フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube

なぜ刻印が必要なの?

金製品の多くに刻み込まれている刻印。全てではありませんが、ほとんどの製品に刻まれているもので、「実際に見たことがある」という方も多いのではないでしょうか。刻印が刻まれている理由は、以下のような製品情報をわかりやすく伝えるためです。ただ、「正しい情報を伝える」というのは、刻印が必要な理由の一つに過ぎません。より注目されているのは、「偽物予防のため」という理由です。古い時代から、価値ある金属として注目されてきた金。非常に貴重な素材であり、世界中で愛され続けています。その証拠に、金の相場は少しずつ上昇。金を求める人が多いことがわかります。多くの人が求める貴重な金属があれば、「偽物」が出現するのも当然のこと。金以外の金属を金に見せかけて、不当に儲けようとする人もいます。金の偽物の存在は古くから知れ渡っていて、古代ギリシャでは、数学者アルキメデスが偽物かどうかを見分けるための物理的な原理を考案したほどでした。この原理は、「アルキメデスの原理」として、現代でも活用されています。
現代において、店頭で販売されている金製品の全てを疑い、アルキメデスの原理によって本物かどうか確かめるのは、現実的ではありません。そこで活用されているのが、各種刻印です。刻印でその金製品に関する情報を、広くわかりやすく公開することによって、「安心できる金製品である」という事実を示しているのです。「金製品の偽物」と聞いても、日本ではあまりピンと来ないかもしれません。しかし、亜鉛や銅、ニッケルなど、別の金属に金メッキを施しただけの、偽物のインゴット(金の延べ棒・ゴールドバー)は、決して少なくありません。金と比重が似たタングステンという金属を使った、精度の高い偽物も存在しています。また金のジュエリーにおいては、混ぜ物をして強度を高めるのが一般的です。混ぜ物を多くすれば金の総量は減り、業者にとっては「純度の高い金製品と偽って、純度の低い商品を売る」ことも可能です。多少混ぜ物を多くしたところで、製品の見た目に、ほとんど変化はないでしょう。
こうしたトラブルを避けるためにも、刻印は非常に重要な役割を担っています。金の純度や製造元、販売元が明らかにされていることで、私たちは安心して金製品を取引できます。

金かどうかを判別するポイントを活用しましょう

・磁石を近づける

比較的手軽に試せる判別方法が「磁石を近づける」というものです。金であれば、磁石を近づけてもくっつくことはありません。まずは、自宅にある磁石を金に近づけてみましょう。もし、金が磁石に引き寄せられるようであれば、それは金ではないと判断できます。

 

・水に沈める

水に沈めてみるのも、金を判別するにあたっておすすめの方法です。金の大きさよりも大きい器を用意し、金が被るくらいまで水を入れてください。水面部分に印をつけて金を水の中に沈めます。金を沈めた際にどれくらい体積が増えたかを確認することで、金を判別することができます。

 

・金に触れる

金の特徴を把握すれば、実際に触れるだけで金を判別できることも多いです。金は、「熱が伝わりやすい」といった特徴があります。そのため、手に乗せてみると、冷たかった金の表面が体温で温まり、あっという間に人肌程度の温度に上昇するのです。しかし、仮に金以外の物質である場合は、手に乗せても温かくなるまでに時間がかかるものがあります。熱が伝わりにくい金属を使用している可能性が高く、金ではないと判断できるポイントといえるでしょう。

 

・色を確認する

一口に「金」といっても、実は純度によって色味はやや異なります。例えば、純度の低い「K10」であれば、銅の含有量が増えることからやや暗めの色味になり、金独特の鮮やかさが減少してしまいます。逆に、純度の高い「K24」の場合は、やや赤に近い山吹色に輝いているのが特徴です。金を判断するにあたって、「色味」は意外にも簡単にチェックできるポイントです。上記の「触れてみる」同様に、何らかの道具や準備は必要ありません。

まとめ

刻印なしの金は、買取業者に売るのが得策でしょう。リサイクルショップは不用品をまとめて持って行っても、ほとんどの品を買い取ってくれますが、金買取に熟知したスタッフがいない可能性があります。刻印なしの金は、価値の判別が不可能と見なされて、安い査定金額になるかもしれません。リサイクルショップに売りに出した金が、純度が高い金だとしたらもったいないですよね。しかし、金買取を専門にしている査定員は、刻印がないものでも価値が見い出せるノウハウを持っています。刻印なしの金は、金を専門にする買取業者で査定をしてもらうことをおすすめします。

「買取大吉」では、皆様の大事なお品物を次の方へ繋げるべくお手伝いを誠心誠意取組んでおります。もちろん査定は無料でございます。お近くの「買取大吉」各店へお問合せ下さいませ。皆様のご来店を従業員一同心よりお待ち申し上げております。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目