の手続き、翌日の振り込みが可能というスピーディーさも魅力です。

#バイセル

バイセルはブランド品、着物、切手、金券、毛皮、金、ジュエリーなど幅広い品目の買取を「宅配」「訪問」「店頭持ち込み」の3つの方法で行っている買取業者です。利用者による価格満足度が高く、ブランド、品目によっては状態が良くないものでも買取を行っています。出張買取では契約日を含め8日間以内の申し出に対するクーリングオフを実施しており、契約に関する相談を担当するお客様相談室も設けているので安心です。

#ネットジャパン

ネットジャパンは、貴金属、ジュエリー、ブランド時計の買取を「店頭持ち込み」「宅配」の2つの方法で行っている買取業者です。国内外に買取と販売のネットワークがあることが強みといえるでしょう。ノーブランドジュエリーはもちろん、工業用貴金属、金歯なども買取可能で、貴金属用の計量器を使って当日の相場と照らし合わせ、適正な査定を行っています。

#買取エージェント

買取エージェントは、ブランド品の時計やバッグ、ジュエリー、貴金属などの買取を「宅配」「訪問」「店頭持ち込み」の3つの方法で行っている買取業者です。ホームページ上で買取を希望する品物を入力すると、おおまかな買取金額が表示されるため、安心して取引できます。ホームページには大量の買取事例が掲載されているので、参考にするとよいでしょう。

#ハードオフグループ

ハードオフグループは、「ハードオフ」「オフハウス」「ホビーオフ」「ブックオフ」など、7ブランドで展開しています。衣類やジュエリー、ブランド品はもちろん、パソコンやオーディオ、家具、家電、おもちゃなど取り扱い品目の幅広さが特徴です。「宅配」「訪問」「店頭持ち込み」の3つの方法で買取が可能です。

 

フランチャイズ加盟時に買取大吉という選択肢もある

買取専門店「大吉」は買い取りに特化しているため、販売スタッフを雇わずに済み、販売のための在庫を抱えるリスクや広い店舗を借りる必要もありません。初期投資が少なく、査定に必要な技術の習得、店舗取得から広告、宣伝に至るまで手厚いサポートがあります。おすすめの買取業者にあげた業者も良いのですが、フランチャイズ経営を目指すなら、99.1%という高い継続率を誇る買取専門店「大吉」が魅力的です。

買取ビジネスで独立したい!個人かフランチャイズどっちがいい?

モノを大切にする暮らしが再評価され、古くなったものを捨てずに売ろうと考える人が増えています。この流れの中で注目されているのが買取ビジネスです。買取ビジネスを始める際には、市場がどのような状況にあるか、理解する必要があります。この記事では、個人で始める方法とフランチャイズで始める方法について、特徴やメリット、デメリットを紹介します。

 

1.買取ビジネス市場の可能性とは?

スマホやタブレットの普及で誰もが簡単にインターネットにアクセスできるようになり、アプリやオークションシステムを利用して個人単位でモノの売買をすることが一般的になってきました。「中古品を買う」という行為に抵抗を持つ人が少なくなり、自分の欲しいものが見つかるのであれば、新品、中古品を問わないという人が増えています。また、SDGsをはじめとした環境保護意識の高まりも、多くの人がリユースに社会的意義を感じるきっかけとなっています。何より節約にもなるため、不要品の処分方法として「売る」という選択肢が選ばれるようになってきました。

リサイクル通信「中古市場データブック2018」によると、2016年における国内の消費財における販売額を示したリユース市場規模は1兆7743億円で、2025年には2兆500億円に達すると見込まれています。この数字には、法人間の売買や輸出に関する値、自動車や住宅などは含まれていません。内訳をみると、ブランド品、衣料・服飾、バイク・原付、家具・家電、ゲーム・メディアと多岐に渡る品目が売買されていることが分かります。

また、自動車、バイク・原付を含むリユース市場(一般消費者の最終需要ベース)は約3兆2000億円で、医療機器市場の約3兆2000億円(2013年、厚生労働省)や、ホテル・旅館業の3兆7000億円(2012年、観光庁)に匹敵する大きさです。この数値は消費者の購入量から推計した値で、事業者が購入するものや、海外でのリユースは含まれていません。こうしたデータからも、リユース市場は今後ますます発展していくと考えられます。買取ビジネスには、将来性を評価したさまざまな業者が参入しており、良い品を手に入れるための買取価格競争が激しくなっています。

 

2.買取ビジネスに必要な能力

買取ビジネスで成功するためには、品物の価値を正確に見極め、適正な価格で取引するための目利き力が最も重要です。そのうえで、真摯で誠実な対応が必要となります。買取の口コミを検索すると「思っていたより安い値段を提示された」「安く買いたたかれた気がする」といったマイナス評価を目にすることがあります。多くのモノは年々価値が下がり、購入した時は高価であっても、同じ値段で買い取れることはほとんどありません。一部のブランド品などを除き、値段が下がるケースは一般的だといえるでしょう。

