お電話 でのお申込み・ご相談は 0120-15-1234 電話受付:
24時間
メール
24時間OK! メールでお問い合わせ

選べる3つの買取方法

ボタン 店舗買取

ご成約で即現金化!
お得な来店特典もあります!

ボタン 出張買取

ご自宅に査定員がお伺いする、
外出不要の買取サービス!

ボタン 催事買取

各地域の催事会場で行われる、
期間限定の買取イベント!

Instagram Facebook Twitter Youtube
買取大吉 買取品目 時計 ブランド時計のコラム記事一覧 ロレックスを買うなら正規店がおすすめ??

ロレックスを買うなら正規店がおすすめ??

365_ロレックス 正規 店 ローン 会社

ロレックスの購入をお考えであれば、必ずロレックス正規取扱店でスタッフさんからの情報収集をおすすめします。正規店には、ロレックスの時計を選ぶ時に重要な情報があります。もちろん、ご自身で調べると言う方もいらっしゃるとは思いますが、ネット上で入手できる情報と、スタッフさんが持っている情報では鮮度が違う事が多々あるからです。決して安くはないお買い物ですから、末永く信頼できるお店との付き合いも大事な要素です。ロレックスの時計と共に時間を刻み、相棒として付き合っていくに際して、正規取扱店で購入する事は堅実な選択肢であることは間違いありません。高級時計として世界トップと言っても過言ではない知名度を誇るロレックス。日本国内でも、ロレックスの時計は様々なお店で、多種多様なで販売をされています。新品で購入する方。ロレックスの中でも古き良き味を醸し出す、アンティーク。すなわち中古市場まで、選ぶ事を楽しませてくれます。ロレックスの時計は頑丈である点が特徴としてあります。共に時を刻むパートナーとして思いやり、定期的にメンテナンスを行えば、何十年もの付き合いができます。だからこそ、中古やアンティークにも価値が生まれ、世界中で人気があります。これが多くのロレックス取扱店を生み続けている最大の要因となっています。ここではロレックスを取り扱っている様々なお店の中でも、正規店のお店についてお話します。ロレックスの購入をお考え方は、ぜひご一読いただきご一考いただければ幸いです。

