お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム その他のコラム記事一覧 大切な財布を長く使うためにするべきこととは?してはいけないこととは?

大切な財布を長く使うためにするべきこととは?してはいけないこととは?

843_財布 長く使う

洋服やファッションに興味がない方でも、財布やバッグなどで、CHANEL、LouisVuittonなどの、高級ブランドを使用してる方もとても多いと思います。高いものを買ったからこそ大事に長く使っていきたい。そういった気持ちは誰もが持つものだと思います。財布は衣服などとは違い、365日毎日使うため、革の財布の正しい手入れの方法や、してはいけないことなどをこちらの記事では紹介していきます。

なるべくバッグの中に入れる

え?そんなこと?と思うかもしれませんが、非常に大事なことになります。特に男性などで多いのが、尻ポケットにいれたまま生活することです。そのような携帯のしかただと特に本革の財布などは劣化が進んでいく一方です。型が崩れてしまったり、汗などを革が吸ってしまい、カビなどの原因になったりします。

革にとって水分はかなり気を付けなければいけないものになりますので、持ち歩く際にはバッグなどに入れて持ち歩くことをお勧め致します。バッグなどを持つのが面倒という方は、せめて座るときにはポケットから出すことを心がけましょう。

水分から遠ざけること

前述で書かせていただいた通り、革製品にとって水分はかなりの天敵になります。これは財布に限らずになります。もし雨の日などで濡れてしまった場合は、すぐにふき取る事。また、天日干しではなく、直射日光の当たらない場所で乾燥させることが大事です。ふき取る際には、優しくふき取ることが大事です。手入れの用品としても防水スプレーなどを使用することもお勧めいたします。

物を入れすぎない

財布の中には、細かいカードの類や、小銭類などついついいろいろ物を入れすぎてしまうかと思われますが、これはお勧めしません。パンパンに物を入れたまま財布を使っていると、変形したり、革が傷つくことの原因になります。革に傷が一度ついてしまうとずっと残ってしまい、長く使うことができなくなってしまいます。カードケースを別で購入して持ち歩くことや、小銭入れなども購入することをお勧めします。

汚れなどをそのままにしない

表面が汚れたままにして置いたり、ほこりをかぶったままにしておくのはやめましょう。汚れたままだと、濡れてしまったときに一緒に汚れを吸収してしまったり、ほこりをかぶったままにしてしまうと、カビが生えやすく、革の油分が吸われしまいます。革の油分が吸われてしまうと革が固くなり見た目が悪くなるだけではなく、ひび割れなどの原因にもなります。汚れをしっかりふき取ったあとに保湿クリームなどで適度に保湿することをお勧めします。

まとめ

せっかく買われた、本革の財布も手入れや保管が杜撰だと品質が損なわれてしまうことが伝わりましたでしょうか。特に財布の寿命などは一般的には5年から10年と言われています。日々の保管状態や手入れなどによって長く使えるかどうか決まって来るかと思います。めんどくさがらずに手入れしていけばさらに愛着がわき、大切に長く使っていけるようになります。

この機会に昔使われていた財布などを、新しい財布を購入のためにご売却を検討されてみてはいかがでしょうか?ぜひ「買取大吉」にてお待ちしております。

その他に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