しかし、思っていたより安い価格提示だったとしても、モノに対する利用者の思い入れを十分にくみ取って対応すれば、納得して売却してもらえるのではないでしょうか。商談が成立しなかったとしても、マイナスの評価はつけられなかったかもしれません。買取ビジネスは、所有者から思い入れのある品物を買い取り、欲しいと感じる利用者に売却する、接客能力が問われる職業です。コミュニケーション力の良し悪しが「また買取をお願いしよう」「このお店を利用して買い物をしよう」という評価に影響することを覚えておきましょう。

 

3.買取ビジネスに必要なもの

買取ビジネスで起業するために必須なのが、開業資金と「古物商許可証」です。買取ビジネスは、商品を買い取るところからスタートするため、商品を売って利益を得るまで、収支的にはマイナスの状況が続きます。そのため、まず商品を買い取って商品を揃えるためのまとまった資金を用意しなければなりません。買い取った商品を保管したり、販売したりするための店舗や倉庫の契約料、賃料、光熱費も必要です。ホームページを開設するための費用や、スタッフを雇う人件費、広告費も考慮しておきましょう。出張買取をするなら軽トラックが必要になるかもしれません。

「古物商許可証」は、一度でも取引をされたことのある品物を取引する際に必要なものです。もし、この許可証をとらずに買取ビジネスを起業し、取引を行えば罰せられます。古物商許可証は管轄の警察署に届け出ることで取得できるので、開業前に必ず手続きを済ませておきましょう。申請には、住民票などさまざまな書類が必要です。インターネットで古物取引を行う場合は、ホームページに関する書類も必要になるため、あらかじめ、どのような業態で開業するか、そのために必要な書類は何かを、警察署の古物商担当係に問い合わせておくとよいでしょう。ちなみに、申請が受理されて許可がおりるまで2カ月程度かかります。

 

4.個人型とフランチャイズ型のメリット・デメリット

買取ビジネスで起業する方法として、個人で経営する方法と、フランチャイズに加盟する方法があります。

 

4-1.個人型のメリット・デメリット

個人型の買取ビジネスとは、独立した個人がすべての裁量権を持って主体的に経営する方法です。自分の裁量で仕入れから店舗運営までをすべて行えるため、取扱品目や店舗デザインに個人のカラーを出しやすいメリットがあります。ロイヤリティを支払う必要がないため、利益をそのまま確保することも可能です。一方で、仕入れ先や販路開拓を一から行わなければならず、未経験の分野から転職、起業するには大きなリスクが伴います。仕入れの際の目利きを誤れば、大きな損失を出す可能性も否めません。買い取った商品を売りさばけずに在庫を抱えてしまうなど、専門的なノウハウがない状態で始めて、資金繰りに失敗するケースも多いです。

 

4-2.フランチャイズ型のメリット・デメリット

フランチャイズ型で起業することのメリットは、加盟元で行われる研修を受け、買取ビジネスに必要なノウハウを入手できることです。学びながら経営を行うことができるため、脱サラして未経験分野から転職する、といったケースでもリスクを抑えることができます。開業と同じタイミングで加盟元の知名度を利用して集客できるのもポイントです。また、仕入れ先や販路も斡旋してもらえます。デメリットはロイヤリティや加盟金がかかることです。また、契約通りの経営をしなければならないため、店舗デザインなどに自由が少ないほか、定められた契約期間内は解約することができません。

 

5.フランチャイズ本部の選び方

フランチャイズ本部を選ぶときには、さまざまな視点からチェックを行う必要があります。多くの人にとって、まず気になるのが加盟金やロイヤリティの金額でしょう。しかし、これらの金額を優先順位の上位にして判断することは得策ではありません。加盟金やロイヤリティの金額に対して、どれだけの見返りがあるのかを把握し、コスパを重視して選ぶことが大切です。そのために、相談会や店舗見学会に参加して積極的に質問しましょう。研修の頻度や内容、開業前、開業後のサポート体制の充実度合いをチェックして、安定した経営ができるかどうかを冷静に判断する必要があります。また、買い取った品物を売りさばく販路についても確認しておきましょう。在庫を抱えることは大きなリスクにつながるからです。フランチャイズに加盟すると契約内容を遵守しなければなりません。経営方針が同じかどうかなど、経営の基本となる部分は必ず数社を比較して検討しましょう。

 

初心者にはフランチャイズがおすすめ!

