安心の全国チェーン店 お見積もり無料!その場で現金買取!買取価格満足度No.1(実査委託先:楽天リサーチ)

買取専門店大吉

お問い合わせはこちら

トップ画像

カテゴリ

最新記事

検索

以前の記事

ホーム » 買取専門店大吉 野々下店 店長ブログ » カテゴリ: 切手

カテゴリ: 切手

流山市野々下の大吉が切手をお買取りいたしました。

2020年07月31日

流山、柏、野々下の皆様、こんにちは。

買取専門店大吉野々下店は柏駅の隣、豊四季駅が最寄り駅で、

エリアとしては柏と流山の間にあります。

今日も元気にマルエツ野々下店さんの店内で営業中でございます。

さてさっそく本題ですが、最近切手をお使いになられたことありますか?

家に切手はあるけど使わないとか、昔集めていた切手があるという方、

結構いらっしゃるようです。

流山,切手,買取

そこで当店大吉野々下店の出番でございます。

流山の大吉野々下店は切手1枚からお買取りしておりますよ。

ぜひお持ちになってください。

ご来店を心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買取専門店大吉 野々下店

電話でのお問い合わせは下記のフリーダイヤルをご利用ください。

0120-285-837

千葉県流山市野々下6-1038-5マルエツ野々下店内
営業時間:10:00~19:00 年中無休(臨時休業あり)

大吉野々下店 店舗マップ

※ご来店の際は身分証明書(免許証・保険証等)をお持ち下さい。

切手をお買取りいたしました。流山の大吉野々下店です。

2020年07月21日

流山、柏、野々下の皆様、こんにちは。

買取専門店大吉野々下店は柏駅の隣、豊四季駅が最寄り駅、柏と流山の間にあり、

今日も元気にマルエツ野々下店さんの店内で営業中でございます。

さて、今回紹介いたしますのはこちらです。

切手,買取,流山(4)

だいぶ前に空前の切手ブームがあり、

その当時、郵便局に並んで切手を買い求める人がいたほどだったそうです。

そのようなこともあり、現在でも切手をたくさんお持ちの方が

意外と多く、当店にも連日切手のお持ち込みをいただいております。

せっかく集めたので、売るよりは使い切ってしまおうとされる方も

いらっしゃるのですが、使い切れず、結局当店に

お持ち込みいただくケースも非常に多いです。

まだ切手をお持ちの方は、この機会に大吉に

お越しいただけないでしょうか?

切手一枚からお買取りしております。

切手だけではなく、ハガキもお買取りしております。

ご来店を心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買取専門店大吉 野々下店

電話でのお問い合わせは下記のフリーダイヤルをご利用ください。

0120-285-837

千葉県流山市野々下6-1038-5マルエツ野々下店内
営業時間:10:00~19:00 年中無休(臨時休業あり)

大吉野々下店 店舗マップ

※ご来店の際は身分証明書(免許証・保険証等)をお持ち下さい。

 

切手、お買取りいたします。大吉野々下店(流山市)です。

2020年07月11日

柏市、流山市にお住まいのみなさま、
さらには豊四季駅・柏駅・南柏駅・新柏駅・
・北小金駅・流山おおたかの森駅・初石駅・

柏の葉キャンパス駅をご利用のみなさま、
いつもご来店ありがとうございます。

買取専門店大吉野々下店です。

切手,買取,流山(3)

記念切手を集められていた方ってたくさんいますよね。

空前の切手ブームの頃には、徹夜で並んで買った、という方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

時は流れ、切手のコレクターの方が年々減少傾向にあり、

それに伴いプレミア切手の価値も下降気味というのが現状です。

昔切手を集めていたけど、今は集めていない、
さらには郵便もあまり使わないという方、

どうぞ大吉野々下店にお越しください。

1枚からでもお買取りいたします。

ご来店を心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買取専門店大吉 野々下店

電話でのお問い合わせは下記のフリーダイヤルをご利用ください。

0120-285-837

千葉県流山市野々下6-1038-5マルエツ野々下店内
営業時間:10:00~19:00 年中無休(臨時休業あり)

このページの先頭へ

<< 前ページ | 最新ページ |  >>

お見積り無料!満足の高価格買取!その場で現金買取!大吉にお売り下さい!

【買取専門店 大吉は、地域のコミュニティセンターを目指しています。】
大吉はどんな方にも気兼ねなく入っていただける店舗づくりを行っています。
目指すはカフェやその街の地域のコミュニティセンター的な存在になること。
目にまぶしい色や貴金属の派手な装飾は避け、青と白を基調にした落ち着いたデザインは、
はじめてお越しの方にもリラックスして頂けると好評です。