フリーダイヤル
お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 コラム ブランド品 ヴァシュロンコンスタンタンとは

ヴァシュロンコンスタンタンとは

ヴァシュロンコンスタンタン VACHERON CONSTANTIN

「パテック・フィリップ」、「オーデマ・ピゲ」と共に『世界三大時計ブランド』と言われる「ヴァシュロンコンスタンタン」。1755年の創業以来、260年以上一度も途切れることなく優れた時計を作り続ける、世界最古の時計マニュファクチュールです。厳格な品質基準「ジュネーブシール」をも取得する長年の卓越した技術と、格調高い芸術性が一体となった他を圧倒する超名門ブランド。

 

●時計製造の卓越性に打ち込んできた260年余り決して途切れることのなかった歩み

1755年9月17日、24歳ですでに熟練の時計職人となっていたジャン=マルク・ヴァシュロンが、初めての見習い職人との雇用契約書に署名し、これによって自らが培ってきた技を後世に伝えていくという意思を明確にすることで創業します。従って、この雇用契約書をヴァシュロン・コンスタンタンの出生証明書とみなすことができ、こうして創業以来一度も系譜を絶やさず、また一度も第三者に経営を譲ることなく時を刻んできた世界最古のマニュファクチュールが誕生します。

ジュネーブの伝統を260年間継承し続ける最古の時計メゾン

ジュネーブの時計産業が発展のただ中にあった1755年9月17日、24歳の時計師が見習い職人を雇い入れました。その時計師の名、ジャン=マルク・ヴァシュロン。今に至る260年のヴァシュロン・コンスタンタンの歴史がこの日、始まったのです。同年にジャン=マルクが製作した懐中時計が、残っています。銀製のケースに収めたムーブメントは、脱進機の周囲を美しいアラベスク装飾の彫刻が彩っています。優れた美観は、ヴァシュロン・コンスタンタンにとって、創業時からの伝統なのです。

その優れた技術と美意識は、息子アブラハムと、孫のジャック・バルテルミーが受け継ぎました。またジャック・バルテルミーは、フランスに販路を拓き、次いでイタリアで成功を収めます。そして、このイタリアで、彼は運命的な人と出会いました。別ブランドの時計を売り込むために来ていたフランソワ・コンスタンタンです。そのビジネスセンスに惚れ込んだジャック・バルテルミーは、1819年にフランソワを共同経営者に招き入れたのです。ヴァシュロン・コンスタンタンの名は、この時生まれました。フランソワのビジネス手腕により、販路は北米や南米にまで広がりました。彼の進言で、まだ時計ブランドでは珍しかった宝飾の製作もスタートしています。

こうして国際的なブランドとなったヴァシュロン・コンスタンタンの高い生産力は、1839年に雇い入れた時計師ジョルジュ=オーギュスト・レショーによってもたらされました。彼はムーブメントの地板上にブリッジをセンタリングし、穴を開ける機械パンタグラフをはじめ、いくつもの工作機械を考案。これにより、製造効率とクォリティとが一気に高まりました。

そして1875年、手狭になったそれまでのアトリエに代わる新社屋が、レマン湖に注ぐローヌ川の中州ケ・ド・リルに完成。この建物は当時の姿のまま、現在もブティックと遺産管理室などに使われ、一度も途切れずジュネーブで時計製作を続けるメゾンの歴史を象徴します。

創業260年という途方もなく長い歴史を持つ時計ブランド、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)。1755年9月17日、時計産業に盛り上がりを見せていたスイスのジュネーブにて開かれた小さな時計工房が始まりです。当時24歳だった時計職人のジャン=マルク・ヴァシュロン氏がこの年に制作した懐中時計は、アラベスク装飾を施した美しいムーブメントが搭載され芸術的であったと言われています。美的感覚に優れた芸術的なVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の時計づくりは、260年前のこの時から根付いているのです。

ヴァシュロン氏の技術と意志は、息子のアブラアム氏、さらに孫のジャック・バルテルミー氏へ脈々と受け継がれていきました。繊細かつ大胆なアイデアを持ち、ミニッツリピーターなどの複雑時計制作の才に長けたバルテルミー氏は、現在のVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の礎を築いたとも言われる人物でした。

