安心の全国チェーン店 お見積もり無料!その場で現金買取!買取価格満足度No.1(実査委託先:楽天リサーチ)

買取専門店大吉

お問い合わせはこちら

トップ画像

カテゴリ

最新記事

検索

以前の記事

ホーム » 買取専門店大吉 仙台黒松店 店長ブログ » お買取り致しました!! ★ 買取専門店大吉 仙台黒松店

買取専門店 大吉 仙台黒松店 店長ブログ

>> 店舗ブログ一覧へ戻る

お買取り致しました!! ★ 買取専門店大吉 仙台黒松店

2019年09月13日

皆さま、いつもお世話になっております。

仙台市青葉区の買取専門店 大吉 仙台黒松店です。

当店のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

 

買取専門店大吉

日本マーケティングリサーチ機構

「買取価格満足度 第1位」獲得🏆✧✧

Logo_No1 2019年版

おかげさまで、買取専門店 大吉グループは

「2019年6月度期

ブランド名のイメージ調査

(日本マーケティングリサーチ機構調べ)」

にて≪買取価格満足度 第1位≫を獲得致しました

\(^o^)/🏆✧✧

これもひとえに、

みなさまのご愛顧があればこそと思っております。

これからも地域のみなさまに

愛されるよう努力して参りますので、

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

お買取り致しました!

 

お買取り致しました!! ★ 買取専門店大吉 仙台黒松店

 

〔中国切手 革13 革命的現代バレエ 4種完〕

 

 

本日も中国切手のご紹介です!

 

『1973年 革命的現代バレエ 革13』は、

 

前回UPした1974年 曲芸よりも

 

IMG_5437

〔1974年 曲芸〕

 

 

価値があるとされております!

 

深いですね!!

 

他にも、

 

1963年 オオパンダ(無目打)や、

 

1973年 オオパンダ2次..

 

別格なのは!!

 

1980年 年賀子ザル(赤猿)

 

1967 毛主席の長寿をたたえる

 

そして!!!

 

1960年代に発行された「毛主席の長寿を祝う」

 

「毛主席の最新指示」・「毛主席像」

 

「毛主席の長寿をたたえる」・「革命的な現代京劇」など

 

種類は豊富に発行されておりました。

 

毛沢東が行った文化大革命下での発行で、

 

当時、切手収集は禁止されているのと同様の状態にあり、

 

1967年10月から国外へ輸出も禁止された背景があり、

 

この時期の切手を収集するには、旅行者がおみやげとして

 

持ち帰る少数の切手しかない為、非常に稀少性があり、

 

状態の良し悪しに関わらず、種類によっては

 

高額でお取引されておりますので

 

毛沢東に関しましては、かなり貴重な切手といえますね!!

 

ですので、掃除をしていて、訳が分からない物だし

 

捨てちゃおうと思う前に査定をしてみませんか!?

 

もしかすると、素敵な物に変わる変わるかもしれませんよ!

 

捨てる前には、買取専門店大吉 仙台黒松店まで

 

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グーグルマップで探そう(*^^*)

仙台市青葉区の買取専門店 大吉 仙台黒松店はココ!✧

 グーグルマップで買取専門店 大吉 仙台黒松店の地図を見る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

小祈願茶

↑9月の先着プレゼントは、京都の美味しいお茶、

美しいデザインの≪小祈願茶≫です✧

4,000円以上ご成約(金券を除く)のお客様へ、

先着でプレゼント致します✧

(2種類ございます。どちらかお選びいただけます(*'ω'*))

 

 

☆エキテンもチェック!☆

クチコミ情報やクーポン付きなら「エキテン」へ♪
大吉仙台黒松店エキテン

 

================================

買取専門店大吉 仙台黒松店(北根交差点近く)

住所 : 宮城県仙台市青葉区双葉ヶ丘1-1-5ウイング2000-1階

地図はコチラ(外部リンク)

営業時間:10:0019:00

フリーダイヤル :0120-343-763
TEL : 
022-343-7663

FAX : 022-272-0911
Mail : kuromatsu@kaitori-daikichi.jp

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

お見積り無料!満足の高価格買取!その場で現金買取!大吉にお売り下さい!

【買取専門店 大吉は、地域のコミュニティセンターを目指しています。】
大吉はどんな方にも気兼ねなく入っていただける店舗づくりを行っています。
目指すはカフェやその街の地域のコミュニティセンター的な存在になること。
目にまぶしい色や貴金属の派手な装飾は避け、青と白を基調にした落ち着いたデザインは、
はじめてお越しの方にもリラックスして頂けると好評です。