まずはロレックスの歴史のおさらい

高級時計ブランドとして世界的な知名度を誇り、誰もが憧れる時計として人気の高いロレックスです。高級腕時計でありながら実用時計と位置づけるロレックスの時計は、スタンダードからスポーツモデルまでオン・オフ問わず身に着けられるラインナップを揃えています。他のブランド時計よりもリセールバリューに優れており、世界中で中古品が多く売買されています。特に、ヴィンテージモデルの価値は高く、世界的に名高いオークションにおいて、パテック・フィリップの時計と並び活発に取引されています。ロレックスの歴史を紐解くと、世界で初めて腕時計でクロノメーターを取得、ロレックス3大発明と呼ばれる「オイスター」・「パーペチュアル」・「デイトジャスト」機構の開発など、腕時計としての実力を兼ね備えており、高級腕時計ブランドとしての地位を確立しています。ロレックスは財団法人のため公式発表の義務はなく、秘密主義として知られています。1950年代以降に発表された時計には少量生産のプロトタイプやイレギュラーなモデルがあり、ロレックスからの正式な見解がないため、謎に包まれたモデルが数多く存在するのもワクワクポイントです。その為、世界中のコレクターがこぞって謎の解明や仮説を立てるなど、ミステリアスな側面もまた魅力の一つです。ロレックスの時計は機械式のため、クォーツのように電池交換の必要はないが、3~4年に一度オーバーホール(分解掃除)が必要です。1905年、懐中時計が主流だった時代に腕時計のニーズを予見していたハンス・ウイルスドルフは、ビジネスパートナーと共にロレックスの礎となる時計専門商社「ウイルスドルフ&デイビス社」をロンドンに設立した。実用的な腕時計を製造するためには、高精度のムーブメントと気密性の高いケースが不可欠であると考えたウイルスドルフは、ビエンヌ(スイス)の時計製造会社「エグラー社」と契約を結び優れたムーブメントの供給元を確保しました。1907年には取引の簡素化を図るため、ラ・ショー・ド・フォン(スイス)に事務所を開設し、翌年の1908年には「ROLEX」という名称を商標登録しました。その後も精度向上に力を注ぎ、1910年、ビエンヌの時計学校(のちのビエンヌ検定局)にて公式精度検定最高レベルのクラスAを獲得し、さらに1914年には、キュー天文台(イギリス)でも精度A級認定を受けるといった腕時計初の快挙を成し遂げました。続いてウイルスドルフは、気密性の高いケースの確保に乗り出した。1926年、オイスター社が開発した金属の塊をくり抜いたケースにねじ込み式のリューズと裏ブタを組み合わせた防水ケースの特許を取得し、この新型ケースには二枚貝に由来する「オイスター」の名が与えられました。これにより腕時計最大の弱点は克服され、それを証明するかのように、翌年(1927年)、ロンドンの速記記者メルセデス・グライツ嬢がドーバー海峡横断に成功した際、彼女の腕にはロレックスの「オイスター」があったのです。そして、グライツの偉業とともに「泳げる腕時計」の存在は世界に衝撃を与えるニュースとなりました。さらに完全な防水性を確保するためには、リューズの締め忘れによる浸水を防ぐ必要があり、その解決方法は、リューズによるゼンマイの巻き上げを必要としない自動巻き上げ機構の開発でした。そして1931年、腕時計として世界初となる全回転方式ローターでの自動巻き上げ機構「パーペチュアル」が開発され、ウイルスドルフが目指した実用腕時計の原形が完成したのです。そして創業40周年を迎える1945年、既に開発済みだったオイスターケースとパーペチュアル機構に加え、文字盤にデイト表示用の小窓を備えた「デイトジャスト」を発表した。このデイト表示機構は「デイトジャスト機構」と呼ばれ、1955年には午前0時で瞬時に日付の切り替えが行えるよう改良される。こうして後に「ロレックス三大発明」と呼ばれる革新的な発明によって、日常生活において重要な機能を備えた実用腕時計の1つの完成形が誕生しました。1950年代になると、時計の機能の枠を超え、過酷な環境下でも最高のパフォーマンスを発揮できるプロフェッショナルモデルの開発を推し進め、1953年には究極のアドベンチャーウォッチ「エクスプローラー」と回転ベゼルを搭載した世界初のダイバーズウォッチ「サブマリーナー」が発表されました。1955年にはパン・アメリカン航空の依頼により国際線パイロットのための「GMTマスター」が開発され、ロレックスの信頼性とステイタス性は、これらのモデルを使用するプロだけではなく、一般のユーザーまで知れ渡っていきました。1960年代には、深海潜水艇「トリエステ号」が潜航深度10,916mという世界記録を樹立した偉業にも同行し、オイスターケースの防水性を改めて実証した。後にこれらの成果をもとにプロダイバーのためのモデル「シードゥエラー」が開発されることになります。また、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(アメリカ)の完成に伴い、レーサーのためのモデル「デイトナ」を発表するなど各分野のプロフェッショナルのための時計開発が行われています。このようなチャレンジ精神は現代まで脈々と受け継がれ、完全自社製クロノグラフムーブメント開発(2000年)、セラクロムやパラクロムといった新素材開発(2005年)、3900m防水を可能にするリングロックシステム開発(2008年)、ロレックス初となるコンプリケーション機構(年次カレンダー)開発(2012年)といった原動力となっています。そして、現在も実用性を追求して進化を続けています。

ロレックスを理解し、ロレックスを本当の意味で知る事ができる

日本国内では日本ロレックス株式会社が、スイスのジュネーブにあるロレックスの本社から輸入された時計を仕入れて販売しているお店を正規店と位置付けています。昔は町の個人商店にも沢山の正規店があった時代をご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。最近では展開する店を絞り、ロレックスを専門に取扱う、いわゆるブティックを増やしていると言えます。ロレックス ブティック 六本木ヒルズなどがまさにそれと言えます。正規店ではロレックスが求めるコンセプトで作られた店内で、ロレックスが主催する講習を受講した、ロレックス直伝の基礎知識、商品知識を会得したスタッフから接客を受ける事ができます。正規店ではロレックスが発信する世界観を感じる事ができ、ロレックスから提供される正しい情報を五感で浴びる事で、「ロレックス」理解する事が可能となります。これは、ロレックスというブランドを分け隔てなく感じ、体験する事で、コアなロレックスファンを増やしたいと言う狙いがあります。その他の正規店としては、全国津々浦々にある百貨店や老舗と言われる時計店がありますが、ロレックスのコンセプトに沿った売り場作りがされており、ブティックに近い雰囲気を感じるお店が大多数となりました。