フランチャイズと個人型での買取ビジネスの違いについて、理解できましたか?フランチャイズに加盟すると、ノウハウ不足からくる経営リスクを抑え、経営を安定させることができます。特に、買取ビジネス業界での十分な経験がない場合は、フランチャイズに加盟してサポートを受けながら始めるのがおすすめです。将来性のある買取ビジネス業界で、起業してみませんか。

【独立】貴金属買取で開業を目指す!メリットデメリットから開業の流れまで

フランチャイズ店を経営する場合、より失敗しにくい業種で始めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。有名なフランチャイズ経営であり、伸びつつある業種として「貴金属買取」があります。この記事では、貴金属買取のフランチャイズ店を経営する際のメリットやデメリット、開業するまでの流れなど基礎知識を紹介します。

 

1.貴金属の買取業について知ろう

貴金属買取業は顧客から持ち込まれた貴金属を現金買取し、それを専門業者あるいはフランチャイズ本部に売却することで収入を得るものです。そのため、在庫を抱える必要がなく、仕事ができる最低限のスペースさえあれば開業できます。その分、リスクも少ないのですが、商品買取を行う際に顧客に支払う現金をあらかじめ用意しておかなければなりません。

貴金属買取は「店舗型」「無店舗型」「店舗と無店舗の併用型」の3種類があります。店舗型は実店舗があり、対面型で買取を行います。店舗型は高額な費用が必要になりやすいですが、小規模から始めれば初期費用を抑えることもできます。ロイヤリティの負担をすれば大手フランチャイズ店の加盟店になる道もあるでしょう。

無店舗型は実店舗は構えず、インターネット上で買取を行います。顧客に買取希望商品を宅配業者などを利用して送ってもらい、査定したうえで指定金融機関にその金額を入金する方法です。併用型は実店舗とインターネット店の両方を経営するため、買取経路の幅が広くなります。しかし、規模によっては従業員を雇う必要があります。

 

2.貴金属の買取業メリット

貴金属買取では顧客から買い取る行為そのものが仕入れになるので、商品をわざわざ仕入れに行く必要がありません。買取した貴金属は専門業者もしくはフランチャイズ本部に売却するので在庫を抱えることもなく、最低限のスペースがあれば開業可能です。その分、初期費用もリスクも少なくなります。小規模から始めるのであれば1人で開業できるため、人件費も不要です。加盟店になれば本部からサポートを受け、そのノウハウも学ぶことができるので安定した収入を得やすくなります。

ほかには、リサイクルショップやフリマアプリなどの発展により、顧客側の中古品に対する抵抗感が薄れたことも大きなメリットでしょう。気軽に買取をしてもらえる場所が増えたことで「家にある使用可能な中古品や未使用品は少しでも現金にしたい」という気持ちから買取希望をする顧客が増えているのです。また、貴金属自体の価値も上昇傾向にあり、市場拡大をしている将来性がある業種となっています。

 

3.貴金属の買取業デメリット

貴金属買取の開業には、顧客が持ち込む貴金属が本物か偽物か見極める目、査定で相場と商品の状態を比較したうえで正しく買取価格を決めるといった専門知識が必要です。買取業において真贋を見極めることができるかどうかは特に重要で、この点で失敗が続くと経営破綻につながってしまいます。また、個人で貴金属買取を始める場合、社会的な信用を得るまで時間がかかりやすい傾向があります。そのために、宣伝を含めた集客するための工夫、査定能力の高さが求められるのです。しかし、査定能力を上げるためには経験を積むか、経験・知識の少なさをカバーできる何かがなければなりません。さらに、従業員を雇う場合も専門知識がなければ教育ができる環境を作ることが難しいです。

専門知識がない場合は、フランチャイズ加盟店から始めるほうが細かなサポートを受けることができるので安心です。フランチャイズ加盟店になると、開業前に研修を受けて査定のコツを学ぶことができます。開業後も電話やオンラインでサポートを受けることができるので、低リスクで経営することが可能です。本部によっては査定しやすくなるスマホ用アプリが提供される場合もあり、貴金属買取のスキルがなくても経営できることがあります。

 

4.貴金属買取業を始めるための基礎知識

こちらでは、貴金属買取店を開業するために必要な基礎知識について紹介します。

 

4-1.開業までの流れ

開業までは、まず事業計画書を作成します。その後、公安委員会から貴金属買取に必要な「古物商許可」の取得をしましょう。許可を得るためには、管轄警察署の生活安全課防犯係に必要書類を揃えて申請します。必要書類は住民票や身分証明書、略歴書、誓約書などですが、直接最寄りの警察署に問い合わせて確認をとるほうが無難です。古物商許可を取得できたら、開業に必要な資金の調達や店舗の確保、資材の準備を行います。すべての準備が整ったところで開業の告知と宣伝をしましょう。店の存在が周知されるまでは宣伝活動が大切になるため、サイトを作成したり、インターネットオークションやフリマアプリに登録したりするのもおすすめです。ここまで進めたら、あとは開業当日を待つのみです。

個人で開業する場合、貴金属買取に必要なノウハウを身につけるために時間がかかります。買い取った商品の売却ができる専門業者の開拓もしなければなりません。実店舗を経営するのであれば、立地選びも必要です。店舗の立地選びは「何を売買するのか」を考えることが非常に重要となります。特に、貴金属の場合は高額なものもあるため、顧客に「怪しい店ではない」と信用してもらえるように、風通しが良い立地選びをすることがポイントです。たとえば、大勢の人が行き来する商店街や繁華街などに店をだすのも有効といえます。気軽に入りやすい雰囲気を作りやすく、人の目があるので安心して入りやすいからです。ただし、買取という金銭に関わるやりとりを行うため、プライバシーに配慮する必要もあります。

