安心の全国チェーン店 お見積もり無料!その場で現金買取!買取価格満足度No.1(実査委託先:楽天リサーチ)

買取専門店大吉

お問い合わせはこちら

トップ画像

カテゴリ

最新記事

検索

以前の記事

ホーム » 買取専門店大吉 岡崎店 店長ブログ » アーカイブ: 2016年11月

アーカイブ: 2016年11月

1万円金貨のお買い取りは大吉岡崎店へ!

2016年11月26日

岡崎市・安城市・豊田市・幸田町など西三河にお住まいの皆様!

 

こんにちは、 大吉 岡崎店です。

当店のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

 

今回ご紹介するお買い取り商品はこちらです。

 

P10304830

2002年 FIFA ワールドカップ

1万円金貨幣 & 千円銀貨幣プルーフ貨幣セット

あまり見かけない、2002年のFIFAワールドカップ貨幣セットをお買い取りさせて頂きました。

 

 

1万円金貨が実は、今現在の金相場で換算すると1万円以上になる品物かも♪

持っている方はとてもおいしいのが、1万円金貨なんです!

皆様のご自宅に、どなたかが購入していた1万円金貨はありませんか?

それはお宝!!是非、大吉岡崎店へお持ち下さい^^

 

【大吉 岡崎店】

〒444-0858

愛知県岡崎市上六名1-1-6

フリーダイヤル:0120-111-673

TEL:0564-64-4022

FAX:0564-54-3660

MAIL::okazaki@kaitori-daikichi.jp

出張買い取り // 簡単メール査定 も行っております!

お気軽にお問い合わせ下さいませ☆

 

《《 1万円金貨のお買い取りは大吉岡崎店へ!  》》

色石のお買い取りは大吉岡崎店へ!

2016年11月25日

 

岡崎市・安城市・豊田市・幸田町など西三河にお住まいの皆様!

 

こんにちは、 大吉 岡崎店です。

当店のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

 

今回ご紹介するお買い取り商品はこちらです。

 

 

P10602130

パール・アメジスト・ダイヤモンド・キャッツアイ・サファイア・ルビー・エメラルドなどなど

沢山の色石(宝石)の付いたリングをお買い取りさせていただきました♪

 

 

色石に関しては買った宝石店さんのよって「鑑別書」と言う、

その色石に対して、証明書のようなものが付いてきます。

その鑑別書があるとその色石に対しての評価も変わってきたりするので、

なくさずに保管しておいて下さい。

色石アクセサリーのお買い取りは大吉 岡崎店へ!!

 

【大吉 岡崎店】

〒444-0858

愛知県岡崎市上六名1-1-6

フリーダイヤル:0120-111-673

TEL:0564-64-4022

FAX:0564-54-3660

MAIL::okazaki@kaitori-daikichi.jp

出張買い取り // 簡単メール査定 も行っております!

お気軽にお問い合わせ下さいませ☆

《《 色石のお買い取りは大吉岡崎店へ!  》》

ダイヤモンドのお買い取りは大吉岡崎店へ!

2016年11月24日

 

岡崎市・安城市・豊田市・幸田町など西三河にお住まいの皆様!

 

こんにちは、 大吉 岡崎店です。

当店のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

 

今回ご紹介するお買い取り商品はこちらです。

 

P10602100

 

Pt900 ダイヤモンドリング

こちらのダイヤモンド、結構珍しいのですが、「エメラルドカット」が施されているダイヤモンドです。

 

ダイヤモンドといえば、一般的にブリリアントカットが主流なんですが、

こちらのように、珍しいカットのダイヤモンドもあるんですね~♪

ブリリアントカットではないダイヤモンドの査定も、大吉岡崎店にお任せ下さい!

確かな目で高額査定させていただきます。

 

 

p1310805

【大吉 岡崎店】

〒444-0858

愛知県岡崎市上六名1-1-6

フリーダイヤル:0120-111-673

TEL:0564-64-4022

FAX:0564-54-3660

MAIL::okazaki@kaitori-daikichi.jp

 

出張買い取り // 簡単メール査定 も行っております!

お気軽にお問い合わせ下さいませ☆

《《 ダイヤのお買い取りは大吉岡崎店へ!  》》

このページの先頭へ

お見積り無料!満足の高価格買取!その場で現金買取!大吉にお売り下さい!

【買取専門店 大吉は、地域のコミュニティセンターを目指しています。】
大吉はどんな方にも気兼ねなく入っていただける店舗づくりを行っています。
目指すはカフェやその街の地域のコミュニティセンター的な存在になること。
目にまぶしい色や貴金属の派手な装飾は避け、青と白を基調にした落ち着いたデザインは、
はじめてお越しの方にもリラックスして頂けると好評です。