フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 金・貴金属 金・貴金属・プラチナのコラム記事一覧 金価格はどうなる?日本と海外の金相場の関係

金価格はどうなる?日本と海外の金相場の関係

世界の金相場と日本の金相場は連動しています。日本の経済状況だけで日本の金相場が動くわけではありません。ではどのように世界の金相場が決まっているのか、お伝えしていきたいと思います。

「金価格」は複数存在する

現在、一般に「金価格」と呼ばれる価格は複数存在し、現物市場では、ロンドン金価格が最も有力です。先物市場には、ニューヨークの金先物価格があり、相場予想のために大切な指標となります。

金現物価格はロンドン価格

金の取り引きは、為替市場と同じように時差を追って各市場に受け継がれ、休むことがありません。東京、香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークなどをはじめとする世界各地で、時々刻々、取り引きが行われています。 中でも金現物の指標となる価格を決定するのが、1666年開設という伝統を誇るロンドン市場で、毎日午前と午後の2回、The London Gold Market Fixing Ltd.(ロンドン・フィキシング)により、値決めが行われLBMA(ロンドン貴金属市場協会)が管轄します。
金は、国際的には1トロイオンスあたり の米ドル建で取り引きされています。
日本国内での店頭表示価格は、海外市場の価格をもとに、ドル建価格から1グラムあたりの円建価格に換算されます。
金やプラチナの国際取引単位は「トロイオンス」で、1トロイオンス=31.1035グラム です。通常「オンス」と略して呼称されますが、これは貴金属のみに使用される単位で、一般度量衡で使用される「オンス(28.3495グラム)」とは異なりますので注意が必要です。

ロンドン金価格=ロンドン・フィキシング
この価格制度は、第一次世界大戦後の1919年以来、金の取引価格を安定化させるために始まりました。フィキシングは日本語で値決めのこと。値決めは、下記の五社が顧客の注文をまとめてせりを行って決定し、ロンドン地金市場協会(LMBA)がフィキシングプライスを公表します。

ゴールドフィキシングのメンバー
初期メンバー
・ロスチャイルド・アンド・サンズ (N.M. Rothchild & Sons Ltd.)
・モカッタ・アンド・ゴールドシュミット (Mocatta &Goldsmid Ltd.)
・サミュエル・モンタギュー(Samuel Montagu& Co., Ltd)
・シャープス・ピクスレイ(Sharps Pixley Ltd.)
・ジョンソン・ マッセイ(Johnson Matthey Bankers Ltd.)
現在のメンバー
・スコシア・モカッタ(Scotia-Mocatta)
・バークレイズ・キャピタル(Barclays Capital)
・ドイツ銀行(Deutsche Bank)
・香港上海銀行(HSBC)
・ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale)

LBMAとは

英国ロンドンの金・銀市場参加者による自主規制団体がロンドン地金市場協会(LBMA)です。世界最古の金市場であるロンドン金市場をルーツとする国際的な業界団体で、その役割は「ロンドン金市場」「ロンドン銀市場」で流通する金・銀の規格を制定し管理さらに精錬会社や造幣局の登録・認定を行うなど幅広い役目を持っています。
地金商大手の田中貴金属は、2003年12月にLBMAから、金と銀の公認審査会社に任命されています。

LBMAメンバーの日本企業(2018年6月)

・アサヒホールディングス:フルメンバー
・三菱マテリアル:アソシエイト
・三井物産:アソシエイト
・住友金属鉱山:アソシエイト
・田中貴金属グループ:フルメンバー
LBMAの審査に合格して登録・認定された精錬会社は、「GDバー(Good Delivery Bar)」と呼ぶロンドン金市場での受渡適合品を製造できます。このGDバーの刻印は、市場での信頼性が高く、現物の金投資での信頼性を担保してくれます。
GDバーを製造できるGD精錬会社が生産する金製品は、年間産金量の85~90%を占めるとの話があるほど、大きなシェアを持っています。

ロンドン金価格は指標価格

鉱山会社などは長期契約を行う時の価格にこのロンドン・フィキシングを頻繁に使います。その値決めの方法が公正でフェアだからです。ニューヨークや東京の先物市場がほぼ24時間取引されているため、終値を取るにしても一日の中での高値や安値があることからロンドン金価格の値決めが重宝されるのです。

金先物価格はニューヨーク価格

「金先物」は、「シカゴ・マーカンタイル(CME)取引所」グループ傘下の「ニューヨーク商品取引所(COMEX)」で取引される「NY金先物」が有名で、世界の金先物の指標となっています。

COMEXとは

COMEX(コメックス)は、"Commodity Exchange"の略で、日本語では「ニューヨーク商品取引所」とも呼ばれ、アメリカ合衆国のニューヨークにある、CMEグループのNYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)の一部門をいいます。COMEXの歴史は、1933年に以下の4つの中小取引所が合併して総合商品取引所となり、「Commodity Exchange Inc.」の名称で設立されました。
・ナショナル金属取引所(The National Metal Exchange)
・ニューヨーク・ゴム取引所(The Rubber Exchange of New York)
・ナショナル生糸取引所(The National Raw Silk Exchange)
・ニューヨーク・ハイド取引所(The New York Hide Exchange)
その後、半世紀以上が経った、1994年にニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)と合併し、NYMEXの一部門となりました。そして、21世紀入り、世界的な取引所の再編の流れの中で、2008年にNASDAQに上場するCMEグループがNYMEXを買収したことで、その傘下となりました。

日本と世界の金相場の関係性

日本における金相場は、基本的に海外と連動して値が動くことになります。世界的に金を求める人が増えれば、当然日本における金の価格も高くなるでしょう。
しかし、「必ずそうなる」とも言い切れないのが、日本の金相場の難しさの1つです。
海外ではドルを使って取引されている金を日本円で購入しようとすれば、当然ドル円為替相場の影響を受けるためです。
例えば、1ドル90円の円高の時期に1,000ドル分の金を購入しようとしますと、支払う金額は90,000円となります。
一方で、1ドル120円の円安の時期に1,000ドルの金を購入した場合、支払う金額は120,000円となります。
世界相場が同じでも、為替の状況によっては非常に大きな価格差が生まれてしまうでしょう。
日本における金相場は、世界で起きた金の値動きよりも、ドル円為替相場の影響を受けやすいとも言われています。世界相場だけを見て「金の価格が上がった・下がった」と判断するのは非常に危険です。

金価格の動向

金価格はアメリカを中心にヨーロッパなど世界市場に影響力をもつ国々の政治や経済状況に左右されますが、米ドルや株価が下落した時には安定資産としての力を発揮し、値上がりする傾向があります。金の購入が資産防衛の手段と捉えられてきたことが過去の値動きからも確かにうかがえます。世界情勢の変化に強く、株安や紛争、テロなどが起きると安全資産として金を買う人増えるため、逆に価値が上がる傾向が多いのです。このことは、今年2月末からの金価格上昇からもうかがい知ることができます。

今、金は売り時か?

今回の金相場の高騰は、ウクライナ情勢が強く影響しているため、長くは続かない可能性があります。
高騰している金相場も安定してくるとそれが当たり前になり、情勢が変わって経済リスクが低くなれば、株などに投資先を変更する方も増えてきます。また、金を売却する方が増えれば必然的に金の供給量が増加するので、価格も下がっていきます。こうしたことを考えると、まさにいまが、金を最も高く売却できるチャンスであるいえるかもしれません。

金・貴金属・プラチナに関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目