ちなみに、個人経営にするのかフランチャイズ加盟店になるのかの選択は早めにしておくほうが良いでしょう。フランチャイズ加盟店を選ぶ場合、あらかじめ開業前に研修を受けることができます。本部によっては店舗選びからサポートをしてもらえるので、自分でやらなければならないことも減り、準備段階の負担が軽減されます。ノウハウを活用できることから準備期間も短いです。

 

4-2.要注意!開業に必須の準備

貴金属買取にあたって、最初にすべきことが古物商許可証の取得です。買い取る際に盗品や犯罪がらみの商品を持ち込まれるケースもあるので、公安委員会の許可が必要になった背景があります。そのため、許可を得ずに営業をすると3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金となってしまいます。必ず許可を取得しましょう。また、開業届の提出も必須です。開業届は開業から1カ月以内に税務署に届けなければなりません。開業届は無料で、書類はインターネットから最新のフォーマットを手に入れることができます。

 

4-3.開業資金の内訳

開業資金は状況によって違いますが、基本的に必要となる費用について紹介します。まず、必ず取得しなければならない古物商許可証で1万9000円必要です。こちらは現金ではなく、県証紙を用意しなければならないので、申請する都道府県の警察署で購入しましょう。実店舗を開業する場合は、賃借料を支払わなければなりません。坪数や立地条件などによって変わりますが、安くても月額数万円かかります。

たとえば、モデルケースでは、33平米の賃貸店舗を内装工事も行ったうえで利用する場合、宣伝広告費や入居費用、備品の費用なども含めて400万円ほどが必要という結果がでています。サイトや広告は、月額で税込462円から作成可能です。当面の運転資金や貴金属の買取資金、フランチャイズ契約する場合は契約金なども必要になります。できれば、開店時点で150万円ほど用意できているほうが良いでしょう。

 

貴金属売買は開業におすすめ!

この記事では、貴金属買取業について紹介しました。貴金属買取は専門知識や経験が必ず必要だと考えられがちです。しかし、フランチャイズ加盟店であればさまざまなサポートを受けることができるため、未経験からでも経営することができます。「大吉」では詳しい資料を請求することが可能です。また、無料の説明会も行われているので、気軽に問い合わせしてみましょう。

買取業で開業したい?開業に必要なこと・フランチャイズについて紹介!

急激に成長している業界の1つとして、買取業界が挙げられます。そのため、買取ビジネスを始めてみたいと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、何から手をつければよいのかわからない人もいるでしょう。そこで、この記事では買取業で開業するために必要なことをはじめ、フランチャイズ加盟のメリットや契約する際の注意点について解説します。

 

1.買取業を開業するために必要なこと

買取業を開業する前に、業界の知識をより深く得て必要なものを準備するようにします。まずは、まとまった資金を用意しておきましょう。開業には商品を買い取るための費用をはじめ、広告宣伝費や通信費、家賃、備品代などを含めて600万~1000万円程度が必要です。「WAKABA・買取業者の経営に必要なことは?買取業者の経営に成功する4つの秘訣買取業者の開業に必要なことを参照。(https://wakaba-fc.jp/column/post-524/#i)」どのような商品を扱うのか、1人で経営するのかそれとも従業員を雇うのかによってもかかる費用は違ってきます。

次に宣伝です。お客を集めるためには店舗の存在を周囲に知らせなくてはなりません。情報誌に広告を掲載したり新聞に折込チラシを入れたりします。ポイントは店舗がある地域に密着した媒体で宣伝を行うことです。宣伝は開業直前になってからでは間に合いません。オープン予定日の1、2カ月前から始めましょう。店舗の存在を印象づけるためには1度だけでなく数回広告掲載やチラシ配りをすることが大切です。

ホームページによる宣伝も欠かせません。店のコンセプトやターゲットに合わせたホームページを作成しましょう。ただし、ホームページを作成するだけでは誰もアクセスしてはくれません。検索エンジンの上位に表示させるためにはSEOを意識することが大切なのです。また、「アドワーズ」や「リスティング広告」などを利用すれば検索エンジンの上位にひっかかりやすくなります。ただし、利用するにはお金がかかります。

このほか、古物商の許可が必要です。開業する場所を管轄する警察署の防犯係に許可申請書や誓約書、身分証明書を提出することで許可を取ることができます。手数料は1万9000円です。「警視庁・古物商許可申請を参照。(https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/kobutsu/tetsuzuki/kyoka.html)」申請する際、どのような品物を取り扱うかを登録します。商品の登録漏れがあると売買ができなくなるため、気をつけましょう。

 

