フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる2つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム 宝石・ジュエリー 世界一硬いダイヤモンド!でも実は欠ける事も!?なんで高いの!?

世界一硬いダイヤモンド!でも実は欠ける事も!?なんで高いの!?

ダイヤモンドは、世界で最も硬い天然鉱物として有名です!しかし、ダイヤモンドは本当に世界一硬いのでしょうか、お客様からよく聞く話では落として欠けたなど買った時から欠けていたなんて話も聞いた事があります。今回はそんな不思議な鉱物のダイヤモンドをご説明致します。

ダイヤモンドが世界一硬いって聞いたけど?

子供の頃や世界で一番硬い鉱物はダイヤモンドと私も授業でならった気がします。ではなぜダイヤモンドが硬い理由について説明していきます。ダイヤモンドを構成する分子となる炭素が単体でできた元素鉱物となり、その構造のほとんどが八面体で、他に六面体、十二面体があります。では、なぜダイヤモンドが硬いのか。それは、ダイヤモンドの中の炭素元素が綺麗に並んでいることにより、非常に高い硬度を誇っているのです。

ダイヤモンドは、原子に「不対電子」と言われる電子が存在しないため、電気を通しません。また、ダイヤモンドの原石は、地球内部による高圧力とマグマによる高温などの特殊な条件下が揃った場合に偶然生成され、様々な形に成形されます。

そして、同じ炭素からなるものに「グラファイト」皆様も使った事がある「黒鉛」「鉛筆」がありますが、鉛筆の芯の原料となることは有名です。しかし、黒鉛でダイヤモンドは出来ず、分子構造が異なり、蜂の巣のようなの層が重なってできる構造のため全くの別物となります。

しかし、ダイヤモンドの硬さ語るには「靭性」という性質が非常に重要になっており、ダイヤモンドの特徴を述べる場合に、よく注目されるのが「モース硬度」です。モース硬度は「いかに傷がつきにくい鉱石であるか」を示す数値で、ダイヤの場合は最高の数値10で表現されています。しかし、鉱石の「強さ」を比較する際には、このモース硬度だけに注目するのは危険です。「傷がつきにくい」からといって、あらゆる衝撃に強いとは限らないからです。鉱石の性質を比較する際に、モース硬度と同様に注目されるのが「靭性」になります。

靭性とは、「いかに割れにくい鉱石であるか」を示している数値となり数値が高い方が割れにくという事になります。

ダイヤモンドの靭性は、7.5で、石英や水晶と同程度の数値となります。トパーズやエメラルドよりも割れにくいとはいえ、「ダイヤモンドだから突出して高い」ということではありません。

ダイヤモンドのにハンマーを振り下ろせば、容易に粉々に割れてしまいます。

ダイヤモンドはなんであんなに綺麗なの?

先程ご説明した通り、ダイヤモンドは、元素同士がピラミッドの様な形で結合しているため、集合状態が緻密となり塊の状態が最も硬くなります。

また、日光や酸化に強いため、変色や錆びを起こしません。この他の特徴として、燃える性質もあります。炭素がピラミッド状になっていることが、ダイヤモンドの輝きを生み出す秘密となっています、ダイヤモンドは層の集まりでもあるため、一定の箇所に強い力を加えると、割れたりすり減り易くなりやすいという弱点もあります。これを「へき開性」といい、その「へき開性」を利用することで、ダイヤモンドのカット技術が発展し、ブリリアンカットを始めとする、複雑なカットが生み出されてダイヤモンドの輝きを最高に引き出すことのできるという事です!

実はダイヤモンドより硬い物がある!

先度説明した、モース硬度のダイヤモンドの強度は、1から10ある中で、最も硬い10という硬度を誇っています。そのため、一般的には最も硬い宝石として有名です。

しかし、本当にダイヤモンドが世界で一番硬いのでしょうか。じ・つ・は・ダイヤモンドよりも高い物質は存在します。ダイヤモンドよりも硬い物質は下記の通りです。

・ウルツァイト窒化ホウ素
・ロンズデーライト
・カルビン
それでは、一つずつ見ていきましょう。

「ウルツァイト窒化ホウ素」
ウルツァイト窒化ホウ素は、現在地球上に存在する自然界の物質の中で最も硬いといわれており。火山性の残留物から得られる物質で、性質はダイヤモンドと似ています。現在では主に工業製品などに使用されることが多いです。

「ロンズデーライト」
ダイヤモンドと同じ炭素原子で、「六方晶ダイヤモンド」と呼ばれています。現在確認されている物質でダイヤモンドより硬いといわれており、その硬さはなんとダイヤモンドよりも約1.5倍硬いといわれています。

「カルビン」
カルビンは、2013年に発見された新しい鉱物で、その硬さはなんとダイヤモンドの3倍といわれています。今後、磁性半導体になったりエネルギーを蓄える特性があることから、さまざまな分野で活躍される可能性があります。

以上がダイヤモンドよりも硬い物質になります。上記のような人工の宝石に比べるとダイヤモンドの硬さは劣ってしまいますがそれでも、自然に存在する宝石のなかでは一番硬いのはダイヤモンドで間違いありません。

ダイヤモンド?ダイアモンド?どっち???

「ダイヤモンド」「ダイアモンド」の表記は、が一般的には「ダイヤモンド」で、多くのメディアやジュエリー業界、文化庁でも「ダイヤモンド」と表記しています。ただし、「ダイアモンド」という読み方も間違いではないため、あくまで世の中の慣習的に「ダイヤモンド」が使われております。

まとめ

今回ご紹介させて頂きました、ダイヤモンドは、供給量の少なさや加工コストの高さが影響し、宝石の中でもトップクラスの価値を誇ります。昔購入したアクセサリーにダイヤモンドなど使われていることもありますので是非一度査定されてみてはいかがでしょうか。

宝石・ジュエリーに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目