彼は、スイスからフランスへと順調に販路を開拓し、さらにイタリアへと進出したとき、優れた営業マンのフランソワ・コンスタンタン氏と出会います。その手腕に魅了されたバルテルミー氏は、即座にコンスタンタン氏を共同経営者へと迎え、二人の名から「ヴァシュロン&コンスタンタン」が誕生しました。コンスタンタン氏は、フランスやイタリア、アメリカ、メキシコ、キューバからアジアに至るまで世界各国を行商し、類まれなるビジネスセンスで瞬く間にVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)を国際的なブランドへと成長させました。

メゾンの伝統を受け継ぐ、ブランドシンボル

”マルタクロス”とも呼ばれるVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の十字型ロゴは、1880年に商標登録されました。キリスト教の騎士修道会、聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)が掲げたとされるマークで、4つの扇形紋章を結合させた8つの角が特徴。VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)は、香箱のカバーにつけられていた部品のデザインが似ていたことからマルタ十字のロゴを採用されました。ブランドの誇りを体現するシンボルマークとして、文字盤やリューズ、ラグなどに用いています。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)はこんな人におすすめです

世界三大時計の一つとして挙げられている「VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)」。そのため、初めて時計を買うという方というよりは、ロレックスやカルティエなどある程度の種類の時計をしてきた方が行きつくブランドだと思います。最高峰と言われるパテックフィリップやオーデマピゲのロイヤルオークの人気が非常に高いですが、上記2ブランドを検討している方などに、おすすめすることが多いです。1755年創業以来、最古の歴史を誇る伝統や、他の方と時計が被りたくない、玄人感を出したい方などに好まれる時計ブランドです。

定番から人気モデルまで一挙にご紹介!

●シーンによって使い分けたい「オーバーシーズ」

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)のスポーツモデルであるオーバーシーズ。1996年に誕生した比較的新しいモデルです。このモデルの特徴は、ブランドロゴでもある「マルタ十字」をアレンジしたベゼルやブレスレットが魅力的です。また、薄型のケースのため控えめな印象で上品なモデルです。

当ブランドは様々なモデル展開を行っていますが、その中でもやはり人気があるのは、シンプルで使いやすい3針、デイト機能のものです。もうひとつの人気要素として、アリゲーターストラップとラバーストラップが付属しており、工具を一切必要とせずワンタッチで交換することが可能な優れものです。シーンや用途に合わせてブレスレットを容易に変更できるのも人気の理由の1つとなっています。

 

●デザインが美しい「パトリモニー」

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)が誇るドレスウォッチ「パトリモニー」。パトリモニーは250年以上もの歴史を誇るヴァシュロンの伝統を強く受け継いだ正統派コレクションです。クラシカルでシンプルな見た目から、パトリモニーは古くから存在する伝統的コレクションのように見えますが、初登場は2004年のことで、割と最近のモデルになります。見た目はクラシカルだけど、中身や細部は最先端というギャップが魅力の一つ。よくカラトラバと比較されるモデルでシンプルでデザインの美しさに定評があります。

 

~ケースサイズの違い~

カラトラバは大きくてもケース径38mm。35mm以下のモデルも多いです。対してパトリモニーは40mm前後のモデルが多く、ドレスウォッチとしては大きめのサイズです。腕が太い方や大きいサイズの時計をお探しの方ならパトリモニー。控えめなサイズのドレスウォッチが欲しいならカラトラバを選ぶのがベストです。

 

~シンボルの有無~

パトリモニーの文字盤にあって、カラトラバの文字盤には無いもの。それはVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の象徴であるマルタ十字です。キリスト教の騎士修道会である「マルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)」が掲げていたマークがモチーフとなって生まれたマルタ十字。基本的に時針・分針の上にマルタ十字は配されますが、ラグやリューズなどにも用いられています。

 

●最新機能が詰まったクラシカルな「フィフティーシックス」

2018年に誕生したフィフティーシックス。デザイン的にはパトリモニーとオーヴァーシーズの中間的に位置し、これまでのVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)にはない「お洒落」な印象が特徴です。

フィフティーシックスのデザインは古典的なデザインと革新性を兼ね備えた調和の取れたデザインで、1956年に発表された人気モデル「Ref.6073」がモチーフになっています。この1956年に発表されたモデルのオマージュということから「フィフティーシックス」というネーミングがついたと言われています。最新の機能を搭載しながらもクラシカルなモデルは、つける人を選ばず、気品を添えてくれます。

 