2.開業までの流れ

開業には手順があります。まず、個人で独立型の店舗を持つか、フランチャイズに加盟するかを選びます。そして、立地や家賃などを考慮しながら開業する物件を決めて、大家さんと賃貸借契約を結びます。物件が決まれば、管轄の警察署に出向き古物商許可証を申請しましょう。申請してから許可が下りるまでには1、2カ月かかります。許可証がないにもかかわらず、開業してしまうと3年以下の懲役または100万円以下の罰金刑を科せられます。店舗を構えてお客さんを呼び込む形式にするのであれば、コンセプトに合った内装を行ったり、棚に商品を並べたりする必要があります。これらの業務は古物商許可証が下りるのを待っている間に行いましょう。

店舗の外装・内装を行うのと同時に宣伝もします。なぜなら、店舗を開いたからといって、すぐにお客さんが集まるわけではないからです。遠くからでも目立つ看板をはじめチラシやホームページなどを作って、店舗の認知度を上げる必要があります。ちなみに、独立型の場合はこうした物件探しから古物商の許可申請や宣伝まで、1人で考えて行わなくてはなりません。一方、フランチャイズに加盟すれば本部のサポートを受けることができるのです。

 

3.フランチャイズ加盟して開業しよう

起業の際、フランチャイズに加盟するのも1つの手です。特に未経験者におすすめの方法といえるでしょう。なぜなら、フランチャイズに加盟することでさまざまな恩恵を受けることができるからです。ただし、フランチャイズであればどこでもよいというわけではありません。まず、フランチャイズによって取り扱う商品のジャンルや品目数が異なります。また、月々本部に支払うロイヤリティの金額設定もさまざまです。そのため、自分に合うフランチャイズを探す必要があるのです。フランチャイズの多くは加盟店を獲得するために定期的に説明会や面談、店舗見学などを行っています。いくつか参加してみて話を聞き、どこがいいのか絞り込むようにしましょう。

 

4.フランチャイズ加盟し開業するメリット

メリットとしてはまず、店舗経営に必要なノウハウやサポートを受けられることが挙げられます。たとえば、商品の買取の仕方1つとってみても、やったことがない人は何から手をつければいいのかわかりません。その点、加盟店であれば本部から商品の仕入れ方をはじめ、お客とのコミュニケーションの取り方なども教えてもらえるのです。これらを何も知らない状態から始めようとしたら、調べる手間や時間がかかります。間違った方法で進めてしまい、失敗するかもしれません。しかし、本部がサポートしてくれればこれまで経験がない人でも短期間のうちに開業することが可能です。事業がスタートしてからもサポートを受けることができるため、安定した経営を続けることができるでしょう。

ゼロから開業した場合、お客さんとの信頼関係を築くにはかなりの時間がかかります。商品を並べても、本当によいものかお客さんが疑うかもしれません。商品を買取るにしてもちゃんと査定してくれるか不安に思うお客さんも多いものです。その点、知名度のあるフランチャイズの本部の名前を使うことができれば、すぐに信頼を得ることができます。本部のブランド力で集客も期待できるでしょう。また、フランチャイズに加盟しているということで、開業資金や運転資金が必要な場合、銀行の融資を受けやすくなるというメリットもあるのです。さらに集客に必要な広告も本部が企画してくれます。フランチャイズならではのスケールの大きい広告宣伝の恩恵を受けることができるでしょう。

 

5.フランチャイズを契約する際の注意点

メリットが多いフランチャイズですが、契約期間をよく確認するようにしましょう。フランチャイズの場合、契約期間中に解約すると違約金を支払わなくてはならないこともあります。そのため、契約期間が長いと違約金が取られるリスクが高まってしまうのです。あわせて違約金の金額も調べておくようにしましょう。

さらに、ロイヤリティがいつから発生するかの確認も必要です。初月は日割りでロイヤリティを計算するところがほとんどですが、発生日が契約を結んだ日なのか店舗を開いた日なのかで用意しておく資金の額が違ってくるからです。もちろん、肝心のロイヤリティの額も押さえておきましょう。更新時も自動更新なのかどうか、更新料も必要なのか、必要だとすればどのぐらいの額を用意すればよいのか、調べておきます。

「テリトリー制」の有無も確認します。テリトリー制とは特定の地域において同じフランチャイズの加盟店が開業していけないという制限のことです。テリトリー制のメリットはマーケットが守られることです。そのため、加盟店同士がライバルになり争うことがありません。しかし、営業活動する地域が限定されてしまうため、売上アップを阻む要因になるかもしれません。

 

まずは資料を取り寄せてみよう!

フランチャイズに加盟すると銀行の融資が受けやすくなったり本部がサポートしてくれたり、さまざまなメリットを得ることができます。買取専門店「大吉」では徹底したサポートを行うことで開業店舗の継続率93.2%を誇ります。フランチャイズに加盟して買取業を始めたいという人は、まずは大吉に資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

ブランド買取を開業したい?フランチャイズに加盟してみよう!

