フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる2つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム 宝石・ジュエリー ジュエリー最高峰のカルティエ、日頃のメンテナンスで一生モノのジュエリーに。

ジュエリー最高峰のカルティエ、日頃のメンテナンスで一生モノのジュエリーに。

カルティエといえば、今となっては時計だけでなく宝飾品として男女問わず世界中で愛されています。カルティエが生み出す洗練されたジュエリーや腕時計は、数々の王室や映画スターさえも魅了してきました。そこで今回はカルティエのジュエリーを長く愛用するために気を付けておきたいポイントをまとめました。

カルティエのジュエリーを購入するときの注意点

カルティエのジュエリーといえば、お値段はもちろんのこと細部までこだわって作らている一級品です。購入した際に不具合はないのは当然ですが、万が一ということもありますので、購入時にまずはしっかり不具合がないかチェックしましょう。石が取れていないか、ぐらついていないか、など細部まで確認してみましょう。万が一のことがあった場合は購入した店舗でその旨を伝えていただき、お手入れしていただくことも可能です。
また人気がゆえに、通販でもたくさんの品物が出ていますのでうっかり偽物を買ってしまった…ということがないように、できるだけ購入は正規店の店頭もしくは正規のオンラインショップをおすすめします。

 

カルティエのジュエリーを着用するときの注意点

カルティエだけではなく全てのジュエリーに共通することです。やはり貴金属なので、化学製品には耐性がありませんので、洗浄剤などにも注意が必要です。女性であれば香水やお化粧品などの成分がジュエリーについてしまうケースもあるかも知れません。万が一付着してしまった際には時間をおかずに、柔らかい布でふき取ってあげることやお直しに持ちこんでいただくのが最善です。ご自身で洗剤などで磨いて取り返しがつかなくなるケースも少なくありません。またダイヤモンドなどの宝石はそれぞれに特性もありますので、皮脂や油を引き寄せてしまい輝きが損なわれることもあります。せっかくの一級品ですから、クオリティを損なわない為にも最適な利用方法とメンテナンスがカギになります。

 

カルティエの購入時の付属品は大切に

カルティエを購入した際に付属している赤いボックスや、お手入れ方法の記載された冊子、保証書など、どれをとっても欠かせないものです。購入したものを収納するとき、専用の箱にそのまま収納することで、他のお品物と干渉することもないからです。例えば同じカルティエのお品物だから、と1つの箱に2つ入れるのはナンセンス。1つ1つに居場所を与えてあげることでジュエリー同士が傷付けあうことをなくせるからです。専用の箱をなくしてしまった場合でも、お持ちのジュエリーボックスで大切に保管しましょう。また、そうそうないかもしれませんが、ご売却を考えている場合は箱や保証書などが評価に直結することもありますので、全てを大切に保管することも重要なポイントです。

 

一級品には手を抜かないお手入れが大切

カルティエに限ったことではありませんが、ジュエリーには定期的なお手入れが最も必要です。今では簡単にネットで調べればご自宅でできるお手入れ方法もありますが、カルティエなどの一級品にもなると、ご自身でお手入れをするより正規店でお任せしたほうがより最適な場合もあります。カルティエのお直しでは艶出しや洗浄サービスというものもあり、
ジュエリーの輝きを取り戻したり、表面の細かな傷を取り除くサービスがあります。またこのサービスには、品物の診断や艶出し、クリーニング、技術的および審美的検査も含まれており、無料のサービスなので活用しない手はない、ということです。
また、リングが歪んでしまったとかベルトが傷んでしまった、または装飾が取れてしまった場合なども、 およそ2万円からリペアサービスも受けられるとのこと。
カルティエのみならず、やはり至高のブランドには正規のサービスも充実していることが伺えます。

 

最後に

いかがでしたか?カルティエが最高峰に君臨する理由は様々あるでしょうが、やはり印象的なのは購入後のアフターフォローであったり、お手入れに対するサービスも最高峰であると言えますね。ジュエリーブランドは他にもありますが、そのブランドごとに大事にしているポイントは様々です。カルティエでは新作発表の際にも数億円するようなジュエリーであっても、たくさんの人に見て頂きたい、本物の美しさを近くで感じてほしいという観点から、ガラスケースに入れずに展示していたのも印象的でした。また、有名な映画の中でもジュエリーデザインを協賛していたりと、カルティエの活動は多岐に渡っています。
一生に一つは、カルティエのハイジュエリーを購入するのも、ありかもしれませんね。
既にお持ち方は、一生もののお買い物でしょう。是非、こちらを参考に大切になさってくださいね。

宝石・ジュエリーに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目