世界一の検査基準で期待に応え続ける日本ロレックス

ロレックスの総本山でもあるスイスの工場では、厳しい品質管理が行われており、検査に合格したものだけがロレックスの時計として世に出ます。ロレックスの工場で生産させれ、検査される時計の完成度は世界最高峰です。そこから輸入した時計を、日本ロレックスが独自の基準で再検査を行います。その独自の基準は世界一厳しいと言われており、日本の顧客が満足する物だけが正規店に並ぶとされています。徹底された品質管理も正規店ならではのメリットとして挙げられます。10年以上前のロレックスの時計には日本ロレックスの検品を受けた証として、裏蓋部分にシールが貼られていましたが、2000年代後半からこのシールは廃止されています。

ファーストオーナーとして登録される

正規店でロレックスを購入すると、国際保証書請求はがきに記入するように促されます。最近では購入時に販売店で請求はがきを記入したものを、販売店が請求はがきをポストに投函して、登録の漏れがないように徹底されているようです。はがきに記入した名前と住所が日本ロレックスで購入した時計のファーストオーナーとして登録されます。国際保証書にも購入日、購入した店舗の名前、購入者名が印字されて、ファーストオーナーへ送られます。パートナーとなった、ロレックスに対する愛着が生まれ、所有感と満足感に繋がる事間違いなしです。2015年7月から、スーパーレイティブ・クロノメーターを日差±2秒以内という、機械式時計を作る他社には中々真似できない精度を約束する内容を発表し、保証期間を5年間に延長し時計メーカーとしてのプライドを感じさせてくれました。ロレックスと言う名にあぐらをかくことなく、時計としての精度と耐久性を追求し続けたからこそできる事ではないでしょうか。さすがの一言に尽きます。

◆正規店に行く前に知っておきたい点

正規店のメリットをご紹介してきましたが、あえて並行品を購入される方も少なからずいます。モデル別の在庫状況や購入方法の違いなどがあり、正規店で購入するメリット以外のメリットに魅力を感じている方も多いからです。ここからは、正規店で購入する前に知っておきたい相違点をご紹介します。

◆人気のモデルは在庫が少ない

人気が高く、国内に入荷する量が少ない人気モデルになると、正規店にもなかなか入荷しない状況があります。入荷しても店頭に並べず、簡単にはお目にかかれません。そこから、ロレックスの正規店を次々に回る「ロレックスマラソン」と言う言葉が生まれました。動画サイトでもその模様を見る事ができます。スタッフさんに顔を覚えてもらいながら延々と回って買えるまで繰り返すと言うものです。そんな手間や時間を短縮するして人気のロレックスを手にしたい方は、正規の価格より数段高い金額になっても並行輸入品を購入すると言う選択肢があります。その他にも並行輸入品だと日本未入荷のモデルが買えるという点があります。また、販売価格についても海外直営店や国内直営店では「いくら」と定められていますが、並行輸入品に関しては自由度が高いため、取扱店の頑張りによっていくらか割引されている場合もあると言います。例えば、為替の変動で外貨が安いときに買い付け、日本で売ることによって価格に差が生まれるのです。しかしながら、デメリットもあります。並行輸入品は国際保証書の内容が未記入(オープンギャランティ)のまま付いていることもあります。また、付属品が付いていないことも多くあります。業者によっては船や飛行機で製品を輸入する際のコストを下げるため、場所をとる元箱を外して製品のみで仕入れると言われていますのでご注意ください。その他のデメリットとしてロレックスの人気モデルの場合、正規店で入荷待ちとなった場合市場価格の高騰により国内定価よりも高い価格で販売されるこがスタンダードになりつつあります。並行輸入品を購入するにあたり一番気をつけたいのが【販売店の信頼性】です。並行輸入が多く出回り、それを販売する方法も多様化してきました。小さな街のセレクトショップからネットショップまで幅広くあります。そこで重要なのが、販売店が信頼できるかどうかです。特に通販の場合は仕入先が不透明で、コピー商品と呼ばれる偽物を取り扱っている場合があるので注意が必要です。これはショップ自体が偽物業者の場合と、ショップ側が偽物と知らずに仕入れた場合がある、ということです。信頼性のあるショップの場合、万が一手元に届いた製品が偽物だった際は返品を受け付けてくれ謝罪などのしっかりとした対応をしてくれる筈です。対応がしっかりしていないショップや偽物業者の場合は返品を受け付けつけてくれないばかりか、連絡しても無視されたり、最悪所在不明のため問い合わせが出来ないなんてトラブルの事例もあります。実際に手にとって見ることの出来ない通販は、より一層の注意が必要です。こういった不誠実な業者が実際にいるため、並行輸入品=ニセモノといった認識が世間に広まっているのも事実です。