ブランド買取業を始めたいと思っていても、実際にどこから手をつけていいかわからず、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。未経験の人は、リスクの少ないフランチャイズに加盟するのがおすすめです。この記事では、ブランド買取業を始めるために必要な手続きや開業資金、フランチャイズに加盟するメリットや注意点を紹介します。

 

1.ブランド買取業を行うためには

ブランド買取業を始めるにあたり、事前に準備しておくことを紹介します。

 

1-1.古物商許可を取得する

ブランド買取業を始めるときは、古物商許可の取得が必要不可欠です。古物商許可とは、中古品(新品未開封含む)を販売目的で購入する場合に必要な資格のことです。古物商許可を取得せずに営業すると違反となり、懲役3年もしくは100万円以下の罰金を科せられます。古物商許可を取得するには、店舗を構えるエリア内の警察署まで直接出向き、指定の届け出と必要書類を提出しなければなりません。古物商許可の取得に必要となる書類は、住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書(成年被後見人、被保佐人に登記されていないことを証明するもの)、略歴書、誓約書などです。

古物商許可を取得するのに必要な資格などはありませんが、住所不定者や未成年者、自己破産者などは申請できません。また、申請しても、許可されるまでは30〜60日程度かかります。書類の修正が必要になる可能性もあるので、早めの手続きが必要です。ブランド買取業を始めたいなら、2~3カ月くらい前から古物商許可の取得を申請しておきましょう。

 

1-2.開業資金を集める

ブランド買取業を始めるには開業資金が必要です。開店後は、お客さんが査定を希望した品物を現金で買い取る必要があるため、当面の運転資金を用意しておかなければなりません。買取業の場合、開業資金だけで600万〜1000万円程度が必要だと言われていますが、順調に経営できるとは限らないので、実際はそれよりも多くの資金を用意しておくのが無難です。

開業資金だけでなく、何カ月分かの運転資金も用意しておく必要があります。買取業を行う際に発生する経費には、物件費、光熱費、警備費、通信費、広告費、人件費、雑費などがあります。まずは毎月のランニングコストを明確し、営業を維持するために必要な毎月の利益を割り出しましょう。小スペースで開業する場合や、一人で運営する場合は、物件費や人件費を抑えられます。しかし、小スペースな店舗でも、立地によって高額な賃料が発生することもあるので注意が必要です。また、開店当初は知名度がないため、広告宣伝に力を入れる必要があります。より多くのお客さんを確保できるようになるまで、十分な広告宣伝費を確保しておきましょう。

 

2.商品の仕入れルートを決める

買取業を始めても、買い取る商品がなければ、利益を出すことができません。商品の仕入れルートは複数ありますが、買取業はお客さんが商品を直接店舗に持ち込んで査定を受け、買い取ることが一般的です。フランチャイズ店の場合は、出張買取や宅配買取などを行うケースもあります。特にインターネットを利用した宅配買取は利便性が高く、全国エリアにサービスを展開できることから、利用者が増えています。店頭買取と宅配買取を併用すれば、より多くの商品を安定的に確保できるでしょう。

そのほか、ブランド専門の古物市場などから仕入れることも可能です。古物市場は定期的に開催されるのが一般的ですが、会員制になっているところが多いため、誰でも出入りできるわけではありません。安定した経営を続けるためにも、商品の仕入れルートはきちんと確保しておきましょう。

 

3.フランチャイズに加盟することによる恩恵

買取業で独立・起業する場合、フランチャイズに加盟する人が多い傾向にあります。なぜなら、自力で開業するより、フランチャイズに加盟したほうがさまざまな恩恵を受けられるからです。フランチャイズに加盟すると、本部が税務・会計などの経営をサポートしてくれるため、未経験者でもビジネスを軌道にのせやすいメリットがあります。また、本部の名前を使って営業できるので、開店したばかりのお店でも早い段階で知名度と信頼感を得られます。開店直後からある程度の集客を見込めるため、開業資金を早く回収できます。

ほかにも、本部が仕入れた商品を安価かつ安定的に購入できたり、物件探しなどを本部に依頼できたりするなど、多くの特典が用意されています。サポート体制が充実しているため、加盟店のオーナーは店舗売上の拡大に専念することができ、スムーズな経営を実現できます。個人で開業する場合は、仕入れ先の確保や物件探しなどの作業をすべて一人で行う必要があるので、どうしても手間と時間がかかってしまいます。その点、フランチャイズなら売上アップに専念できる環境があらかじめ用意されているため、短時間で効率よくビジネスを拡大できます。

研修制度も用意されているので、専門知識のない人でも参入しやすいのが特徴です。フランチャイズに加盟すれば、少ない負担で買取業を始められるため、副業として取り組むこともできます。独立や起業を諦めていた方も、フランチャイズなら夢や理想を実現しやすくなるでしょう。

 