●大人気な復刻モデル「ヒストリーク」

ヒストリークはブランド創設の1755年からの伝統的な時計作りに敬意を表したコレクションです。ヒストリークの中で特に目立つのは「ヒストリーク アメリカン1921」というモデルで、文字盤が傾いた独創的なこのモデルは、1921年にアメリカ人コレクターに為にオーダー品として作られたモデルの復刻版です。傾けられた文字盤は、車の運転時に視認しやすくするためで、使う人を思いやった工夫が施されています。ヒストリークアメリカン1921は、ヒストリークの中でも特に人気が高く、多くの時計ファンに愛されています。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)のアンティークモデル?気になる資産価値と中古相場

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)のように、名の知られているブランドの時計は偽物が出回っていることがほとんど。1番は正規店での購入ですが、やはりお得な中古での購入をご検討される方が多いのも事実です。中古での購入の際は、保証が付き、鑑定機関のあるお店での購入がおすすめです。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の時計は、買取店でも高い買取価格が付く腕時計ですが、当ブランドと共に世界三大時計として名を連ねているパテックフィリップ、オーデマピゲなどに比べると比較的購入はしやすいです。

資産価値としては、値下がりしにくい点では良いとされますが、需要と供給のバランスが崩れ、中古市場でも大きく定価を上回っているROLEX(ロレックス)や上記2つのブランドに比べると、中古市場での販売価格の上がり幅は低いのが現状です。人気のオーバーシーズで定価の30~50万くらい上回る金額となっています。その他のモデルは定価を下回っているものもあるので、資産として増やしていきたいという方には、あまりおすすめではありません。

グランメゾンならではのサービス

タグホイヤー、セイコーなどでは生産が終了したモデルの部品所有期間というのがあり、それを過ぎるとパーツがなくなり次第修理(オーバーホール)が出来なくなってしまいます。ですが、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)では、永久保証があり、腕時計の生産を継続していて会社が存続する限りは永久にメンテナンス、部品交換を保証してくれます。

つまり気に入って購入し、愛着のある大切な腕時計を一生ものとして使い続けることができるんです。さらに、時計は子や孫へ引き継ぐ方も多いアイテムですが、このような永遠保証があるVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)の時計であれば、世代を超えて使い続けることができる。

ヴァシュロン・コンスタンタンの資産価値

ヴァシュロンの資産価値を考える時に、まず「ドレスウォッチ」か「スポーツウォッチ」かで大きく変わってきます。結論から言えば、資産価値として優秀なのは「スポーツウォッチ」ずばり「オーヴァーシーズ」。

現在、腕時計のトレンドとなっているのが「ラグスポ(ラグジュアリー・スポーツ・ウォッチ)」ですが、ドレスウォッチが主力のヴァシュロンにおいても例に漏れず。ロレックスの名機デイトナの値動きを見てもよく分かるように、近年特に各ブランドのラグスポモデルは高騰しています。ヴァシュロン・コンスタンタンについても将来性があり、資産価値として優秀なのがラグスポである「オーヴァーシーズ」なのですね。ここからは弊社買取実績に基づいて、オーヴァーシーズとその他のドレスウォッチではどれくらい換金率が変わってくるかご紹介いたします。

 

●ラグスポ「オーヴァーシーズ」が高い資産価値を持つ

まずは、オーヴァーシーズの買取実績をご紹介します。現在、ヴァシュロンで特に高い資産価値を持ち、将来的にも期待できるのは、下記モデルの「青文字盤」です。

 

① オーヴァーシーズ4500V

② オーヴァーシーズ5500V

③ オーヴァーシーズ7900V

 

① オーヴァーシーズ ref.4500V/110A-B128【換金率:122.3%】

買取価格:¥2,960,000

定価:¥2,420,000

換金率:122.3%

買取日:2021年4月

ヴァシュロン・コンスタンタンを代表するラグスポモデル「オーヴァーシーズ」。買取価格は定価を大きく超える296万円です。2016年に新オーヴァーシーズとして登場したこちらの4500V/110A-B128は、2021年11月現在で買取相場はさらに高騰しており、状態によっては400万円以上でのお買取も可能。エナメルのような深いブルーの文字盤とスタイリッシュなベゼルが一体となった、デザインも秀麗なモデルですね。

 

