安心の全国チェーン店 お見積もり無料!その場で現金買取!買取価格満足度No.1(実査委託先:楽天リサーチ)

買取専門店大吉

お問い合わせはこちら

トップ画像

カテゴリ

最新記事

検索

以前の記事

ホーム » 買取専門店大吉 川越店 店長ブログ » アーカイブ: 2018年10月

アーカイブ: 2018年10月

万年筆の買取りも大吉川越店へ

2018年10月31日

埼玉県、川越市の皆様

当店ブログをご覧いただきありがとうございます。

川越市にあります、大吉川越店です。

 

本日の買取商品のご紹介は万年筆です。

 

万年筆の買取は川越市の大吉川越店

 

MONTBLANC マイスターシュティック 万年筆

 

モンブランといえば万年筆のパイオニアです。

モンブランを持っている、使っているという方も多いと思います。

使わずしまっている万年筆や

プレゼントされたがメンテナンスが難しく眠っている万年筆の

買取は大吉川越店にお任せ下さい。

 

お気軽に お問い合わせ・ご来店お待ちしています

※査定は無料です。

万年筆の買取りも大吉川越店へ

================================
買取専門店 大吉川越店

TEL 0120-233-042

埼玉県川越市脇田町17-6 あすなろビル1階

営業時間10:00~19:00(年中無休)

大吉川越店は切手も買取を強化しております

2018年10月30日

埼玉県川越市の皆様こんにちは!

川越市脇田町にあります大吉川越店でございます。
川越、ふじみ野の近隣の皆様!
狭山、所沢、鶴ヶ島、坂戸の遠方からご来店の皆様!
その他遠方よりご来店頂いている皆様!
すべてに喜ばれるお店作りをこれからも続けて参ります!

大吉川越店では、バラ切手の買取も行っております。

 

切手バラでも買取ます

 

バラ切手50円、60円、62円、70円

などなど大量です。

 

戦後切手の収集がブームとなり、バブル景気の際は日本の切手に

プレミアがついた時期もございました。

 

ただ残念ながら現在では、日本の景気低迷、切手収集家の減少とともに

切手の相場は下がっております。

記念切手シート、普通切手シートは買取しても、バラ切手になってしまうと

買取しないお店もあるようです。。。

 

大吉川越店では、バラ切手1枚から買取致します!

さらに見返り美人、月に雁などの切手は額面以上で買取可能でございます

のでぜひ大吉川越店にお気軽にお持ちくださいませ!

 

*********************************************************************

買取専門店 大吉 川越店

〒350-1122

埼玉県川越市脇田町17-6 あすなろビル1階

フリーダイヤル0120-233-042

メールアドレス :kawagoe@kaitori-daikichi.jp

営業時間 :10:00~19:00 年中無休

*********************************************************************

大吉川越店はカメラも高額買取いたします

2018年10月29日

川越、大宮、指扇、ふじみ野、上尾にお住まいの皆さま、

連日ご来店頂きまして、誠にありがとうございます。大吉川越店です。

ご自宅にフィルムカメラなどは、眠っておりませんでしょうか?

大吉川越店はカメラも高額買取いたします

 

最近はスマホのカメラ機能の技術の急速な向上などもあり、

スマホで写真撮影するかたが多く、フィルムカメラの出番が

極端に減ってまいりました。

そのまま処分してしまう前に、当店買取専門店大吉川越店まで

どうぞお持ちになってください。無料で査定いたします。

カメラの付属品のレンズ、アクセサリーも大歓迎です。

 

また、当店大吉川越店は、カメラ以外にもダイヤモンド・

貴金属・ブランド品・切手・古銭などなど、いろいろと買取しておりますので、

お気軽にご相談くださいませ!

〒350-1122
川越市脇田町17-6 あすなろビル1階
フリーダイヤル 0120-233-042
※買取りの際には免許証または保険証が必要です。
メールでの問い合わせも可能です!!
kawagoe@kaitori-daikichi.jp

このページの先頭へ

<< 前ページ | 最新ページ |  >>

お見積り無料!満足の高価格買取!その場で現金買取!大吉にお売り下さい!

【買取専門店 大吉は、地域のコミュニティセンターを目指しています。】
大吉はどんな方にも気兼ねなく入っていただける店舗づくりを行っています。
目指すはカフェやその街の地域のコミュニティセンター的な存在になること。
目にまぶしい色や貴金属の派手な装飾は避け、青と白を基調にした落ち着いたデザインは、
はじめてお越しの方にもリラックスして頂けると好評です。