4.フランチャイズ契約する際の注意点

買取業を始めるときにフランチャイズを活用する場合は、いくつか注意すべき点があります。フランチャイズ契約をする場合は、契約書の内容を事前によく確認しておきましょう。フランチャイズ契約書の内容は本部寄りになっているケースが多く、加盟店側にはさまざまな義務が伴います。よく確認もせずに契約を結んでしまうと、「イメージしていたものと違う」と後悔するかもしれません。オーナー側が不利になる部分はないか、不明な点はないかなど、隅々までチェックしてから契約を締結しましょう。

契約書で必ずチェックすべきことは、お金に関する項目です。フランチャイズ契約を締結する際は、加盟金や保証金などを本部に渡さなければなりません。安定した経営を行うためにも、加盟金の返還の有無や、保証金によって回収できる金銭債務の範囲などは、事前にきちんと確認しておきましょう。

契約期間や契約更新、解約方法にも注意が必要です。契約期間はフランチャイズによって異なるうえに、途中で解約した場合は高額な解約金が発生する場合があります。また、契約を更新する際に更新料を別途支払う場合もあるので、事前確認が必要不可欠です。契約期間は3年、5年の複数年であることが一般的ですが、契約期間が長いほどリスクも高まります。

テリトリー制の確認も必要です。テリトリー制とは、加盟店同士が競合しないように、あらかじめ出店できるエリアを制限する制度のことです。テリトリー制を導入しているフランチャイズに加盟すれば、特定エリアの独占的権利を所有でき、安定した経営を実現できます。ただしその一方で、すでに加盟店が出店しているエリアには出店できない側面もあります。テリトリー制は売り上げに大きな影響を与える制度ですが、その内容はフランチャイズによってさまざまです。また、テリトリー制を採用していないフランチャイズもあるので、必ず事前に内容を確認し、将来性があるかどうかをよく見極めましょう。

 

まずは資料を取り寄せてみよう!

買取ビジネスをはじめるにあたってフランチャイズ加盟を検討している場合、企業のブランド力などのほかに収益を得られる仕組みやサポート体制もしっかり把握しておくことが大切です。買取専門店大吉は初期投資が少なく在庫を持たないこと、サポート体制が充実していることなど、開業後の継続率が96%を誇るノウハウがあります。買取加盟を考えているなら大吉を検討してみてはいかがでしょうか。

【必見】買取ビジネスで失敗?成功の鍵とフランチャイズの選び方まで大公開

市場が拡大し、開業を考えている人々に注目されているのが「買取ビジネス」です。一方で、競合が多かったりノウハウが不足していたりして、失敗しないか不安になっている人も多いでしょう。そのため、買取ビジネスの新規参入者はフランチャイズ加盟して、本部のサポートを受けるのが一般的です。この記事では、フランチャイズ加盟で買取ビジネスを始める際の失敗例や解決策を解説します。

 

1.買取ビジネスに失敗してしまう理由

代表的な理由が「資金のショート」です。事業計画を正しく立てられず、適切な資金を調達できなくなるケースは珍しくありません。たとえば、「高すぎる物件を借りてしまった」「不要な機材を買いすぎた」など、開業資金の使い道を誤るパターンです。また、効果の薄い媒体に有料広告を出してしまい、費用が無駄になる失敗もあります。仮に効果的な広告だったとしても、そこに資金を割きすぎてしまえば、やはり経営に支障をきたすでしょう。そのほか、開業してからしばらくは最初に用意した運転資金を頼って経営をしなければなりません。初期投資にお金を使いすぎて、運転資金がなくなってしまうのも大きな問題です。

フランチャイズ加盟店の多くは本部に相談しながら経営を行っています。ただし、「本部の選択ミス」をすれば、的確なアドバイスをもらえません。店舗側と本部の足並みが揃わないと、計画的な経営ができなくなってしまいます。たとえば、店舗側が「WEB展開を強化したい」と思っているのに、本部が実店舗を重要視しているようだと、集客にはつながりにくいでしょう。また、契約内容を理解しないままフランチャイズ加盟してしまうのも、後々のトラブルを招きます。フランチャイズはどこかに加盟してしまうと、他の本部に乗り換えにくいため、不満を抱えたまま働かなければならないのです。

「目利き力がない」のも、失敗の原因です。貴金属やブランド品を扱っている店舗なら特に、偽物の買取で稼ごうとする人が寄ってきやすくなります。こうした品物を買取ってしまうと大損をするだけでなく、顧客からの評判も悪化しかねません。買取ビジネスをする以上、正確な鑑定を続けていくための仕組み、スキルが必須です。そのほか、盗品を買取ってしまい、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

2.失敗しないためのポイントはある?