② オーヴァーシーズにもいくつかの型番がありますが、現在もっとも資産価値が高いのがこの4500Vです。

オーヴァーシーズ デュアルタイムref.7900V/110A-B334【換金率:91.2%】

買取価格:¥2,930,000

定価:¥3,212,000

換金率:91.2%

買取日:2020年12月

こちらは2017年末に発売されたオーヴァーシーズ デュアルタイム。「デュアル」という名前の通り第2時間表示が加わり、より機能的になっています。機能性と価格を見れば4500Vの上位互換と言っても良いでしょう。買取価格も2021年11月時点で上限350万円ほどまで高騰しており、換金率も109%と4500Vに負けず劣らない資産価値の高さ。今後4500Vに追随する形でのさらなる値上がりも期待されるモデルです。

 

③ オーヴァーシーズ デュアルタイムref.47450/B01A-9226【換金率:66.7%】

買取価格:¥1,530,000

定価:¥2,295,000

換金率:66.7%

買取日:2021年2月

こちらはオーヴァーシーズ誕生10周年を記念して2006年に発売されたモデルで、旧オーヴァーシーズとも呼べる一本です。新オーヴァーシーズと比べて66.7%と換金率では劣りますが、それでも他のブランド時計より高い数値。4500Vや7900Vのような高騰は現時点で見られませんが、十分に高い資産価値のあるモデルです。

 

●その他のモデルの資産価値は?

ここからはオーヴァーシーズ以外の資産価値についてお話します。

 

・マルタスケルトン ref.43080/000G【換金率:37.1%】

買取価格:¥2,000,000

定価:¥5,39,000

換金率:37.1%

買取日:2021年3月

2000年に登場した「マルタ」はブランドの中でも人気が高く、価格帯も300~600万円とハイエンドなモデルです。もともとドレスウォッチとしてリリースされたマルタですが、こちらのマルタスケルトンは文字盤側と裏蓋の両方からムーブメントが見える「フルスケルトン仕様」で、スポーティな佇まい。しかしながら換金率は37%と、一般的な高級時計と同クラスで、資産価値としてはオーヴァーシーズには及びません。

ただ、こちらのマルタスケルトンはマルタシリーズの中でもかなり異彩を放つ逸品で、ドレスウォッチとしてのカテゴリでは括れないため、将来的に価値が上がる可能性もございます。オーヴァーシーズを除くヴァシュロンのモデルでは注目すべき1本と言えるかも知れません。

 

・ハーモニークロノグラフ5300S/000R-B055【換金率:46.8%】

買取価格:¥3,000,000

参考定価:¥6,404,200

換金率:46.8%

買取日:2020年12月

ハーモニーはブランド誕生260年を記念して限定生産されたプレミアモデルです。こちらのハーモニークロノグラフ5300S/000R-B055も世界260本限定で発売されており、希少価値の高さは折り紙付き。換金率も46.8%とブランド時計の中でも高い数値です。限定生産のため流通量が少なく価格相場が確立されていませんので、今後価値が見直されることも予想されるシリーズです。

クオリティ、資産価値が高い理由

ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)の品質と資産価値が高い理由は2つあります。

 

① 厳格な基準、「ジュネーブシール」の刻印がされた、モデルがある

「ジュネーブシール」はその時計が「ジュネーブ州で製造された高品質な時計」にのみ保証する最高クオリティの刻印です。各種検査機関の精度測定がある中、ヴァシュロン・コンスタンタンはスイス時計最高のクオリティとされるこの検査にパスしているのです。

起源は19世紀中頃、時計協会はジュネーブ州政府に対して悪質時計業者、模造業者から「ジュネーブ」の呼称表示の保護を呼びかけました。これにより州政府は「ジュネーブシール」という独立した品質マークを1886年に法律により制定したのです。

 

② オーダーメイドの時計製作

ヴァシュロン・コンスタンタンはオーダーメイドの時計製作に力を注いできました。創業以来、高いレベルの熟練した時計師により時計製作を得意としてきた同社は外観の表現、装飾、文字盤の数字の選択など、クライアントからの依頼を可能な限り引き受けます。

そのため多くの著名な歴史上の人物を顧客として抱えていたのです。1860年代には皇帝アレクサンドル2世などの歴史的な人物がメーカーの顧客リストに名を連ねていたのだ。このような、世界に一つしかない腕時計も多くあることがこのブランドの資産価値を高めているのです。

資産価値がわかる人へ売却するために

ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)の時計は買取店でも高い買取価格が付く腕時計です。精度の高いムーブメントを搭載した時計は熟練した職人の手による、美しい外装も特徴です。しかし手作業による物が多く、販売価格が高いこともあって一般的には、よく知られた時計では無い。そのため時計に興味がある人以外にはあまり多く知られていない時計ブランドです。

ブランド品に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目