お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 時計 ロレックス ロレックスの記事一覧 ロレックス「チェリーニ」とは?

ロレックス「チェリーニ」とは?

1860_チェリーニ

ロレックス「チェリーニ」は歴史的にとても古く、誕生は1928年となります。また、名称の由来は16世紀イタリアルネッサンスの彫刻師であるベンベヌト・チェリーニです。非防水の自動巻ではない時計として有名ですが、これは誕生した時期による影響が大きいと言えます。ロレックス「チェリーニ」が誕生した1928年時点では、自動巻「パーペチュアル」と防水ケース「オイスターケース」がまだ登場していないからです。このロレックスの実用機能の登場より前の時期に誕生、そしてその伝統を守っているという考えであれば、チェリーニが「非防水の自動巻ではない時計」であることも正当性があるのです。
ロレックス「チェリーニ」のスタートモデルは、1928年の「チェリーニプリンス」となります。医師への贈り物としての需要に対応する手巻モデルとなり、角型ケース・独立した秒針(スモールセコンド)と、数あるロレックスのモデルの中でも異彩を放つデザインとなります。このモデルは2006年に復活をし、時計業界では一時話題となりました。次項からはチェリーニの種類について述べていきます。

ロレックス「チェリーニ」の種類

前述していたチェリーニプリンスの後のケース形状もラウンド型、オーバル型、トノー型など、様々なケースデザインでチェリーニは製造されます。また、時計機構は手巻き以外にも、クォーツ式も採用します。やはり、自動巻が標準であるロレックスにおいてはロレックス「チェリーニ」は異質ともいえるシリーズです。ここで、チェリーニの主な種類を紹介しておきます。

 

・チェリニウム

・ダナオス

・チェステロ

・チェリーニ&チェリッシマ

・クラシック

 

以上が簡単なロレックス「チェリーニ」となります。そして、現行モデルとしては2014年に誕生した「チェリーニタイム」があり、その派生である「デイト」、「デュアルタイム」、「ムーンフェイズ」の3つがラインナップとなっています。しかし、このチェリーニタイム以降はチェリーニの概念が変わります。なんと、これまでとは異なり「防水性のある自動巻時計」となります。1928年以来の伝統を破り、実用性のある「チェリーニ」になったのです。

ただ、オイスターケースではないことは一貫しており、防水性は「生活防水」レベルに留めています。次項ではロレックス「チェリーニ」の特徴について述べていきます。

ロレックス「チェリーニ」の特徴とは

では、チェリーニの特徴を紹介しましょう。今回は、3つの特徴を挙げます。

 

① 非オイスターケースである

ロレックスの多くは、防水性の高い「オイスターケース」を採用します。なので、多くのロレックスはシルエットがどうしても類似してしまいますが、チェリーニに関しては上記でも説明の通り、オイスターケースを採用しません。そのため、他のロレックスとは明らかに外観の違う時計となります。

また、オイスターケースは裏蓋を閉じるスクリューバック式となっています。この方式は性質上、どうしてもケースの厚みが出てしまうことになる為、その厚みを抑えた時計にすることができません。しかし、チェリーニは噛み合わせで閉じるスナップバック式を採用しているため、他のモデルよりもすっきりとしており、よりスッキリとしたケースデザインをしています。どうしても人と被りやすいロレックスだからこそ、通常とは異なるシルエットのロレックスに価値を感じることができます。

 

② ドレスウォッチである

上位機種のデイデイトなど例外はありますが、多くのロレックスは、基本がステンレス素材のラインナップです。しかし、チェリーニは、基本がゴールド(又はプラチナ)素材となります。これは、チェリーニがドレスウォッチとして製作されているからです。つまり、薄型で上品、そして、クラシカルなデザインが特徴となるのです。フォーマルな場所でロレックスを使うことが多い方なら、まさしくチェリーニが最適です。

 

③ 革ベルト中心のラインナップ

チェリーニは革ベルト中心のラインナップとなっています。一部には金属ブレスレットもありますが、それらはバリエーションという印象です。通常、ロレックスは防水時計なので、水に弱い革ベルトを採用しないことが多いのですが、本当に一握りのモデルだけが革ベルトモデルでとして存在しています。前述の通り、非防水時計のチェリーニであればロレックスとしても違和感なく革ベルトを採用することができます。また、チェリーニはドレスウォッチのため、革ベルトとの相性の良さは言うまでもないです。

最後に

このようにチェリーニとは、「ロレックスらしくないロレックス」です。一般的なロレックスとは違う、独自の進化をしてきたという背景から、ロレックスの定番モデルとは大きく外れます。しかし、チェリーニはそんなロレックスの中で「変わり種の時計」というわけではなく「正統派のドレスウォッチ」です。数あるロレックスの中では隠れがちなモデルではありますが、敢えて選択するこだわりのロレックスとして、おすすめです。是非、「こだわりのロレックスが欲しい」という方は、チェリーニに注目してみてください。

時計に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目のコラム
ブランドのコラム

買取品目

TOPへ