◆正規店に店格がある?
ロレックス愛好家の間で噂されているのが、正規店のランクの存在です。店格が上のお店ほど、レアなモデルが入荷しやすく、店格が低ければ人気のモデルの入荷が少ないと言う噂があるようです。これはロレックスが公表してはいないため、都市伝説レベルではあります。
本当に店毎の店格で在庫の振り分けが行われているのであれば、店格が上のお店に通うほうが狙っているロレックスを手に入れる確率が上がります。買いたいけど在庫が無くて買えていないと言う方は、意識して回ってみると良いかもしれません。

◆ロレックスはローンで買える??

現在はロレックス正規店でローン購入は受け付けていません。一部百貨店指定のローン会社でローンが組める場合もあるようですが、基本は組めない所が多いようです。現在は非常に多くのロレックスマラソンランナーがいらっしゃいます。そして、正規店の店員さんも転売を警戒しているようです。そういったお話はよく聞きます。そういった転売目的の方を弾くためにも即支払いをできる人でないと対応してないっていう感じです。例えば、お金を持ってなくても、正規店でデイトナSSモデルを出した後に時間的な猶予を与えてしまうと、完済する前に、相場の高騰であっと言う間に元値を超えることもあることを考えると、転売による高騰を防ぐ目的が強いと感じます。こうなってしまうと、デイトナやGMTのような明らかに転売として使われるようなモデルは、ある程度どんな人かわかっている人にしか出さないといえます。

【主だったローンを組める会社】
・ジャックス

・SMBC

・日専連

・セディナ

上記がロレックスの正規店で組めるローン会社例です。ローン会社によっても金利は異なり、また金額によっても金利は異なります。以上がロレックスの正規店でローンを組んで購入する際の詳細です。またローン会社についても解説しました。結論としてはお店にとってローンを組むことができるできないが異なり店舗によってローン会社も異なります。自分が利用したい店舗ではローンが組めなくても他の店舗ではローンを組める場合もありますのでローンに関しては店舗で確認してください!

まとめ

ロレックスを購入する店舗を探す時に、正規の販売店を選んだ方が良い理由について紹介してきました。正規店のメリットとしてあげられるのは、スタッフの商品知識が豊富にあることです。わからないことがあっても、しっかりと教えてもらえます。ロレックス流の接客を受けられることも、正規店で商品を購入することのメリットです。正規店ならば、購入した商品に国際保証書を発行してもらえるなどの多くのメリットがあるために、安心して購入することができます。

ロレックスは特に正規店で購入するメリットが大きいブランドです。並行輸入などでも安く売っている場合が少ないですが中には定価よりも安く売っている場合もありますので金額に関しては調べてから購入すると最終的に購入した時の金額と買取金額の差が少なくて済みますので並行輸入や中古での購入も是非合わせて検討してください。

ブランド時計に関連するその他のコラム記事

お役立ちコラム人気記事

タグ一覧

カテゴリー一覧

買取品目

TOPへ