まず、「情報収集」を常に行いましょう。買取業界はトレンドの移り変わりが激しいといえます。貴金属であれば、人気のブランドが短い周期で変わったり、デザインの新しい流行が生まれたりして、商品の価値が左右されます。有名人がSNSで特定の商品を紹介するなどして、価格が高騰することも珍しくありません。買取ビジネスをする以上、これらの情報に目を配り続ける姿勢が必須です。

また、「事業の計画性」も大切です。買取ビジネスは品物を仕入れるお金が先行するシステムです。そのため、買取数だけ増やしても、販売先が少なくては事業を続けられません。買取だけでなく販売のことまで考えた、計画性のある経営を心がけましょう。収支が整理された事業計画を慎重に作成することが大事です。さらに、「目利き力」と「正確な買取査定のノウハウ」も養っていきます。これらのスキルがあれば、偽物を間違って買取るようなミスを防げます。AI査定があれば査定の間違いは起こりにくいものの、スタッフ自身の力になりにくいといえます。本部の研修などを利用しつつ、自力で適正な買取価格を見極められる力をつけましょう。

「接客スキル」も肝心です。丁寧な接客は顧客満足度につながり、リピーターを生み出します。このとき、顧客目線で接客するように意識します。顧客の目線を知れば接客の精度が高まるだけでなく、万引き犯や詐欺師の心理もつかみやすくなるからです。そのほか、「じっくり集客する」ようにもします。結果を焦りすぎて多額の宣伝費をかけた場合、集客につながらなければ大損をしてしまいます。広告の内容、掲載先をしっかり選び、長期的に顧客を増やしていくことを考えましょう。そして、「フランチャイズ選びに時間をかける」よう注意します。この点は、後で詳しく述べます。

 

3.フランチャイズの選び方を解説

買取ビジネスの成功はフランチャイズ選びによって大きく左右されます。そこで、最初に本部のリサーチを怠らないようにしましょう。企業理念や経営方針を調べ、店舗側が共感できる内容かを確認します。心から「この本部と手を組みたい」と思えないのに上辺の条件だけで加盟してしまうと、意思に反した経営方針を強要される恐れも出てきます。また、説明会やセミナーに参加すれば、本部の雰囲気を直接体感することも可能です。その際、疑問点が残らないよう、積極的に質問しておきましょう。

次に、「加盟条件のチェック」も必須です。フランチャイズでは最初に、本部へ「加盟金」を支払うことが一般的です。そのうえで、加盟後は毎月、決められたロイヤリティを納めなくてはなりません。これらの額が負担になりすぎないか、慎重に検討します。もちろん、本部は加盟金やロイヤリティが正当な額であると証明するため、売上モデルを説明してくるでしょう。ただ、本部の言葉をそのまま信じるのではなく、実際の評判などを自身で調べておくことも大事です。売上モデルが現実的な内容であると納得できてから、加盟を決めるようにします。

そして、「サポート体制」も踏まえておきたいポイントです。未経験者が買取ビジネスを始めるなら、本部にアドバイスを求める機会は多くなります。開業前も開業後も、ノウハウを聞いたり、販売ルートを教えてもらったりと、本部を頼ることになるでしょう。サポートがどの程度続くのか、気軽に相談できる担当者なのかなどを見極めておきます。

 

4.サポート体制が厚い買取専門店「大吉」!

フランチャイズでは十分なサポートが得られないまま、短期間で経営不振に陥る加盟店もあります。一方、買取専門店の大吉は、2021年1月の時点で、加盟店オーナーの継続率が93.2%だと発表しています。理由として、「的確に物件を紹介してくれる」ことが挙げられるでしょう。大吉では商圏分析、エリア選定を徹底しており、独自の基準でオーナーに物件を提案しています。店舗型経営ではアクセスや地域性が売上に関係するため、大吉のリサーチ力は大きな強みになってきました。そのうえで、エリアの競合状況、人口分布を踏まえて広告を企画してくれます。ターゲット層によってWEBと紙媒体を使い分けるなど、宣伝費を正しく使えるようになるのです。

また、大吉の加盟店は精度99%のAIサービスを利用可能です。商品の写真撮影をすれば、AIが査定ポイントを解析して価格を算出してくれる仕組みです。万が一、価格が間違っていた場合は本部が買取価格を全額補償してくれます。

そして、買取ビジネスの難関とされる「開業1カ月目」を乗り越えるため、充実のサポート体制を用意しています。たとえば、買取代行によってノウハウをオーナーに伝授してきました。顧客対応を丁寧に指導し、接客スキル向上も支援しています。商品知識の勉強方法や収支計算といった、買取ビジネスに欠かせない知識も教育してくれます。しかも、事業計画まで本部が検証し、助言してくれるため、スタートアップの不安が解消されるでしょう。担当者が最低でも週に3回訪問し、様子を見てくれるのもうれしいポイントです。買取ビジネスのビギナーにとって、大吉の本部は頼れる存在となるでしょう。

 

十分な対策で買取ビジネスを成功させよう!

ここまでで、買取ビジネス失敗の原因と対策を説明してきました。フランチャイズでは本部の選択を間違えなければ、手厚いサポートを受けられます。考えられる不安要素に対応でき、早い段階で経営が安定するのです。買取専門店の大吉は、初心者に対しても徹底したサポートを行い成功へと導いてきました。気軽に連絡して、フランチャイズに関する資料請求、説明会の申し込みをしてみましょう。